第38話、萩尾望都の連載継続に坂田靖子が貢献し『時空転抄ナスカ』が放送され恩田陸が覆面を脱ぎhideとねこぢるが逝く

【平成10年(1998年)5月の巻・下】


 平成18年(2006年)から劇団スタジオライフの取材をするようになって、幾度となくマンガ家の萩尾望都を目の当たりにするようになりました。この劇団が『トーマの心臓』をはじめとして萩尾望都の作品を幾つも舞台化していて、その製作発表会に萩尾望都がよく招かれていたからですが、それより以前となると表に出てくる機会など知りようがなく、憧れても会えない人でした。


 その萩尾望都が出演するイベントが、まだ新宿区富久町にあった頃のロフトプラスワンで開かれるという話を聞きつけ行ってきました。バンダイビジュアル(現バンダイナムコアーツ)から、CD-ROM画集の『sanctus サンクトゥス』というものが発売になって、その記念もあってのイベントだったようです。会場に着くとすでに中は満杯の状態で、舞台前の柱脇に場所を確保し待つこと30分。登場した萩尾望都は「菩薩のようなそのお顔、知性あふれるそのお声、雅やかなそのしぐさのすべてから発せられる金色のオーラに、のっけから気圧され圧倒される」方でした。


 聞き手はCD-ROMの企画構成を担当した映画監督の佐藤嗣麻子。『エコエコアザラク』の監督ですが、萩尾望都作品として『半神』をロンドン・インターナショナル・フィルム・スクールにいた10年前に撮り、監督デビューしていたのです。この佐藤嗣麻子監督も作風に反して「よく喋るしよく食べる賑やかで楽しげな人」で、かつてバレエと見に行った時に見掛けた萩尾望都の手を、まだ18歳だった佐藤さんがつかもうとして我にかえって踏みとどまり、ロビーに出てサインをもらったとという過去を打ち明けていました。


 会場では、ネットで募集した質問に萩尾望都が答えていく展開となって、あと1年で終わると言われ続けて何年も経ってしまった『残酷な神が支配する』の衝撃のラストシーンが萩尾自身の口から披露されたようです。「それは『間抜けなジェル』」(萩尾家にて命名)と『鈍感なイアン』(同)があーしてこーしてこーなって……と言ってしまうとお怒りの方も大勢出そーなので教えない」といったもの。正解だったのでしょうか。原作を読み返してみましょう。


 会場には途中から夢枕獏も加わって、創作の時にどういった点で悩むのかといった話とか、夢を活字で見るとか漫画で見るといった話など、同じクリエーターとして話がはずんだようです。夢枕獏曰く「萩尾望都のすごい所は話がちゃんと終わるところ」で、それは確かにそうですが、逆に話をことごとく終わらせられない夢枕獏も凄いといえるのではないでしょうか。会場では、すかさず佐藤嗣麻子が夢枕獏に「栗本薫にはならない、って言ってましたよね」と突っ込んだようです。当時はまだ存命で、「グイン・サーガ」が続いていたのでしょう。こちらはもう永遠に自身では終わらせられなくなりました。だかこそ夢枕獏には話に結末をつけていって欲しいです。


 『トーマの心臓』が描かれていた頃のエピソードに話が及び、その頃に出たエッセイ集にも触れられていた編集者が編集長になってしまい終わらせろと言われて、あと何週間か頑張らせて欲しいと突っ張った話が改めて披露されました。何でも当時、アンケートが低いと打ち切られてしまうため、知り合いの人たちに頼んで葉書を編集部まで出してもらう作戦をたてたそうです。それに応じた坂田靖子は、学校の名簿を持ち出して片っ端から名前を借りて手紙を書いて送ったとか。今あの作品があるのは坂田靖子のおかげなのかもしれません。


 毎回の連載の扉絵を読者にプレゼントしてしまうという、当時としては異例で今でも異例な作戦も遂行し、見事たくさんのアンケート葉書を集めたというから大盤振る舞いです。1回だけ2色の時があって、そこに坂田靖子が何と100通もの葉書で応募して来たそうで、その1枚1枚にカットが入っていて、萩尾望都のキャラを描いたものもあったとか。すべて萩尾望都の家に取り置いてあるそうで、「いつか日の目を見ることもあるでしょう」とウエブ日記には書いてありますが、果たして披露はされたのでしょうか。次の個展があれば是非、並べて欲しいと思います。


 萩尾ともといえば、バレエがテーマのマンガを幾つも描いています。それで興味を持ったこともあって、テレビで放送されるローザンヌ・バレエコンクールの番組を、良く見るようになりました。この頃もまだ放送されていたようで、クロード・ベッシーという元バレリーナの女性指導者が、とてつもなく辛口の解説をしてくれるのを楽しみにしていたようです。


 この年も、「足の筋肉の形が気になりましたね。鍛錬しても優美さと張りのある筋肉が形作られていません」とか、「体の向きが考え抜かれていなかったのが残念、彼女に向いていませんでした」とか、どうしたら良いんですかと聞き返したくなる激辛コメントを連発していました。


 ただ、辛辣ではあっても的確で、「骨盤と足の上の内側への動きです。基本が完璧に出来ていないと進歩することは出来ません」という指導は鍛錬を促しこそすれ批判はしていません。創作の部での、「客に媚びるような流行的な振り付けは彼女のためにはなりません。彼女は幸せではありません」と、振り付け師の側に批判の矛先を向けてバレリーナ自身には手心を加えています。


 曖昧さに逃げず、かといって言いっ放しにしないところにプロの指導者としての矜持がありました。今の平等で微温的な空気では、子どもが傷つくとか見ている人が不快になるとか言って降ろそうとする動きが出るかもしれません。結果として誰のためにもならないコメントばかりになるご時世に、クロード・ベッシー流の、親身になっての辛口コメントが恋しくなります。自分は言われたくありませんが。


 今敏監督の『PERFECT BLUE』で霧越未麻を演じている岩男潤子を見たようです。ボトムアップというソフト会社が前年に作ったラジオ番組制作シミュレーション『ドキドキONAIR』の続編が、7月中旬に発売されることになったとかで、その制作発表会が開かれ横山智佐に岩男潤子、永島由子が登場しました。1メートルの近さから岩男の唇下のホクロが見えたそうですが、今もあるのでしょうか。


 ラジオ番組のディレクターになって、出演交渉から番組内容からスポンサーから放送時間から設定して番組作って放送する、というシミュレーションで、文化放送の片寄プロデューサーも登場していたとのこと。会見で女装の多いおたっきぃ佐々木にならって片寄プロデューサーは、「しろしろしろと言われれば女装だってセーラー服だって着る」と断言していたそうですが、実際にやったかは不明です。声優のコメントでは、横山智佐が「「ない知恵を絞り、乳はありますが」と言ったとありますが、本当に言ったとしたら現在だったら大ごとで、NGだからとチェックでカットされてしまったかもしれません。おおらかな時代でした。


 SFセミナー1998に行ったようです。ずっと覆面作家だった恩田陸がそのベールを脱いで登場し、1964年生まれですから当時で34歳くらいの美しい女性だったことが満天下に公開されました。この年の4月末で務めていた不動産屋を退社して専業になった恩田さんが話してくれたのは、これから書きたいという小説のタイトルとプロットでした。


 その数実に11本。タイトルだけ挙げると『月の裏側』『グリーンスリーブス』『闇の絵本』『草の城』『ライオンハート』『ロミオとロミオは永遠に』『ユージニア』『夜のピクニック』『海鳴りとめまい』『夜舞うつばめ』『ピースメーカー』で、後に書かれて名著と呼ばれた作品が幾つも含まれています。後に吉川英治文学新人賞、山本周五郎賞、直木賞を受賞するベストセラー作家の溢れんばかりの創作意欲に触れられた時間でした。


 日本銀行の鴨志田孝之理事が自殺したという話が流れました。日本銀行を担当していた時に、三重野康総裁の秘書役だった人で、いつも付き従っている姿を見ていました。理由は接待汚職の調査に疲れ果てたからと言われていますが、死ぬほどのことではなかったでしょう。


 「絶対的な正義はもちろんのこと、相対的な正義すらも見えないし誰も示せない今、人は何をよりどころにして進んで行けば良いのかを、とってもとっても難しいけれど、政治なり教育なりがもう少し考えてくれないと、羅針盤を見失った世界はますます混沌として、やがて瓦解へと進んでいく」と、格好良さげで意味不明な感想を書いています。この頃はまだ政治にコミットしようとする意識がこちらにもあったんですね。


 「X JAPAN」のhideも自殺かと疑われる亡くなり方をしました。早くも幻の異色作となっていた『AWOL』のオープニングが遺作になったのでしょうか。その、「ROCKET DIVE」と続くシングル「ピンクスパイダー」はとても良い曲で、ここからさらに伸びると思っていただけに、自殺と言われることにはやっぱり不思議と思いました。


 だからこそ浮かぶミステリー的推測。果たして真相はどうだったのでしょうか。もうひとり、漫画家のねこぢるも自分で死を選びました。後に青林堂となる大和堂の社長が、ラルク・アン・シェルのHydeがねこぢるのTシャツを着ていたと教えてくれたくらい、カルト的な人気を誇りつつメジャーになりかけていた矢先の死に、理不尽さと儚さを覚えました。


平成10年(1998年)5月のダイジェスト・下編でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます