歌わぬ鳥は王に捧ぐ

作者 真山空

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全37話

更新

  1. プロローグ
  2. 一話 子守の仕事?
  3. 二話  偶然の出会い
  4. 三話 門は意外と軽い
  5. 四話 必然的な再会
  6. 五話 まずは挨拶から
  7. 六話 出来た若様
  8. 七話 小さな変化
  9. 八話 優しい理由
  10. 九話 可哀想な貴方
  11. 十話 真夜中の真意
  12. 十一話 化け物は誘われる
  13. 十二話 ひび割れた空の下
  14. 十三話 大きな変化
  15. 十四話 遅まきの春か否か
  16. 十五話 離れるには近すぎた
  17. 十六話 育ちの問題
  18. 十七話 薄汚い生き物
  19. 十八話 赤い狼
  20. 十九話 籠の鳥は恋を知る
  21. 二十話 二人と一人
  22. 二十一話 彼女が守りたかったもの
  23. 二十二話 そして鳥が生まれた
  24. 二十三話 親と子
  25. 二十四話 頷けない約束
  26. 二十五話 父の帰還
  27. 二十六話 《高貴なる無能》
  28. 二十七話 命乞いの価値
  29. 二十八話 雪が降る
  30. 二十九話 鳥は歌う、少年は決意する
  31. 三十話 託されたもの
  32. 三十一話 《父と子》の会話
  33. 三十二話 旅は道連れ?
  34. 三十三話 守るもの
  35. 三十四話 《お父様》
  36. 三十五話 王と大公
  37. エピローグ