第二十三話 密室、ふたりきり

 俺は、玄関を入ってすぐのリビングに案内された。縦に長い洋間だ。キッチンが手前にあって、奥に向かって部屋が広がっている。突き当りには大きな窓が付いていて、レースのカーテンが外からの日差しを防いでいる。


 明城に続いて進んでいくと、キッチンとの境目のところの左手の壁に扉があった。そして奥の方にも,

もう一つノブが見える。

 そして、中央よりもちょっとキッチン側にソファとテーブル、壁にはテレビとそのラックが設置してある。他に余計なものはなくて、とてもよく片付けられていた。


「座って待っててください」


 彼女はそういうとキッチンへと入っていった。

 俺はその言葉に従って、遠慮しがちに奥へと進んだ。居心地の悪さを感じながらも、適当なところに腰を下ろす。白い革のソファは二三人は座れそう。とにかくとても座り心地がよかった。身体が自重で沈み込む。


 カチャカチャと彼女の方から音が聞こえてきた。ちらりとその姿を窺う。艶やかな銀髪が軽やかに踊っていた。


「コーヒー、紅茶、緑茶、ええとあとは――」

「それじゃコーヒーで」

 他にどんな選択肢があったんだろうか。少し気になったものの、遮った。


「はい、わかりました。お砂糖とミルクはどうします?」

「……それは知らないんだな」

 俺は顔をテレビの方に戻してぽつりと言った。

「わたしたちの生きていた時代に、コーヒーなんていうものありませんでしたから」

 それはとても寂しそうな言い方だった。

「ごめんなさい、こんな話してもしょうがないですよね」

「……いや、今のは俺が悪かったよ」


 それは些細な呟きのつもりだったが、聞こえるとは思わなかった。心の中で留めておけばよかったと、即座に後悔する。

 そのまま気まずい沈黙がリビングがやってきた。彼女がコーヒーを準備する音だけが、虚しく室内には響いている。


「テレビ、つけてもいいか?」

「はい、もちろん構いませんよ」


 俺はその無言に耐えかねて、つい救いを求めてしまった。許可を得ることができたので、リモコンで電源を付ける。ちょうど、夕方の地域のワイドショーがやっている時間だった。

 これが普段家にいる時ならば、部屋にテレビがないこともあって、あんまり観たりしない。だから、少し新鮮でもあった。


 テレビの音声に混じって、コポコポとお湯をカップに注ぐ音が聞こえてくる。それで、穏やかで間延びした時間だと、なんとなく思った。まるで、長期休みに田舎の祖父母の家を訪れた時のような感覚。

 それは決して嫌ではなく、むしろ心が落ち着くというか。いきなり失態をやらかした俺としては、このゆったりとした感じが胸によく染み入る。


「はい、お待たせしました」


 明城が銀のトレイを持って現れる。その上には二つのおしゃれなコーヒーカップとソーサー。洗練されたデザインは、彼女の気品さとよくマッチしていた。そして中央には小皿があって、クッキーが何枚か盛り付けてある。

 彼女はそれらを淡々とした様子でテーブルの並べた。それを見ながら、俺はちょっと奥へと移動する。


「ありがとう」

「いいえ。それはわたくしのセリフでございます」

 

 たおやかに言うと、彼女は俺の隣に腰を下ろした。ふわっと、甘いにおいが辺りに広がった。

 ……近すぎないか? 俺とやつの方はしっかりとぶつかっている。そして、あの素敵な銀髪は少しこちら側に侵入しているし。

 まだ左にスペースがあるので、俺はそっと腰をずらした。だが――


 ずずずと、彼女もまた近づいてくる。……確信犯だな、こいつ。諦めて、彼女の存在をすぐそばに感じながら、コーヒーを啜った。

 すっきりとした苦みと渋みが口いっぱいに広がる。あまり、コーヒーに明るくない俺でも、それが中々いいものだとわかった。まず香りが違う。


 ふんふんふん、彼女は鼻歌を歌いながら、隣でカップの中に白い粉末と液体を投入している。ブラックはあまり趣味ではないのかもしれない。どこか子どもっぽい所があるこいつらしいと言える。


「そうだ、忘れないうちに渡しておくぞ」

 俺は一息つくと鞄から取り出した封筒を彼女に渡した。

「わざわざすみません――ちょっと失礼しますね」


 そう言うと、彼女は席を立った。その動きをぼんやりと目で追う。ソファの後ろの部屋に入っていった。中が暗くて、その様子はよく見えなかった。

 ばたんと扉が閉じて、その姿が完全に消える。


 途端、なぜか一人きりの時間が訪れた。ここはクラスメイトの家。それも、転校してきたばかりで、学年一奇麗と言ってもいい女の子。なんなんだ、このシチュエーションは……。

 困惑しながら、コーヒーを啜る。ついでにクッキーも齧ってみた。丸くて明るい黄色をしている。バタークッキーだろうか、触感は滑らか、口触りは滑らかでほのかな甘みが口に広がっていく。美味しい。

 これまた、たまに食べるようなものとは違うように感じた。マイスターサトウのクッキー、あれはあれでサクサクとして美味しい。


 すぐに、明城は戻ってきて、またしても身体をくっつける様にして俺の隣に座ってきた。その様子はとても幸せそうである、


「そこは勉強部屋か何かか?」

「はい、寝室も兼ねてますけど」

「一人暮らして、こんなに広いと持て余しそうだな……」

 俺はぐるりと見渡して、キッチン側の扉を見た。あの部屋は何だろう。

「高校から近いところを探したらここくらいしかなくて……」


 どうして一人暮らしを……などとはとても訊けなかった。それはプライベートにずかずかと足を踏み入れる行為。俺とこいつはそこまでの中じゃないし、俺はそこまで好奇心の手先でもなかった。

 仕切り直すようにして、再びコーヒーカップを持ち上げた。少しぬるくなった漆黒の液体が喉をゆっくり落ちていく、


「こうしてユキトさんとお茶ができて、わたくしは本当に幸せです」

「へいへい、そーかい。そりゃよかったね」

 俺はさっきから落ち着かなくって仕方ないがな。早いとこ飲み干して帰ろう。

「あら、クッキーが減ってる……美味しかったですか?」

「とても美味でございました」

 俺が恭しく頭を下げると、彼女はくすりと笑った。


「よかった~、作った甲斐があります!」

「手作りだったのか……お前、菓子も作れるのな」

「まあ、あの乙女のたしなみですよ。ユキトさんが来てくれるっていうんで、張り切っちゃいました」

 えへへ、とはにかんだ笑顔を彼女は浮かべた。


 こいつ、本当にめげないな。あんなこと言われた後だってのに。思い出す、あの言葉を――ずっと、ずっと彼女は自分の恋人の生まれ変わりを探していたのだ。

 そんなにのことが好きで好きで堪らないらしい。気恥ずかしいと思うと同時に、やはり複雑でもある。

 

「…………悪かったな」

「え? 何のことです?」

「昨日のことだよ。さすがにあれは言いすぎた。みんなの前で、言うべきとことじゃなかった」


 俺はしっかりと彼女の方に身体を向けて、座ったままだが深く頭を下げた。仕方がなかったとはいえ、彼女の大切な想いを踏み躙ったのは事実だ。それに今ようやく気が付いた。


「そんな――わたくしの方こそ、自分のことばっかりで貴方のこと、考えてませんでした」

 おずおずと視線を上げると、気の毒そうな彼女の顔がそこにはあった。

「舞い上がってたんです、ようやくに出会えて。でも、そうですよね。昔のことを覚えてるのは、わたくしだけ。それでいいと勝手に満足してしまっていたんです。そんなこと、おかしいはずなのに。ごめんなさい、本当にたくさんご迷惑をかけちゃって」


 今度は、明城の番だった。彼女もまたこちらに身体を向ける。膝を揃えるのが視界の端に見えた。そして、ばっと銀色の糸がたくさん上から降ってくる。


「いや、いいんだ。全部が全部嫌だったわけじゃないしな。だから、頭を上げてくれ」

「そんなこと言っていただけて、嬉しいです。でも、ユキトさんの方こそ頭を上げてください」

 埒が明かない。もどかしく思って――

「じゃあ一緒に上げるか」

「はい、わかりました」


 それで二人同時に顔を上げた。たちまちに視線がぶつかり合う。そして、どちらともなく微笑みあった。彼女の目の端に透明な液体が浮かぶ。


「な、なにも泣くことないだろ」

「すみません、嬉しくってつい……。もう二度とユキトさんは相手してくれないんじゃないかって、思って。それで、学校も休んじゃって……。でも、こうしてプリントを届けに来てくれて、普通に接してくれて。それが、本当に嬉しかったんです」


 感極まる彼女の姿を見てくると、恥ずかしくなってきた。同時に、そんなに思い詰めさせたことを申し訳なく思う。

 気まずくて、俺はついテレビに目を向けた。アナウンサーらしき女性が新しくできたというカフェを紹介している。


「あっ、そこ、一度行ってみたかったお店だ……」


 いつの間にか彼女もテレビを見ていて、ぽつりとそんな呟きを漏らすのだった―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます