末路

浅草地蔵@小説書き

いつだって、そうだったんだ。


 「こら!! またミスしおって!!」

 「す、すみません……」

 

 周りから、いろいろな目線が飛んでくる。あるものは私を嘲笑してくるような目。

 あるいは侮蔑を向けてくるような目。

 私がミスしたのを喜ぶような人物達だ。

 その悔しさを我慢しながら、罵倒に耐える。


 「全く……なんでお前はいつも努力しないんだ!!お前を雇った時の履歴書にはたくさんの分野で2位を取ったという実績があっただろう!!お前、その記録をとれなかった者たちに恥ずかしくないのか!!」

 「すみません」

 「謝れば済むってものじゃない!!」

 

 会社に入ってからわずか3か月。

 私は一流大学の出身である課長から多くの日々、罵倒を受け続けていた。

 一般受験で偏差値が高い大学に合格したらしい。

 大学生活で目立つことができずに大学院へと進学せずに貴社へ入ったらしい。


 最も、私自身誇れる立場に身は置いていない。


 これはパワーハラスメント(パワハラ)に当たるかもしれないと最初は考えた。

 私はそのことをだれにも相談しようとも思えなかった。


 何故なら、自分が努力をしていないことを知っていたからである。


 学生の頃、結果を少し残せていた。

 例えば試験では最終評定で学年2位を取ったりした。

 運動でも、最高で2番ぐらいの結果を残したことはある。

 しかし、大学受験はどうだったかと言われると、ダメだった。


 一流大学ではなく、二流大学に入ることになった。


 理由として自分のことを過剰評価していたことが原因なのだろう。

 そして、努力をする事をしていなかった。

 結果、何も出来ず大学の成績は下にあった。留年した。


 そして、二流でブラックと言われている企業に就職した。それが今いる企業である。学生のうちは結果を出せ結果を出せと言われてきていることに訳が分からなかったが、今になって、やっと分かった。


 それは、大人になったら一番しか認められることはないという事だ。

 感情を殺しても、働き続けても、努力を続けてきたものこそが上の地位へ行けるのである


 そうして、自分は上司からの注意を受けて、残業をする。

 そして、鍵の登板を任され、一番最後に職場を出た。

 時刻は夜中の一〇時をさしていた。


 今日も憂鬱な気分のまま終わるのだろうか。

 そう思っていた時だった。


 「愛媛のミカンはおいしいな♪」


 突然着信の音楽が鳴り始めた。

 名前はわからない。どうやら非通知らしい。

 非通知電話は出ないようにしているので、出なかった。


 しかし、そのあとの留守番電話を聞いて、すぐに分かった。


 会社の窓が閉じているかを確認し、さらにエアコンとPCの電源を切り椅子に掛けていたブレザーを急いではおり全て確認してから外に出た。


 そして、待っているという駅へ向かうと、そこには予想通りの人物がこちらに手を出した


 「よぉ。久しぶりだな」

 「さかぎ先輩……」


 本来の名前は坂上木葉さかうえもくば

 ニックネームはさかぎと言い、現在警察官をやっている。

 部活のOBの方で、よくお世話になっていた。

 多分先輩が知っているのは、他の人から聞いたのだろう。


 ニックネームを名付けたのはさかぎ先輩の友達達らしく、どうやらラブレターの名前で利用して送る人がいたら色々と大変なことになるから考えたらしい。


 そしてこの日、さかぎ先輩は黒色のネクタイに、黒服を着ていた。


 「おすすめの飲み屋さんがあるんだ。お前も来ないか?」

 「あ、ええと、今、お金がなくて……」

 「いいからいいから。俺のおごりで払うからさ」


 さかぎ先輩は自分を飲み屋さんに連れて行った。

 どうやら、昔の部活後輩を


 入る前にさかぎ先輩は「俺、ここの常連なんだ」と言ってから入った。


 飲み屋さんには、焼き鳥のにおいが広がっている。そして、周りから聞こえるのは仕事帰りのサラリーマンの明るい声であった。


 そんなことを気にしている間に、突然、さかぎ先輩はあるものを取り出して見せてきた。

 それは、映画のパッケージのようなものだった。

 見るとそこには、フィリピンオオハシが羽を広げて飛んでおり、後ろには学校がうつっている。

 自分はわからなかったからすぐに聞き返した。



 「何ですか。それ」

 「ちょっ……有名な作品だよ?{僕たちとニハシ ~学校卒業編~}鳥が人間のような生活をしているような世界に突然フクロウが学校に転校してきて、色々な事件が起きるという話だよ。知っているでしょ?」

 「いえ、知りませんが」

 「そんな~~。これ結構マニア受けする作品なのよ?」


 何でいきなりカマ口調になっているんだろうこの人と思いながら、自分はさかぎ先輩の映画の内容を聞いて、そして唐揚げと焼き鳥とビールを注文してからあることを質問した。


 「さかぎ先輩。何で、僕みたいな根暗を呼び出したんですか?」


 暴露だった。

 人に目立つような行動はしなかった。

 ずっと、陰になるように生きてきた。

 声をかけられることなんて何もない。

 この質問は今までずっと思ってきていたことだった。


 なぜ、努力ができないのだろうか。

 何故、向上意識がないのだろうか。

 何故、よくて二番までしか取れないのだろうか。


 答えられるわけがない質問をしてしまったことを自問自答で理解してから、謝罪をして質問を取り消そうとしていた。


 その時だった。


 「ここさ。飲み屋さんの紹介本で、最高で2番目までしか人気出たことないんだ」

 「え?」


 自分は突然そう言われて驚いていた。何せ、予想すらしていなかった回答を言われたのだから。


 「相当、店主は苦労しただろう。焼き鳥のたれを変えたり、店のメニューの書き方を変えたり、時には壁の色とかを模様替えとかしているときもあったしな」


 自分は心の中でこの人はいったい何を言いたいんだろうなと思っていた。


 「だが、結果的にはどんなに頑張っても二番手までしか上り詰めることしかできなかった。それでも、だ」


 さかぎ先輩は俺の顔を見てこう言ってきた。


 「どこかに必ず、必要としてくれている人がいるはずなんだ。それは、俺もお前も同じなんだ。自分に価値なんてないとか、いなくていいとか思うんじゃねぇ。必死に努力しろ。誰かが必ず、見てくれているから」


 そう言われた。

 そして、この時に自分はほんの少しかもしれないが何かを努力しようと思う気持ちが生まれたのだ。


 今現在、自分はエンジニアをやっている。


 最も、エンジニアと言ってもゲーム関係ではない。


 主は会社のSEだ。会社から与えられた仕事を淡々とこなす。

 いわばロボットのような存在だ。しかし、会社にはこのような立場が必要だ。


 今となっては、そう思えるようになった。


 (努力というのはさせられるのではない。悔いが残らないようにするためだ)


 さかぎ先輩に言われた事を自分はこう解釈した。

 そして、自分は少しづつ努力ができるようになった。


 また、最近自分は個人的にあるアプリを作っている。

 作っているのは人に努力をさせるように向かわせるためのアプリ開発だ。


 人というのは色々な要因で努力をやめてしまうものだ。罵倒されたり、馬鹿にされたり、努力が報われなかったり。そんな人たちを救うために自分はこのアプリを開発しているのだ。


 最初はケータイ用のアプリとして作成し、もし企業がこのアプリの内容を購入したいといってきたら、間違いなく応じるだろう。


 先輩は、努力しきれずにいた自分に対して声をかけてくれた。何故声をかけてくれたのか。その点に関して、やっと答えを得た。


 その答えは、先輩からもらったのメールに書かれていた。


 いつも大変だが、誰かに作れるように努力できればいいと思えた。

 あの言葉のおかげでやっていけると思えた。


 もう2番でも、悔しくない。


 そう思えた。


 もし、またさかぎ先輩に会えたならお礼を言いたいと黒服を着て思っていた。


 外は、天気雨が降っていたのだった。


 ~Fin~

 

 皆さんは、自分に自信を無くしたことは、ありませんか?


 皆さんは、自分がいなくてもいいやなんて思ったことはありませんか?


 そんなことはありません。


 たとえ努力が身にならなかったとしても、それを見ている人はいます。


 だから――


 決して挫折しないでください。


 「私の手記」



 ――後日談


 お元気ですか。


 八年前はお世話になりました。


 三月十一日の、一四時四六分一八秒になると、いつも先輩とのことを思い出します。


 今となっては先輩と過ごした日々はとても懐かしく感じます。


 自分は結婚し、子供を一人持ちました。

 妻子は私の体が弱いのでいつも気遣ってくれます。


 正直、今となってはもうお礼は言えませんが……


 どうぞあちらで、ゆっくりしてらしてください。



 「懐かしいなぁ……十二年ぶりだなぁ」

 「あの……どうしたんでしょうか。何故、僕は居酒屋に誘われたんですか?」

 「まぁまぁ、いいじゃないか。今回は俺がおごるし。それより、この映画を知っているかい?」


 私は、僕とニハシと書かれている映画を見せた。


 「いえ、知りませんが……」


 それもそうだ。「僕とニハシ」は、ずっと昔に公開された映画で、先輩と話をした後に買ったのだからもちろん世代でもない社員は知る由もない。


 そうして、私は「僕とニハシ」という映画の説明をしてから、焼き鳥と唐揚げ、さらに最近追加されたらしいドリンクのメニューを後輩君に見せて、彼がオレンジジュースがいいというのでそれを注文した。


 私はさかぎ先輩と同じ年になっていた。

 そして、この年齢になってから理解したことがある。


 何で、あの人が私に手を差し伸べてくれたのか。

 何で、あの人は私に助言をしてくれたのか。

 それは、あの人が努力家だったからだ。


 誰よりも努力し、誰よりも結果を出せないと有名だったあの人だったから、努力をしていなかった私に、アドバイスをくれたのだろう。


 いや、もしかしたら違うかもしれないが――


 そして、私は今、アドバイスをもらった時と同じ年齢の社員に、アドバイスをしようとしていたのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

末路 浅草地蔵@小説書き @motitabetai

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ