第十五話 登校前の……

 朝起きた時、あるアプリの通知が大量に溜まっていることに、俺は心底うんざりした。見なかったことにして電源を落とす。


 スマホをベッドに捨てて、俺はとりあえず着替えにかかる。のろのろとワイシャツのボタンを閉めながら、俺はカーテンを開けた。昨日の雨なんて嘘のように、空はすっきりと晴れ渡っている。

 

 学校に行く準備を終えて、居間に降りた。母さんは遅番だったらしく、弁当は机の上にない。代わりに、ラップに包まれた目玉焼きとウインナーが置いてあった。

 ――用意してくれたのは、親父だと思う。その無造作な感じからは男らしさが滲み出ていた。

 しばらく親父とは朝会っていない。このところは忙しいらしい。ま、夜も遅いから、ろくな会話をした記憶も最近ないんだが。

 ご飯をよそってくると、テレビをつけて、一人食事を始める。あの大学生はまだ寝ているのか。その姿はここにはなかった。――と、思っていたら。


「おはよう、幸人」

 少しして、奴は現れた。

「ああ、おはよう。なんか久しぶりにあった気がするわ」


 二日ぶりな気がする。とにかく、この女とは生活リズムが合わない。朝まともに起きてくるのは週の半分くらい。サークルやバイトで夜は遅いし、土日も家にいないことが多い。

 居候がゆえに気まずいというわけではないみたいだが。俺の両親共に、それなりに仲がいい。まあ、他人じゃなくて親戚なわけだし。


「なに馬鹿なこと言ってんの。あたしの分は?」

 彼女は鼻で笑うと、半分ほどになった俺御朝食を指さした。

「あると思ってるところが実に図々しいな」

「そっか、おばさん、遅番か。じゃあしょうがない」


 慣れた様子で、従姉は冷蔵庫を漁りにかかる。

 まり姉は親父の姉の娘。だからか、親父の彼女に対する扱いは結構雑だった。こうして、俺の分の朝食は用意してくれるが、まり姉の分はあまり見たことない。

 朝家を出る前だから、忙しいのだろうが。もしかすると、大学生としての自立を尊重しているのかもしれない。


 台所の方から騒がしい音が聞こえてくる。俺は朝の情報番組をぼんやりと見ていた。内容は全く頭に入ってこない。

 その時――


「あれ、誰だろ?」


 ピンポンとうちのインターホンが鳴った。腰を上げたが、その前にまり姉が出て行った。自分の方が玄関に近かったからか。

 パタパタパタ、廊下を少し急ぎ足で駆ける音が聞こえて――


「はーい」


 彼女の余所行きの声が小さく聞こえてくる。


「おはようございます。あの、白波さんのお宅でよろしかったでしょうか?」


 聞こえてきたのは少し緊張した高い女性の声だ。

 どこか聞き覚えがある。嫌な予感がして、俺は残った白飯を一気に掻きこんだ。荷物を持って、慌てて席を立つ。


「はい、そうですけど――って、幸人の高校の制服ね、それ。もしかして、お友達かしら」

「いえ、こいび――」

「やっぱり、お前か!」


 ギリギリセーフ! リビングから玄関まで直線で本当によかった。

 そこにはやはり、あの女がいた。俺の顔をみとめると、ちょっと首を動かした。そして、輝く表情でこちらに手を振る。

 そして、まり姉がこちらを振り向いた。口を半開きにしたキョトンとした顔で。


「あんたの友達?」

「クラスメイト。転校してきたばかりの」

「ああ、そうなんだ。びっくりしたわ、だってドア開けたら、めちゃくちゃ奇麗な子いるんだもの。しっかし、高校生とは思えないスタイルしてるわね~」

 まり姉の目線が素早く上下に動いた。

「そうですか? ありがとうございます」


 ぺこりと律儀に頭を下げる明城。褒められるとやはり嬉しいのだろうか。ちょっと照れているように見える。


「あの、ユキトさんのお姉さんですか?」

「違うわ、従姉よ、従姉。下宿してんのよ」

「ということで、まり姉。俺もう行くから。食器下げといてもらっていい?」

「仕方ないわね~。貸し二つよ」

 一つ目がわからなくて、俺は難しい顔を作って首を傾げた。

「インターホン出たやつよ。アイスでいいわ。高いカップのやつ、二つ。味はあんたに任せる」

「へいへい、わかりましたよ~」


 昨日に続いて、また余計な出費が……。こちとら、そっちと違って自由に使える金は少ないんだ、とはとても口には出せなかった。そのまま曖昧に頷く。

 黙殺は許されない。その報酬はきっと――いつか見た胴着姿のこの女の像を頭に思い浮かべると、ちょっと身震いがした。


「じゃあ行ってきます」

「失礼いたします」

「はいはーい。彼女さんと仲良くね~」

「は? 違うんだけ――」


 ばたん。無情にもドアは閉まった。そして、ガチャリと施錠音が聞こえる。

 俺はちょっとの間呆気に取られていた。行き場を失った言葉はすっかり宙に消えてなくなる。


「行きましょう、ユキトさん」

「一つ訊きたいんだが、誰が迎えに来いと頼んだかな?」

「自主的に来ました! その様子だと、メッセージ見てないんですね。未読スルーじゃなくて、ただの無視でしたか……」


 明城はあからさまに悲しそうな顔をした。そういう風にされると、俺としても罪悪感を覚えないでもない。

 しかし、正直言って、あの量は異常だと思うのだ。改めて、スマホの画面を確認する。見たことないくらいに溜まっている通知の数。観念して開いて、それをざっとスクロールしながら流し見ていく。


『今何してますかー?』

『明日の宿題なんでしたっけー』

『あの、もう寝ちゃいました?』

 などなど。どれも些細な内容。そして――


『わたくし、もう怒りました。 

 これ以上、無視するならこっちにも考えがあります』

 怒りマーク満載、そのすぐ後は激怒するウサギの絵が送られてきている。

 それがこいつからの最後のメッセージだった。時刻はちょうど俺が起きた頃。


 しかし、仕方なかったのだ。こいつの送ってくる内容は取るに足らないものというか。めんどくさいものというか。

 初めのうちはスマホが振動するたびに反応していたが、段々とうんざりしてきた。それで通知を切って、俺はスマホを封印。無視して寝る直前まで、世界を救う旅に出ていたわけである。


「さっ、行きましょー」


 見ると、彼女は門のところに留めた自転車に跨っていた。入口を塞がれては、観念するしかないか。


 ばれないようにため息をついて、俺は自分の自転車の方に近づいていった。こんなことなら、昨日断固として一緒に帰るべきではなかった。後悔先に立たず、その言葉が今にも身に染みたことはない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます