紙とペンと猫 ~谷君がカクヨムで私の作品を読んでるだなんて思わなかった~

作者 橘ゆえ

キュン死に警報発令中!

  • ★★★ Excellent!!!

ある日カクヨム作家をやっているの女の子
香里ちゃんは、学校でも有名な王子様系男子谷君に声をかけられます。

イケメンヒーローと地味系女子と言う、スタンダードなシチュエーション。なのに、なのにどうしてこんなにもキュンキュンするのでしょう。谷君の行動や仕草の一つ一つがカッコよくて、それを見た香里ちゃんの反応が可愛い。本当はいくつか例を上げたいのですが、ここで余計な事を語ると、読んだときの感動が薄れるのでやめておきます。ですがこれだけは言っておきます。
カッコいいと可愛い。この王道二つを突き詰めると、こんなにも心揺さぶられるのだと。
最高にキュンとさせられる、とっても素敵なお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

無月兄さんの他のおすすめレビュー 860