届かない手紙

作者 マージナル(旧春木直樹)

清濁

  • Good!

 古代日本語においては、祝いと呪いは根源を同じくするものであった。正に向けば祝い、負に向けば呪いである。かつて一言主神は善事も悪事も一言で決めたそうだが、主人公もまた心の中に一言で決めたい善悪の根源を同時に備えているのだろう。それをどちらかに決められないところに、神ならぬ人のまことを垣間見た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,091