人型機動兵器のAIに転生した男、ファンタジー世界で戦いと喜びを

作者 あんこう兄

96

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

余命わずかな主人公がロボットのAIに転生してしまうという異色なロボット作品。

AIになったもんだから人間のように融通が利かない。さらに性能が未成熟だったという事もあり最初喋り方が乏しいと斬新な書かれ方をしている。

ある経緯があって拾ったエルフの少女に対しコミュニケーションを取る訳だが、語彙力のなさが原因で色々な誤解が生んだりややこしくなったり。これが本当のロボットと少女の二人三脚なんだぁと思ったりしますね。

なお主人公のロボットは異世界においてはるかにオーバーテクノロジーとされている。こんなテクノロジーを周りが見放すとは思えない。

二人に困難が待ち受けるのは間違いないだろうが、それでも誇り高く生きていて欲しいと思う。

★★★ Excellent!!!

まず!そこらの転生物とは格が違います。

主人公は転生して戦闘ロボットのAIになってしまったのです!!そう無機物転生です!!

この作品は素晴らしい世界観でストーリーを展開して行きます。最初、ヒロインの境遇は最悪と言っていいスタートでした、ですが主人公の"力"によって苦難を打破していきます。

AIに転生した主人公は搭乗者であるヒロインの保護者のようにヒロインをサポートして。ヒロインは搭乗者として、心身共に成長していくことでしょう。

SFファンタジーの中でも今後を最も期待できる一作です。ロボット物が好きな人は勿論、それ以外の人も含めて、皆様御一読ください!!

★★★ Excellent!!!

 舞台はファンタジー色一辺倒……ではないかもしれない異世界。紆余曲折あり、二足歩行ロボのAIに意識を落とし込まれた主人公は、傷ついたエルフをパイロットに異世界を生きていこうとします。
 どこか平和ボケしたような主人公と、献身をブーストジャンプで飛び越えた挺身ヒロインのコンビは見ていてほっこりします。
 文章も軽快で読みやすく、ちゃんと見せる必要があって、見せたいところを見せてくれていると分かる文章で、わかりやすいです。表現のわかりにくさなどによる障害は認められません。とっつきやすいです。
 歴史的な確執、ヒロインの情操、エネルギー問題など、先行きを考えれば不安になるばかりですが、是非これからも読んでいきたいと、素直にそう思える作品でした。

 パイル教の自分は途中で読むのを諦めかけましたが、そこさえクリアすればたいていの人は苦も無く読めると思います。おすすめです。