【KAC1】レジブクロウ

作者 越智屋ノマ

94

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

レジ袋ならぬレジ梟ですって!
単なる出オチの一発ギャグかと思えば、どうやってレジ梟を作ったのか、そもそもどうしてそんなものが普及することになったのか、設定がしっかりしており感心させられました。

むむむ、確かにレジ袋の問題は日増しに深刻化していると聞きます。
え、マイバック? …それは言いっこなしです。
不思議なレジ梟の世界を覗いてみたい方は、是非!

★★ Very Good!!

 レジ袋を家まで運んでくれるのかと思ったら‼️ そうか。それじゃ荷運びやになるのか。レジ梟にはならないな。

 思いつきはだじゃれなのかなぁ。でもそれをここまでふくらませてつじつま合わせてSFに仕立てるなんて凄い! この短時間で書いたとは思えない! 面白かったです♪

★★★ Excellent!!!

作品の発想自体はシンプルですが、そのシンプルさを逆手に取って、しっかり舞台設定の肉付けがなされているのが見事です。ちゃちゃっとこれを書けるのは、凄い手腕だ……。

梟の科学的知見や社会問題……そして、吐瀉物。
きっと、ハンドクリーム業界は株価大暴落でしょうね。考えさせられました。

レジ梟のビジュアルはカクヨムのトリさんで想像しながら読んでいたので、奴らが三億羽集まってゲロゲロしている光景を思い描くと、軽くディストピアな気分も味わえてお薦めです。リサイクルセンターの内部にも、実はダーティーな設定が隠されているんじゃないかと、勝手に妄想してしまいます。

読者の想像力をかき立てる物語構成……楽しませていただきました。ゲロゲロ。


★★★ Excellent!!!

レジ袋。
レジ梟。
ダジャレかよww なんてふざけ半分で読んだら違った。
真面目にふざけてた。いや、本当に真面目だった。
ん? いや、ふざけてはいるのか? いや、大真面目でもあるよね?

……うん! 面白かった!!(語彙死滅
兎に角、面白かった。
確かに切り札だったよレジ梟!!