僕たち梟にならないか(KAC1)

作者 坂井令和(れいな)

謝肉祭

  • ★★★ Excellent!!!

 中国で昔考えられていたところの梟の性質や、破鏡なる獣の性質は本作で初めて知った。ついでに『のる』は罵るとも。
 そんな教養にあふれた内容であり、兄妹の微妙な現状認識のズレが全体を律する話でもあった。妹は兄よりずっと器が大きく、現実家でもある。そこで兄が起こしたのは革命であろう。後先がどうなるかは自由に想像するとして、当分は冷蔵庫がいっぱいになりそうだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,105