非金剛石的覇者

僕の弱さを、かけがえのないものだと、

君はきっと嘯いたんだ。


欠片になっていった僕らの歌は、

壊せないだろう? 壊せないだろう?


僕の弱さは、決して壊れないんだ。

何よりも脆くて、壊れることのない水晶。


これほど水晶を醜いと思ったことなんて、

きっと無いよ、無いだろう? 泣いたろう。


君もきっと胸に手を当てているだろう。

いっそのこと殺してしまいたい。


君にもあるよ、君が僕を嘲る所以の、

想像力の、弱い水晶の支配が。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

憑依体質 月緒 桜樹 @Luna-cauda-0318

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ