超次元二番手!

作者 レド(大型獣脚類の一種)

173

68人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

身近な出来事を、こんなに広大な舞台で繰り広げるとは!

理解するには、高めの知識とコメディへの寛容さも必要ですが
やたら巧みな構成と読みやすい文体で、つい笑ってしまいました!

SFナンセンス文学の決定版では無いでしょうか。
直結した続編も出て嬉しいです!

徳川家康が、どういう繋がりで登場したのか、分からない人は、
ぜひ第一弾を読んでみてください!

★★ Very Good!!

前作と土台を揃えるだけでも大変なのに、サラッとこなされていますね。
星は大好きなので、このノリは好きです。

自分よりも若い上司。ノー残業で帰ってしまう。二番手、切ない位置の主人公ですね。
追伸・恒星の爆発はきれいでしょうが、ガンマ線バーストだけは当たらないようにしてくださいね。

★★ Very Good!!

笑いました。

宇宙の管理とか超位存在とか、設定が無駄に壮大でじつにいいです。
かとおもえば、そこからの落差サラリーマン社会。
たしかに、俺っちが一人称の上司は嫌すぎるw

っうか、作者さんそのものがカクヨム新星じゃないかと、
今後にも期待してしまいます。クセになりそうです。

★★★ Excellent!!!

なるほど、宇宙の果てでも縦社会があるのですね。しかもかなり理不尽で波乗り感覚なのですね。

呆然と、そんなことを胸中でつぶやかざるをえない本作。
管理職手前だったグレートオーダー……ワン……この超存在に訪れた悲劇とは。

きっとそのうち、「上司」が「部下」をパワハラで訴えたり、銀河の消滅をやらせたり、消滅する瞬間の阿鼻叫喚を録画して会議室で見させたりするでしょうねぇ。。

頑張ってグレート!
人生長いんだから、士業の資格をとる手もあるよ!

★★ Very Good!!

 つまり、この世における『冴えないおっさん管理職』の悲哀は宇宙の果てまで変わらない。
 マイペースな年下の上司に振り回されるのも悲劇だが、主人公が密かに期待する『こうしたらもっとスムーズに尊敬できるのに』という昭和風サインがことごとく無視されるのが破壊的に面白い。まあ、年金と退職金を地道に積んでくれ。

★★★ Excellent!!!

文章がスムーズでスラスラ読めます。内容はおバカ系? かわいそうな宇宙サラリーマン(ミルキーウェイ・システムズ勤務)が苛立った結果銀河で超新星爆発が5割り増しになった、ただそれだけの物語なのですが……
何しろ文章がうまいし、展開もスムーズです。ニヤニヤ笑っているうちに終わっちゃいます。終わっちゃってちょっと寂しかったのは僕だけでしょうか?

KAC3で続くことを期待します。