天使

痛まないよ、ただ、溺れるだけ。何も感じないから、僕は無音の詩を書いている、君もこれを読むのは無音だ、声に出した無音だ、絶望さえ息絶える僕らの存在は幸

        福

         論の使者。

全てを忘れ去って、君はそっと指を噛み千切る、凍えない、暖かな春、還っていく。輪環のコードネーム、白は似合わないくせに。早く前髪を染めてしまえ、辺りの蔦がきっと笑わせてくれるよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます