あの夏の白昼夢の続きをぼくは見ている

作者 コケコッコーかあちゃん

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私の大好きな作者様の短編。楽しみに拝見しました。
恋の雰囲気を感じながら読み進めていくと…良い意味で裏切られます。

展開の切り替わりは急ですが、それが上手なのですっと頭に入りました。
そして最後には……あとは読んで下さいね。

ちゃんと最初の(文字通り)布石が最後に出てきたりと練られている構成が素晴らしいです。

短い字数でも、きっちりとした物語を書けるのだという勉強になりました。

★★★ Excellent!!!

 何故、私はこの作品に巡り会うのがこんなに遅れたのだろう。言い訳不要だ、愚か者。ああ、愚か者とは、無論、私ことマスケッターであって他の誰かではない。
 傑作が傑作たるに相応しい条件を、本作は全て備えている。開かずの間での会合。ささやかな恋愛。突然の……。
 あれは、あれは初々しく危なっかしいが爽やかなひとときだった。彼にとっては二度とない楽しみだったろう。観客に徹する他ない私だが、なによりそれがもどかしい。