「三点リーダの使い方」や「行頭の字下げ」を守らねばならない、ただ一つの理由

作者 板野かも

116

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本文でご指摘されてあることはまさにそのとおりだと思います。
チートやハーレムを題材にすれば勝手に売れるだとかいうのは幻想です。

エンタメを提供する以上、大衆が求めるものを視野にいれ、その反応を計算して提供するのは当然の大前提となります。
その中で読みやすさや文章を書くルールを守るというものは当然に入っており、そんな基本を守れない作品が評価されるようなことはまずありません。

無料で提供してるから、素人だからという言い訳に逃げるのであればその時点で筆を置いて物書きは辞めたほうが無難だと思います。

人に評価される、あるいは誰かに小説というエンタメを提供するというのであれば、板野さんの書かれておられる内容を最低限必ず意識してほしく思います。

★★★ Excellent!!!

 三点リーダー、ダッシュ、中黒。作家を目指す者なら皆知ってるもののはず。
(私は名称は知りませんでした←あっ)

 それらは、出版社都合の規格で、2つ続ける、行の始めと記号の後には一マス全角空白を置く、鍵括弧の終わりには句読点をつけないなと、いくつか暗黙の了解のように存在している。
(私は一部知りませんでした←うっ)

 もちろん、守らなくても書くだけはかける。
 だが、守った方が、断然良いと、板野かも氏は語る。

 なんでや? と思われた方。どっちでもいいやん。話が面白ければええやん。

 そう思われた方。

 読んでみてください。文章規則は守った方が良いのです。その理由がここにすべて記されています。納得の一言があります。

 作家を目指す方。趣味で書かれている方。ぜひ読んでください。
 本作を読んだ方が、今後の執筆活動において、断然お得です。
 もう一度言います。大切な事です。物書きは、ぜひ読んでください。

 読めば、解ります。少なくとも、私はなるほどと思いました。

★★★ Excellent!!!

正書法は言ってしまえば文芸の世界の交通ルールのようなものです。
守らなくても運転は出来ますが、見咎める人が絶対にいる。あるいは交通ルールを知らない人もいるかも知れませんが、ルールを守らないと捕まります。
文芸の世界でもそういうルールを守らないと損するよと警鐘を鳴らしているのが本稿です。
正書法は交通ルールのようなもの、守っていれば損はしませんし、知っている必要も必ずあります。
しかも親切な事に板野さんは末尾に最低限守らないといけない正書法までまとめてくれています。

初心者の人もそうでない人も、本稿は一読するべきです。

でも板野さんはなんで急にこんな事を書いたんだろう?