北朝鮮に名指しで抗議された日本第一党

 日本第一党の当主、桜井誠氏は、今みんなが思っている韓国のことを10年以上前から訴えている人。ちょっと前までは、政治に興味が無いと言っていたが、2016年8月29日に日本第一党を発足した。


 ここの人達は、街頭宣伝を得意としている。その街宣の動画をYouTubeにアップするので、ちょっとけたたましいが、どんなことをしているか生で見れる。逆に在日の活動家たちの反発の様子も映っているのでシバキ隊の様子も見れる。最近は、共産党もよくたたいている。


 桜井氏の話の中で、今の政党には、右翼がいない。だから、それを欲する声が出てくるのは当たり前というのがある。なるほど、そうだなと思う。それにしても、活動の言動が、活動家だけに行儀悪い。いい事を言っていても、韓国に怒っていない人は、目を細めるのではないかと思うのだが、最近になって状況が変わった。みんな、韓国に怒っている。自民党は、遺憾砲ばかり。もし、国政選挙まで、ずっと遺憾砲ばかりだと、本当に日本第一党に、強い追い風が吹く。だから、北朝鮮が変なことを言ったのだろう。せっかく、みんな知らなかったのにバカだな。



 現在、右派政党がいない


 自民党というのは中道だが、大半の議員がグローバリストだ。そうじゃないと、実際は、経済が下降局面に入っていたにもかかわらず厚生労働省に統計不正をさせて、景気がいいから、だから人手不足だから移民を受け入れるという移民法なんてものを国会で通すわけがない。グローバリストとは、そもそも左寄り。つまり現在国会に、右派政党と呼べる政治団体はない。だいたい在日特権をつけたのは自民党。米におもねって米にずぶずぶな政党である。

 自民党の中にも、ナショナリストはいる。しかし党則で、党が決めた方針には逆らえない。党の方針が間違っていても、間違っていると遠吠するだけである。

 その上、野党は、極左集団ばかり。バランスが悪すぎる。個人的に良さそうな人がいても、それは、やはり野党の人。大きな声にはならない。 


 世界の流れは右派。ヨーロッパでは、次々と右派政党が誕生している。


 イタリアのポピュリズム政党「五つ星運動」が最大政党に

 ドイツの第3党には、右派勢力AfD

 チェコの極右政党リーダーは、日系人「トミオ・オカムラ」この人、韓人も1/4入ってる


 日本だと日本第一党がそうなのだが、まだ頭角を現していない。それに、元気が良過ぎて、特に党首の口が元気良過ぎて、気持ちよーく一票という所までは来ていない。でも、「やるしかないか」の1票はある。彼らには、ぜひ、政界に出て来てほしいと思う。いや、比例代表で言ったら出てこれるか。北は、マスメディアのことが分かっていないね。悪評も宣伝の内。それを掲載したYahooニュースも日本第一党を宣伝したと言う事だ。


 桜井氏、元気だからなー。足立康史議員よりストレートに、国会で、物申すんだろうな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます