第四十五話 意外な事実

 『雪のいと高う降りたるを』かの有名な清少納言が書いた『枕草子』の中のエピソードの一つ。今回のテスト範囲。あと、漢詩がいくつか。


 土曜日の昼下がり。我が家には穏やかな時間が流れていた。まり姉は昼前にはどこかに行ってしまった、友達と遊びに行くとかで。明城にかまえないのを残念がっていたが。とにかく天敵が一人減ったので気分は非常に楽。

 母さんが用意してくれた昼食を済ませて、自室でこうして試験勉強をしているわけだった。題目は古典。教科書本文と自作ノートタッグと睨めっこ対決を実施中。


 正直、古文は苦手だ。それでもある人によれば、『定期テストなら、対策の立てやすい科目の一つだぞ』とのこと。とてもそうは思ない。しかし明城も『訳と文法覚えれば簡単ですよー』と言っていた。それで出やすいポイント中心に教わっていたわけだが――


『後は暗記だけですね。頑張ってください、ユキトさん! 小テスト、作っておきますから』


 彼女による解説もほんの一時間ほど前に終わってしまった。今、あの女はテレビの前を占拠してゲームのコントローラーを握っている。昨日の夜、俺がやっていたやつだ。それを最初から始めている。


『実は、恥ずかしながら、わたくしゲームが好きで……。あれ、やらせてもらってもいいですか?』


 などと、おずおずと可愛らしいことを供述してきたのは、俺の風呂上がりの二度目の合流の時。その時に、やり始めたものの続きを今もやっている。


『色々やるんですけど、やっぱりこういう王道RPGが一番ですね。前世のことを思い出してからは特に』


 前世云々の件はよくわからなかったものの、なんとなくその見かけに似合わない趣味に驚いたのは事実。初め少し見守っていたが、本人申告のように結構慣れているみたいだった。


「おい、あらかた覚えたぞ」

「はいはい、ちょっと待ってくださいねー」


 俺は少し呆れながら、くるりと椅子を回転させた。見ると、液晶の中を紫づくめの男の子が闊歩している。どうやらまだ、序盤も序盤らしい。


「しかし、お前は勉強しなくていいのか?」

「ええ、まあ。今日帰ってから頑張るので大丈夫です!」


 これがもし、一夜漬けで何とかなる、とか言われたらかなり凹んだが。彼女もちゃんと試験勉強をやると聞いて少し安堵した。やらなくてもできる天才タイプじゃないんだと。

 そして、もう一つ。今日は帰るつもりらしいという事実にほっとさせられる。さすがの明城アリスもそこまで図々しい――積極的じゃないということか。


 彼女はコントローラーから手を離すと、傍らに置いた一枚のルーズリーフを差し出してきた。適当な間隔を取って、お手本のような奇麗な文字が羅列してある。

 剛とは大違いだな……あいつの字はとても汚い。『俺が読めてればいい、文句あるか?』なんてトンデモ理論を掲げているが、テスト返却の度に英語の教師に怒られてるのは周知の事実。


 とりあえずそれを受け取って、机に向きなおす。ぱっぱと答えを書き込んでいった。文法事項の説明、古文単語、訳出、文章の出店と作者――事前にどこ出るかわかっていたようなものだから、空欄はない。しっかり覚えた甲斐があるというものだ。


「うん、オーケーですよ。よくできました」

 丸つけを済ませた彼女は紙の右上にさらっとを書くと、そのまま右手を俺の頭の上に置く。

「ナチュラルに頭を撫でるな!」

「ご、ごめんなさい、つい無意識に」

 真っ赤な顔して慌てて腕を引っ込めたところを見るに、本当にそうらしい。


 ここ連日の経験が彼女を優秀な家庭教師に変えてしまった。そんなところだろうか。こっちとしたら溜まったもんじゃないが。


「しかし、たかが雪ごときで日記を書かないで欲しいもんだ」

「そうですか? わたくしは、雪のほとんど降らない街に住んでましたから、気持ちはわからないでもないですけど」

「そうなんだ。知らなかった」

「転校初日の自己紹介の時に、どこ出身か話したと思いますが……」

 ちょっとむくれてみせる明城。


 あの時は衝撃が強すぎて、そんなこと全く聞いちゃいなかった。前日に街中で声をかけてきた女が、翌日自分の高校に転校してくる。それに驚かないものがいるだろうか、いやいまい。そのうえ、自分の前世の恋人だとか名乗ってくるし。

 それから思えば、ずいぶんと仲良くなったもんだ。友達……それが今の関係を定義づける言葉。向こうは一貫して先に進めたがっているけど、俺は――


「どうかしましたか、ユキトさん?」

「……記憶を辿ってた。お前が自己紹介した時の」


 二人のこれからを考えていた、なんて気恥ずかしくて口が避けても言えない。動揺を悟られまいと、ぶっきらぼうに応えてちょっと視線を外す。


「なんだか照れますね……」

 彼女は軽く頬に手を当てて顔を背ける。

「どこに照れポイントがあったかわからないんだが。……まあいいや、家族も向こうにいるのか?」

 朝気になったことを訊くのにちょうどいいと思った。

「ええ、お父様とお母様、あとお兄様とお姉さまが一人ずつ。あの時は嘘をつきましたが」

 確かに担任の溝口が、父親の都合で越してきた、とか言ってた様な。そこまでは記憶にある。


「……俺を探すために一人で来たのか。よく許してもらえたな」

「そこはそれ、ガッツと気合と根性です!」

 どこでそんな言葉覚えたんだか……。俺はちょっと呆れていた。

「うちの両親、わたくしに甘々なんです。去年家族旅行で来た時に、気に入ったからここに住みたい! って言ったら、納得してもらえました」

 彼女はニコニコとほほ笑んでいる。 


 ……そんなことありえるのだろうか。高校に上がる時や学年が上がる時ならわかるが。こいつがやってきたのは、五月の大型連休が終わった後の時期。タイミングとしては、非常に微妙。

 明城については、腑に落ちないことがまだまだあるものの、たぶん聞いてもちゃんとした答えが返ってこないと思う。一番の謎である前世の話は依然不明だし。俺も思い出さねーかな、なんて。


「わたくし、何か変なことを言ってしまいましたでしょうか?」


 彼女は不安そうに顔を覗き込んでくる。遠慮なく顔を近づけてきたため、黒目がちな瞳とばっちり視線がぶつかった。

 無意識の内に考える顔つきになっていたのかもしれない。とりあえずちょっと恥ずかしくて、右側に腰をずらした。


「いや、何でもない。で、仲はいいのか?」

「ええ、ちゃんと週に一度連絡しています。……あっ、ここに泊まることもお母様には伝えてありますから、ご安心なく!」


 そんなこと全く心配していなかった。でも確かに、無断外泊は問題だ。一人暮らしなら、バレないと思うけど。その辺り、許可を取るところはさすが明城、といったところか。

 でも親もよく許可を出したもんだ。クラスメイトの男の家に泊まるなんて、親にしてみればとんでもない事実だろうに。その辺りのことを尋ねるのはやめておこう。不都合な真実、というやつである。


「でも、ユキトさんもお母様や麻理恵さんと、仲良しじゃありませんか」

「仲良し、ねえ……」

 まあ、あの二人とは特に問題はない。

「お父様とは、そのぎくしゃくしてるみたいでしたけど……」

「明城さんは、遠慮というものを知らないのかな?」

「す、すみません、口が滑りました! 許してください、わたくしにできることならなんで――」

「ストップ。それ以上はよくない。気にしてないから、いいよ別に。それに事実だからな」


 親父が帰ってきたのは、昼食のちょっと前だった。部屋にいて勉強に集中していたから、気がつかなかったけど。泊まり込みで仕事した件については、俺が危惧したような争いにはならなかったらしい。まあ、基本的に母さんは大らかだし、俺も本気でそうなるとは思ってなかった。


 それで、昼飯も一緒になったわけで、それまでの二回の食事の時とは違って静かだった。親父殿が発した言葉は明城と会った時の『息子が世話になってます』という毒にも薬にもならないものだけ。以降は粛々と、四人オムライスに舌鼓を打っていた。こいつもその時に何かを察知したんだろう。


「……その何か事情とかはあるのでしょうか?」

 おずおずと訊きにくいことを訊いてくる明城。無遠慮なのを治すつもりはないらしい。

「思春期において、親との衝突なんて珍しくないだろ? そういうこと、経験ないか?」

「いいえ」

 ぶんぶんと首を横に振る明城。どこまでも無邪気な感じ。

 

 まあ確かに、誰かに腹を立てるこいつの姿は……一度、雪江と争っていたっけ。と、とにかくそれを抜きにすれば、基本的には温厚で落ち着いているし。物腰は穏やかだし。


「普通はあるんだけどな……。お兄さんがいるとか言ってたな。そっちはどうだ?」

「うーん、そうですねー、揉めていたかもしれませんけど、十年くらい前の話なのでよく……」

「前世のことは覚えてるのに?」

「あれは別です!」


 ふんす、どや顔をして見せる明城。おまけに胸まで張って。ふくよかな膨らみが強調されて、どうにも居心地が悪い。なんだその態度は。


 中学一年の秋ごろ、部活を辞めた辺りから、あんまり親父と話さなくなった。それは向こうに問題があるわけじゃなくて、完全にこっちの問題。幼稚園の頃からスイミングスクールに通わせてもらったのに、それをこんなところで投げ出してしまうという罪悪感、負い目。

『なにかやりたいことでもあるのか?』そう訊かれた時に、何も答えられなかったことがまずかったかもしれない。一応、勉学に力を入れようとしてみたが、思うような結果は出ず。そして、今に至る。


「とにかく別に何が、ってことはないんだ。昼飯の時、不愉快にさせたのなら謝る」

 そんなことをこいつに説明する気にはなれなくて、俺ははぐらかした。

「いえ、そういうわけではないので。ただ気になっただけというか……。わたくしの方こそ、プライベートに顔を突っ込んでしまってすみません。ちょっと舞い上がってたのかもしれません」

「舞い上がってた?」

「はい、朝の、その、結婚うんぬんが……」


 一瞬にして、この部屋に静寂が訪れる。恥ずかしそうに顔を背ける明城と、それを呆れた思いで見つめる俺。ここに騒がしい従姉(ちんにゅうしゃ)が来たら大変なことになるだろうが、今家にいないのは幸いだ。


「さーて、次は化学でもやるかなー」

 俺は聞かなかった振りをして、身体を机に向ける。

「もうっ、ユキトさん!」

「あと質問あるの、これだけなんだって」

「そうなんですか。でも、わたくし流石に教えられませんよ?」

「はい?」

 全く予想外の返事が返ってきて、思わず俺は彼女の方を見た。

「だって、地学選択ですもの」


 それは完全に青天の霹靂、というやつだった。





       *





 その日の夕方。閑静な住宅街が橙色の光に照らされている。黄昏時というのだろう。物悲しい雰囲気が辺りには満ちている。

 家に帰るという明城を、俺と母さんは玄関先まで見送ることにした。厳密にいえば、言い出しっぺは母で、彼女に言われて俺もここまで来た、という次第。


「えー、今日も泊まっていけばいいのに~」

「流石にそれは厚かましいですから」

「そうだぞ、母さん。無理強いはよくない」

「まあそうか。二日連続なんて、親御さんも心配しちゃうだろうしね」

「いえ、家は大丈夫なんですが……」

「じゃあ――」

「母さん!」


 ちょっと大きな声で、お節介おばさんの声を遮った。あわや、会話がループしてしまうところだった。


 俺としては、明日はゆっくりしたいと思っていたので、それは渡りに船だった。家でゆっくり過ごす、これ休日の最大の楽しみ。やはり明城が傍にいると落ち着かない。……悪いわけじゃないんだが。

 俺はもちろん、明城も明日のことについては特に何も言ってこなかった。もしかしたら、一緒にいすぎて少し飽きたのかもしれない。あるいは、幻滅されたか。どこか寂しく感じてしまうのは、きっとあいつにいいようにやられているのだろう。


「それじゃあユキトさん、また月曜日に」

「おう、じゃあな」

「まったくあんたはもう少し気の利いたことが言えないのかしらね。――また来てね、アリスちゃん。いつでも歓迎だから!」


 ぺこりと頭を下げると、彼女はゆっくりと歩き出した。大きな荷物を抱えて、凛とした姿で足を進めていく。背中では、あの美しい銀髪が夕焼けの中に踊っていた。


 遠ざかっていくあいつの後姿がとても儚なげに俺の目に映った。喪失感に似た何かを感じて、落ち着かない気分になる。彼女の姿が完全に見えなくなるまで、俺は魔法にかけられたかのように動けなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます