「逆切れ」文大統領NHKですら「日本側に責任を転嫁」と報道

6/27 Jcastニュース

2019年6月28日に大阪で開幕する主要20か国・地域(G20)首脳会議では、韓国大法院(最高裁)が日本企業に対して元徴用工らへの賠償を命じる判決を下した問題が尾を引き、日韓首脳会談は見送られる見通しだ。


中略


韓国政府による提案は「現実的」だとした上で、「私はいつでも対話の扉を開いている」として、首脳会談が実現しない原因は日本側にあるとの主張を展開した。両国の主張はすれ違いが続いており、普段は抑制的な報道が多いNHKですら、「日本側に責任を転嫁」していると指摘するほど、日本側のいら立ちは高まっている。



 これは、日本に飲めない案をわざと出して、日本は、我々の案を無視したと嘆いて、韓国民に、私は日韓修復に努めているとポーズをとった話だ。


 そろそろ、韓国民も、日韓関係がやばいと思いだした。普通に考えて、あれだけ兼日をやって、日本に嫌われないわけがない。今のところ日本政府は遺憾砲を撃っているだけだが、韓国日系企業は、不買運動をされているわけではないのに、日本での売り上げが落ちていると嘆いている。

 これは、主婦が、韓国に悪いイメージを持ったからだ。

 元々、メイドイン韓国は、質が悪いのに高い。

 韓国に対して、社会的制裁が始まった証拠。


 ただ、笑えるのは、文大統領と我々の意見が、日韓断行で一致していることだ。日本政府が、いくら我慢しようが関係ない。一番の日本の敵が、360度回って、我々と同じ意見なのだから。

 韓国は、日本離れしないと一人立ちできない。断行するのは、日韓関係にとって、通らねばならない節目だと双方の意見が一致したと言う事だろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます