ケージではなく、ミトンでもなく

作者 紺藤 香純

純粋でひたむきな思いは、心の枷を外せるか。

  • ★★★ Excellent!!!

ペットとしてしか異性を愛せないという彼。
セクハラの対象になりやすく、男性恐怖症の彼女。

そんな二人が惹かれ合うことて、固く囚われた心の枷を外していくピュアな恋愛物語です。

傍からは単なる思い込みに過ぎないように見えたり、素直に感情を出せないことをもどかしく感じたりするかもしれません。
けれども、心の深い場所に打ち込まれた楔はそう簡単に抜けるものではなく、当人たちにとってはその枷を外そうとすること自体が苦しいことなのでしょう。

それでも。

愛する気持ち。寄り添いたい気持ち。求める気持ちは抑えられない。

そんなひたむきな気持ちを応援したくなる、しっとりと温かな物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

侘助ヒマリさんの他のおすすめレビュー 550