紙とペンと猫 ~谷君がカクヨムで私の作品を読んでるだなんて思わなかった~

作者 橘ゆえ

胸キュンが足りないというあなた、この作品をどうぞ!

  • ★★★ Excellent!!!

放課後の教室で、ノートに恋愛小説を書いている香里ちゃん。しかしその様子を学校の王子様、谷君に見られてしまうのです!

どうしてココに⁉笑った顔が可愛い!書いているところを見られた、恥ずかしい!

恰好良い男の子に見つかってしまい、パニックになる香里ちゃん。憧れの男の子と突然遭遇してしまったのですから、無理もないですよね。だけど、その慌てる姿がとても可愛いのです。
それに谷君、学校の王子様の異名は伊達ではありません。香里ちゃんの心をくすぐるしぐさや行動で、彼女の心臓を狙い撃ちます!
読んでいる間、いったい何回キュンキュンさせられたでしょう?途中読む手を止めて、深呼吸して落ち着かないと、こっちまで心臓を撃ち抜かれるところでした。

最近胸キュン成分が不足しているという方、このお話を処方します!胸キュン不足を解消してください!
ちなみに胸キュンを過剰摂取してしまっても、一切責任は持ちません!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

無月弟さんの他のおすすめレビュー 1,158