第二十一話 きっかけ

 いつも通り、帰りのホームルームはチャイムが鳴る前に終わった。号令に合わせて、ぞろぞろとみんなが席に座ろうとする。

 俺ものろのろと腰を下ろそうとしたのだが――


「白波、ちょっといいか?」


 担任である溝口先生に呼び止められた。相変わらず、気怠さが全身から漂っている。

 一体なんだろう、そう思いながら彼のもとへと急ぐ。どうせろくでもない用件なんだろうが。教員から呼び出されるというシチュエーションに、吉報は少ない。


「これを明城の家に届けて欲しいんだ」

「なんですか、これ?」


 差し出されたのは茶封筒だった。底のところに、うちの高校名が書いてある。

 受け取ろうとして反射的に伸びた腕を、慌てて引っ込めた。そして、疑惑の眼差しを先生に送る。


「今日中に彼女に渡しておきたいプリントなんだ」

「どうして俺に?」

「ほら、席は隣同士だし、家も近いみたいだから、ちょうどいいと思ってな」

 もっともらしいことをのたまって、彼は胡散臭い笑みを浮かべる。


 いったいなにがのやら。の間違いだろう。あるいは、ようにこきつかう、だ。

 おいそれと、承諾するつもりはなかった。ましてや、相手が相手だけに。言葉には出さず、表情で拒絶の意思を伝える。


「頼むよ~、お前しかいないんだって」

 とても教師とは思えない態度で、彼は追撃を仕掛けてきた。

「先生が自分で行けばいいじゃないですか」

「それができたら、頼まないさ。今日はちょっと仕事が多い」

 ばつが悪そうに、彼はご自慢のモジャモジャ頭を掻く。

「それに生徒同士のがいいだろ、こういうのは」

「どうですかね?」


 やはり気は進まない。面倒くさいと思うと同時に、やはり顔を会わせたくない。昼休みに剛が言っていたことを思い出すと、気まずさが倍増して押し寄せてきた。


「適任は他にもいると思いますよ」

「あいつと仲いいやつ知ってるのか?」

「それは……」


 答えに窮した。あいつが俺以外のやつと仲良くしている絵が浮かばなかった。


「転校したてだからな。その割には、お前は仲いいって聞いてるから安心だ」

「どこ情報です、それ?」

「匿名だ」


 いっぱしのジャーナリスト気取りだな、まるで。ったく、どこのどいつがそんなガセ情報を……と思ったけど、クラス全員に俺と明城の特別な関係を知られているんだったな。

 匿名と言えば、結局あの写真の流出元は不明のままだった。一番初めに、クラスに回した奴も人から貰ったと言っていたっけ。そいつは判明せず。


 しばらくお互いに閉口する時間続いた。仕事を押し付けたい担任と、断りたい俺。思惑が一致することはない。事態は平行線をたどる一方。


 そして、百年の時が流れ――


「おっと、先生そろそろ職員室に戻らなくちゃ」

 露骨に時計を確認すると、グイっと彼は封筒を押し付けてきた。

「わざとらしいな~……」


 冷ややかな目で対応した。手は後ろでしっかり組んで。気分は、攻め込まれてるときのゴールポスト前のディフェンダー。サッカーは代表の試合を見る程度のニワカだけど、

 決して手を出すもんか。イエロー、いやレッドか? とにかくカードじゃなくって、そんな封筒受け取るわけにはいかない、


「ヤバい、ほんとにまずい! とにかくここ置いとくから。頼んだぞ~」

 溝口はあろうことか、その大事な封筒を教卓の上に置いた。

 そのまま慌てた感じに、大股でドアの方へ。

「届けたらちゃんと電話寄越すようにな」

 最後顔だけドアのところに残して言い放つと、そのままその姿が廊下に消える。

 

 ぽつりと残された俺と封筒。周囲では、慌ただしくクラスメイトたちが動いている。こっちのことなど、意に介さずに。

 やりやがったな、あの野郎! 俺が応じた時点で、敗北は決まっていたんだ。やられた……はあ。封筒を見ながら、忌々しくため息をつく。

 これが既成事実というものか。こうなってしまえば、俺に拒否権なんかあるはずない。代役を思いつかなかった時点で、俺の負けだ。


 事ここに至っても、まだ他のやつに頼むというはあるだろう。しかし、宛もなければ、話しかける勇気もない。柳井辺りは喜んで引き受けてくれそうな気がするが、リア充集団はさっさと教室を出て行った。。


 とりあえず、それを持って席に戻ることに。早く帰り支度をしなければ。また掃除係にどやされでもしたら、俺のメンタルは瓦解しかねない。

 

「なんだった?」


 剛はまだそこにいた。俺を待っていたのか。あるいは好奇心からか。その両方というのが、妥当なところだろうな。

 すでにもう一人の友人の姿はない。放課後になると、あいつはなんだかメタル並みの素早さを見せるからな。あの部活――いや、水泳バカめ。


「まだいたの、お前」

「おうおう、友人に対してそんな口を利くとは。いい根性してるじゃあないか?」


 剛は冗談めかした感じで、怒ったような表情をした。腕組みまでして――ガタイのいいこいつがすると、本気じゃないとわかっていても迫力がある。


「プリント届けてくれって」

「へえ~。そういうの、今時あるんだな~」

 

 てきぱきと荷物を纏めていく。……封筒については、未だどう扱おうか悩んでいた。とりあえず、鞄のチャックは開けたままにして、机の上にそれを置く。


「そうだ、剛。お前行って――」

「やだね」

 すげなく断られた。取り付く島もない。

「頼む!」

「幸人君、君が頼まれたことなんだ。自分でしっかりやらないと駄目だろう?」

 懇々と諭してくる剛。ううむ、しかし……。


「頼まれた、じゃなくて押し付けられた、だ。そんなこと言ったら、担任としての責務を放棄したあのおっさんはどうなる?」

「溝口さんだから、いいんだよ。見るからに、テキトーな感じするからな、あの人」


 まあそれには同意するが。……彼が担任であることを、初めて恨んだかもしれない。


「でもほら、ちょうどいいじゃん。家に押し掛けたついでに、デート誘っちゃえよ」

 

 剛はニヤニヤと気持ち悪い笑みを浮かべている。俺を揶揄ってるのが透けて見えた。下世話な奴だな……。


「第一、誰がデートするって言った?」

「男と女がわかりあうにはそれしかない。昔からそう決まってるんだ」

「……付き合ったことないくせに」

「おう、それはお前も一緒だろうが!」

 

 そのままじりじりと睨みあうこと数秒。教室の掃除が始まりつつあるのが視界に入って、俺は顔を逸らした。そのまま机を下げる。

 鞄の中に封筒を入れて。ここまで来たらもうやるしかない。最悪、ポストに入れればいいさ。


「おっ、納得したみたいだな」

「封筒を届けることはな。ついてきて――」

「やらん。途中までは一緒に帰ってやるが」

「へいへい、ありがとうございます。そんな友人がいて、俺は幸せだよ」


 途中まで、と言われて思った。俺は明城の家を知らない。ハンバーガー屋の帰りも途中で別れたんだった。……あれ、どうしてあいつは俺の家がわかったんだろうか?

 昨日の朝は、いきなりの事態でそこまで頭が回っていなかった。まあ、考えたところで答えが出るはずないことなわけで。


『今から家に行っていい?』


 教室を出て廊下を歩きながら、あの女にメッセージを送ることに。すると――


『!?』

『ええと、ちゃんと心の準備しておきますね!』

 返事の速さもそうだが、何か盛大に勘違いされている気がする。

『……プリント届けに行くだけだぞ』


 既読は……つかなかった。その事実は俺の背筋を凍らせるには余りあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます