紙とペンと猫 ~谷君がカクヨムで私の作品を読んでるだなんて思わなかった~

作者 橘ゆえ