かぐわしい火

作者 鎖えいし

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 先生、へのコメント

    音読企画で読みました。
    八朔からにおいたつ郷里の香り、火事で充満する果樹の芳香、焼ける人肉の臭気。
    作品を通して『におい』の描写がちりばめられていて、洗練された構成力をひしひしと感じました。
    擬古文調が取り入れてあるので、音読として結構楽しかったです。


    作者からの返信

    コメント有難うございます。

    自分でも音に出したときの感じはいつも考えて書きますが、ひとに読まれたときはどうだろうという疑問から企画に参加させて頂きました。
    多少でも楽しんで頂けたのなら本望です。有難うございます。

    2019年9月2日 00:35

  • 先生、へのコメント

    ほの暗いストーリーと香りの描写が素晴らしいです!
    ラストの虚無感もまた良かったです。

    作者からの返信

    コメント有難うございます。

    ほの暗いのが過ぎてKACでは見向きもされませんでしたが、気に入って頂けて嬉しいです。

    2019年7月9日 21:10

  • 先生、へのコメント

    擬古文調の文章で畳みかける感じに最後まで一気に読み進めました。

    胸がざわざわします。

    作者からの返信

    コメント有難うございます。

    落ち着かない気分になって頂けたなら本望です。

    2019年3月23日 20:57