竹田恒泰氏「韓国国会議長、鳩山に謝っても何の意味もない」

竹田恒泰氏Twitter全文

鳩山に謝っても何の意味もない。しかも内容を見ると「心を痛めた方」に謝ったのであって、肝心な「上皇陛下」には謝っていない。いや、心痛めたなら誤解だという意味で、結局は弁解しただけで、謝罪などしていない。


 最近、東スポが良く、竹田恒泰氏のTwitterを勝手に使って記事にしているので、また、来たかと思って記事を見てみるとスポーツ報知だった。やるなあ、報知。自分も便乗。竹田さんのつぶやきを使いたい放題で、すいません。記事をそのまま使っているから、竹田さんも怒っていないよう。DHCニュースで、東スポの写真がひどいので、言ってくれたら写真をあげるのにと言っていた。報知の写真も大概。一回取材すりゃいいのに。


 今回のヒサンと鳩の会話は、竹田さんの言う通り謝っていない。ネットニュース解説にある記事「韓国は日本に謝ったことがない」を読んでもらいたい。ムン・ヒサンは、今回も見事に謝っていない。なんせ、韓国は、戦後、一度たりとも、我々に謝っていないのだ。今回の様な、ニアミスの言い方をしてきたのは、アメリカの態度が、韓国に対して、はっきりしてきたからだ。中国にしても韓国にしても、困ったときの日本頼み。


アメリカは、

1、在韓米軍をソウルから退いた

2、アメリカ軍は、台湾を国家と表記

3、統帥権を韓国に返す=撤退を意味している

 つまり、同盟破棄の可能性が出て来た。韓国は、アメリカの威を借りる狐。それで日本を脅していたが、それが取た時、日本は、韓国に何かをする義理がなくなる。当然北朝鮮にも、何かする必要は、無くなるのである。


 韓国は最近、日本にすり寄ってきている。本当に気持ち悪い国だ。

 北朝鮮にしてもそうだ。あそこは、勘違いをしている。このままずるずる行けば、拉致被害者の方々だって寿命が来る。その時北朝鮮は、日本との交渉カードを無くす。それに、今の状態だから、巨額の経済援助の交渉ができるのだ。その状態の一つが、今の日韓関係。日本が南に、あれだけ払ったのだから同じ朝鮮の北にも経済援助をと言う話。それを韓国が、ぶち壊そうとしてくれている。いい味方を持ったものだ。

 今の状態が続くと、経済援助をしてもらうどころか、賠償請求になりかねない。日本が、このままな訳もない。自衛隊が日本軍になったら、怖いぞ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます