悪役腐令嬢様とお呼び!

作者 節トキ

遊びの才能と日本語力

  • ★★★ Excellent!!!

物語は底抜けにおバカで、おバカで、まぁおバカです。
キャラの濃さ、テンポの良さ、どれをとっても、これだけおバカを貫くことができるというのは、もはや才能です。

ただ、いちばんの才能は日本語能力、そして『遊ぶ力』
日本語のリズム、日本語の持つ味わい、日本語の持つ自由さ。
それらを全力で使い、そして、全力で遊ぶ。
この遊ぶ能力の高さが、本当に高いのが本作品。

文章を書いていると、それで遊ぶことの難しさは身にしみてわかります。
やりすぎると鬱陶しいし、やり足りないとなんとなく寒い。
ところがそれを、まるでそれ用に言葉が存在しているように、適量を使い自在に遊ぶことのできる能力。

さすがとしか言えません。

おバカな作品の後ろに隠れる、しっかりとしたセンスと実力。
書籍になる価値とは、そういうところにあるんだと実感できます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー