ケージではなく、ミトンでもなく

作者 紺藤 香純

バランスを失った二人がたどり着いた答えに感動しました!!

  • ★★★ Excellent!!!

作者さまの作品を読むのは初めてです。コンテスト参加作品ということで、完結されるのを待って読みました。

こちらの作品には、二つの大きな特徴があります。一つは、一貫して不安定であること。もう一つは、周囲の環境が穏やかであることです。

男性恐怖症の女性と、女性をペットとしてしか愛せない男性が、職場で出会ったことで徐々に仲を深めるストーリーですが、このストーリーに先の二つが深く絡んできます。

周囲の暖かい環境のおかげで穏やかな気持ちで読み進められる反面、二人の抱える問題が厄介過ぎて、安定した安心感を得ることができません。その為、常に読んでいる間は不安定な感覚に包まれ、ハラハラした気持ちで二人の行く末を見守ることになります。

この不安定こそが、作者さまの恋愛に対する問いかけではないかと思いました。甘い場面もあるのに、一貫して不安定なままという状態こそが、作者さまの恋愛に対する一つの答えなのかなと思いました。

ただ、ラストは違います。それら不安定な設定は全て伏線であり、ラストに向けてこれまで積み上げたものが一気に爆発します。その過程は、見事の一言しかないと思いました。

最後は「よく頑張ったね」と言葉を送りたくなるこちらの作品。設定が誤解されやすい感がありますが、それもまた、作品のラストに繋がる一つの要素として受け入れてもらえたらと思います。

男性恐怖症の女の子が、一人の男性を「愛してしまった」がゆえの苦悩と葛藤。最後の答えがどうなるか、ぜひ皆さまも見届けてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

小森日和さんの他のおすすめレビュー 145