4巻 四葩会《よひらかい》調査編(ネタバレ含)


【メインキャラ】

千秋ちあき

 ツバキハラ探偵事務所職員。事務員のはずが、現在調査員と四号警備員ボディーガードも兼任している。事務所の司令塔。エルの契約者で教団を追っている。童顔だが二十三歳。人の表情から嘘を見破るのが得意。

 今回四葩会よひらかい施設に神藤と共に潜入し、自身が教団に狙われていると知る。

 スキル:探偵・生真面目・先輩

 ステータス:洞察直感どちらも高値。倫理値高め。

 身体能力低。小柄。明暗順応が全キャラ中、最も低い。

結縁リンケージ:悪魔エルと結縁リンケージが可能。分離一体双方こなせる特殊型



■エル(エーデルワイス)

 千秋と契約する悪魔。白髪赤目に黒いドレスの幼女。

 三月のコンクール事件をきっかけに千秋と結縁リンケージできるようになり、かなり甘えんぼさんになった。

 根尾に過度に近づきすぎると論理が乱れる。彼を契約者ではないかと疑っているが、千秋には伝えていない。

 スキル:憑依・時間操作(前契約時のみ)

 ステータス:中級悪魔

結縁リンケージ:契約者千秋。分離一体双方こなせる特殊型



神藤じんどう真理まり

 十八歳の少女。石南いしなみ学園に在籍していたが、1巻の事件以降絶賛失踪中。3巻コンクールテロの裏で暗躍していたが、千秋は知らない。

 『教団』を追っており、そのために悪魔と契約したがっていたが、今回遂にアルストロメリアという悪魔と契約を果たす。

 鼻が利くらしく、悪魔或いは契約者の匂いを嗅ぎ取る。

 

 スキル:神出鬼没・マリマリレーダー(鼻が利く)

 ステータス:直感スキル高値。倫理値低。体力高。



■ルイス(ルートヴィヒ・ベーゼンドルファー)

 金髪碧眼の少年。十八歳。ツバキハラ探偵事務所職員。チアキの後輩。

 学園の事件で両手を失った元・天才ピアニスト。三月のコンクールの事件で完全にピアノと決別した。集中すると周りが見えなくなる。

 先輩である千秋に追いつこうと頑張るが、徹底的に探偵に向いていない。そのため悩むが、目的のために努力する。

 学園ループの記憶を持たず、ループ中に真理と何かあったのではないかと考えている。

 スキル:後輩・財力・悪魔視

 ステータス:体力低。心臓に持病あり。義手。

 推理力は低いが、洞察直感ステータスがランダムに高値を弾きだす。



根尾ねお燎弥りょうや

 ツバキハラ探偵事務所所長。千秋とルイスの上司で自称名探偵。先月二十九歳になったらしい。

 特殊な『取引先』と組んでおり警察にもツテがあるが、素性には謎が多い。

 教団との関係を匂わせる証言が多く、敵なのか味方なのかその他なのか曖昧。

 千秋達の前では明るいが、他のキャラクターによって対応が異なる。千秋達は彼が善人であると信じている。

 スキル:三行解決アウトラインアセンブラ

     事件を三行で解説してくれるが全く意味が無い。

 特殊:『鏡映』見る者の心を映し出す鏡。この効果は全キャラクターと読者に適用される。



【ベーゼンドルファー家】

■キャロル(キャロル・ベーゼンドルファー)

 ルイスの妹。十四歳。永室市市内の私立中学に通う秀才。日本のアニメやゲームが好き。

 ルイスの代わりに父親の会社を継ぐ予定。来月誕生日らしい。


■メアリー(メアリ・アン)

 ベーゼンドルファー家のメイド。二十代後半に見えるが年齢不詳。

 スキル:〈神の見えざる手インビジブル・ハンド

     絶対幸運スキル。彼女の取る行動は全て彼女に利益を齎す。

 ステータス:アイテム『メイドの護符』を初期装備。幸運値が全キャラ中、最も高い


■レオ(レオナルド・ニコルズ)

 ベーゼンドルファー家の守衛兼執事。二十九歳。アメリカ人。

 元米特殊部隊で、ルイスの父をハイジャックから助けたのがきっかけでベーゼンドルファー家に雇われる。

 キャロルを子供扱いしており、喧嘩の仲裁役。執事らしからぬ口調だが、根はしっかりしている。


【その他】

黒川くろかわまい

 三十五歳。セミロングの茶髪。口元にほくろがある。夫の浮気を疑っている。

 実は太郎の不倫を工作しようとしており、それを見届ける第三者としてツバキハラに依頼した。小田井とはかつての級友であり、太郎との不倫にショックを受け心中しようとするが、根尾に止められる。


■黒川太郎たろう

 三十五歳。営業課長。舞の夫。スポーツマン系のこざっぱりした若作りな印象で、性格は真面目。最近出張が多い。

 級友である小田井と不倫しつつ、最近現れた東沙とも不倫していた。


小田井おだい鶴子つるこ

 三十代前半の黒髪ストレートの大人しい女性。化粧が薄い。

 舞と太郎の大学時代の同級生で、同窓会で太郎と再会したのをきっかけに不倫していた。舞の彼氏を奪う行為を重ねており、最悪の形で再会を果たす。


矢場やば東沙あずさ

 二十代前半の明るい茶髪の女性。化粧が濃い。

 舞が依頼した別れさせ屋の工作員で、不倫捏造のため太郎に近づいたが、小田井が現れ調査に移行。最終日に舞に小田井について報告し、彼女が乗り込む原因となる。


白菊しらぎく颯太そうた

 I県警刑事。二十代前半の青年。根尾の後輩。

 『~っす』など砕けた言葉遣いをする。


大津賀屋おおつがや藤鷹ふじたか

 I県警刑事。白菊の上司。根尾の知り合い。


愛宕あたご青葉あおば

 信者カードの持ち主。長町南の姉。名前しか出ない。


長町ながまちみなみ

 一月の社員旅行で引き継ぎ殺人を起こした犯人。

 懲役三十年が確定している。


■ハル(ハルトリーゲル)

 ルイスと契約していた悪魔。学園の事件で焼滅しょうめつした。

 ルイスに憑依した状態でしか行動できず、その間、ルイスの自意識は眠り、記憶も残らない。


■アルストロメリア

 真理の元に現れた悪魔。ピンク髪でおっぱいが殆ど見えたねーちゃんらしい。


■謎の女子高生/軍服の少女/四葩会よひらかいの少女/レベッカ

 ショートカットの少女で、くすくすと笑う。

 教団関係者や悪魔であると匂わせる記述がある。

 根尾に疎ましがられている。


■マクスウェル

 レベッカのことが大好きな大英帝国一の紳士にして偉大なる高貴な錬金術師。

 レベッカに豚と呼ばれると喜ぶ。ルシファーを尊敬している。


■ルシファー

 時折出てくる名前。教団関係者と思われるが、一切が不明。

 マクスウェルと仲良し。


■長い黒髪の少女

 ルイスに悪夢を見せた。コンクール事件の際、ロベルトの論理空間から救い出すなどするが、こいつもよくわからん。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます