第5話 保険会社総合職 伊勢美保

女勇者 伊勢美保

ステイタス

 鬱 80

 妄想 60

 散漫 -30

 記憶 -80

 狂 -20

戦績 触手型モンスターに敗退


 なあにぃ?こんなところ連れてきて。

 勇者?知ぃらない、そんなものぉ。

 だいたい、なんなの?この世界。異世界ってゆうの?知んないけどさあ、オタクが妄想しちゃうやつでしょう?気持ち悪い。別にこんなとこきたくなかったんだけどぉ。

 ええぇ、いいでしょう別に。望みはないかってあいつらが聞いたんだから。

 ううぅん?そんなの覚えてない。はじめに連れてこられた男の子たち?まあ、好みだったかもね。でもね、そうだった、思い出してきた。あれだ、つまんないんだぁ。ゆうこときくだけでさ。お前ら人間バイブかって。うんうん。

 そんで、オタクが好きってやつ、BLやれって言って。あはははは。泣いてた。

 かわいい男の子が男に犯されて、その男もいい男なんだけど、しっぶーい顔してたよね。男の子が犯されて泣いてるのってすごくいいものだね。BLに目覚めたかも、あのとき。それ見てオナニーしてたもんね、わたしは。あとで男の子を慰めてあげて、むらっときたから結局やっちゃった。胸がキュンとしたぁ。あそこもキュンて。

 それからはもう、いろんな組み合わせを試したよね。あっちの奥さんとこっちの息子とかね。クスリも盛ったりして。げへへへへ。

 町中の風紀を乱してやったかもぉ。

 それでぇ、王子様がぁ、あらわれてぇ。うふふふ。わたしに求婚するでしょう。いやぁ、まいったまいった。こんなふしだらな女にねぇ。

 ええぇ?そんな事実はないってぇ?そうかなぁ、じゃあ、石油王だったかも。それもちがう?うぅん、じゃあ、気のせいかぁ。変だなぁ、わたしが望むものをなんでも与えてくれたはずなんだけどぉ。

 もしかして、わたしが産んだ男の子もいないとかいうんじゃないでしょうねえ。記録にないだぁ?いいかげんなこといってると暴れるよ。いいの?この町もなくなっちゃうよ?

 でっへへへ。その話聞いちゃう?うん、はじめの町はね、全滅しちゃったぁ。あのかわいい男の子も、いい男も、となりの奥さんもぉ、どこぞの息子も全部ね。モンスターに。

 モンスター出たからって、なんでわたしが戦わなくちゃいけないのって。召喚された勇者なんて言ったってさぁ、ただの女でしょ。エロしか取り得ないしね。取り得って言わないか。きゃわわわわ。

 って、聞いてんのぉ?

 そう!見ただけでね、夢と希望が減っちゃう感じ。なんかおっかないんだよぅ。デッカクて、火ぃ吹いて。ぎゃおーって吠えてさぁ。ドラゴンてゆうの?あれ。

 うん?ちがった?ドラゴンじゃないの?触手お化け?変な名前ぇ。うねうね触手が動く?気持ち悪ぅ。なにこれ、動物じゃないよもう。モンスター?わたしこいつと戦ったの?やられただけ?まあ、そうかもねぇ。近寄りたくない感じ。

 誰がこの絵ぇ描いたの?前にこの辺でも出たことあるんだぁ。ふうん。

 ねえ、わたしやられたって、この触手に?ねっちょりからめとられて?犯されすぎて頭おかしくなったって?そんなわけないでしょうよぅ。それまでやりまくっても、クスリやっても普通だったんだからぁ。

 普通じゃなかった?なぁんでそんなことわかんのぉ。へ?全滅じゃなかったの?はあ、こっちの町に逃げてきたのかぁ。へえ。みんなを見捨ててよぉく一人だけ逃げられたものだねぇ。わたしなんか生贄にされたのに。

 ああ、あの、わたしが無限イキ地獄を味わわせてやった奥さんだぁ。ふうん。淫乱女に躾けてやったから、あんたたちも楽しんだらいいよ。

 話は終わった?うん?なに、どこ連れてく気ぃ?おじさん、あんたもわたしとやりたいの?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます