紙とペンと〇〇(そのまんまの意味で)

作者 福沢 紅果