月が追いかけてくるように

作者 いっさん小牧

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全34話

更新

  1. プロローグ
  2. プロローグ:滑川中学二年三組 投句
  3. 第一章――秋高し――
  4. 第一章①(秋の蠅 縫うバラードは 初音ミク)
  5. 第一章②(相手は中坊だっていうのに)
  6. 第一章③(お前だけの時間を生きているんだな)
  7. 第一章④(こんなに間が持たないものだっけ?)
  8. 第一章⑤(今の、歌にそっくりだったよ)
  9. 第一章⑥(好きな子を教室に連れてこい)
  10. 第一章⑦(行く)
  11. 第一章⑧(誰も笑っていなかった)
  12. 第一章⑨(あなたと黎ちゃんで参加してみない?)
  13. 第一章Final(黎、ごめん)
  14. 第二章――釣瓶落とし――
  15. 第二章①(俳句の前では、皆が平等なのよ)
  16. 第二章②(私は、三十代ですからね!)
  17. 第二章③(瑠沙のおっぱいは、とても大きい)
  18. 第二章④(いい香りがしたから……詠んだんだよ)
  19. 第二章⑤(なんで、わたし。泣くの……)
  20. 第二章⑥(いい名前をもらったな)
  21. 第二章Final(笑顔は、伝染していた)
  22. 第?章――星の国――
  23. 第?章①(俺のひとりごとがジャックされた!)
  24. 第?章②(プライドがかかっているわけだな)
  25. 第?章Final(耳元で、深海の音が鳴った)
  26. 第三章――小春――
  27. 第三章①(策士ですね)
  28. 第三章②(似てないようで、似てますね)
  29. 第三章③(余計なこと、言わなくていいのに)
  30. 第三章④(なあなあではないのです。ぬるま湯でもないのです。)
  31. 第三章⑤(JCマジかわいいじゃん!)
  32. 第三章Final(ほんとにたくさんの句が集まったんだ)
  33. 最終章――石蕗の花――
  34. 最終章①(『お嫁さんになりたい』)
  35. 最終章②(死刑宣告をするように)
  36. 最終章③(……これって、まずくないですか)
  37. 最終章④(俺たちの未来は借りものなんかじゃない)
  38. 最終章⑤(あなたを、消さなくてもいいのです)
  39. 最終章Final(ゆっくりね ここは秋桜一番街)
  40. エピローグ
  41. エピローグ:月が追いかけてくるように