紙とペンと妖怪

作者 居間正三

押し入れに潜む者の正体とは?

  • ★★★ Excellent!!!

毎晩のように少し開いている押し入れの戸。
そこには間違いなく何かが潜んでいる!
とっても怖いけど「ぼく」は勇気をもって幽霊さんにコンタクトをとる事を決めた。

不気味な始まりから、心温まる展開。
それだけで終わらず起承転結をハッキリさせ最初から最後までグイグイ引き込まれる物語が完成しています。

紙とペンと○○、そんなお題に従って即興で書かれたカクヨム三周年記念祭の参加作品。そのはずですが、とてもそうとは思えぬレベルの完成度です。
妖怪好きには是非おススメしたい名作。これは星三つ以上ですね!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一矢射的さんの他のおすすめレビュー 352