2.5巻 スカーレット・ライン(エル過去編)


◇レオ(レオナルド)

 中東の民間軍事会社に勤める二十八歳のアメリカ人男性。テロで家族を失い、傭兵になった。童顔で小柄なため馬鹿にされやすい。

 生まれつき殺人の才能があるが、倫理的に過敏で人を殺せない。

 エルの協力で欠点を克服するが、最後は銃弾に倒れ、死亡する。

 スキル:殺人特化・臆病

 ステータス:倫理値高・体力高



◇エル(エーデルワイス)

 レオと契約する悪魔。白髪に赤目、幼い少女の姿をしている。

 レオを救うために時間操作を行ったが、最終的には『僕を助けるな』という命令の元、レオを看取る。

 レオを助けられなかった無力さを嘆き、その後悔から感情を殺すようになる。

 スキル:憑依・時間操作(限定的)

 ステータス:低級悪魔

 


◇チャールズ

 レオの同僚。コンタクトが嫌いで平常時は眼鏡をかけている。

 戦場に不釣り合いな飄々とした男。良い奴だったのに。

 スキル:チームワーク・面倒見

 ステータス:体力高め。コンタクトが嫌い



◇マクスウェル

 レオを誘拐しエルを引き渡せと要求したスーツの男。悪魔が見える。

 丁寧な口調の割に暴力を振るい、目的のためなら手段を選ばない。

 エルを要求した理由や所属は不明だが、レオを『本部』へ輸送しようとした。

 スキル:悪魔視

 ステータス:?


◇黒髪の少女

 マクスウェルとのいざこざで気を失った際、レオが遭遇した少女。

 中世の街に現れ、長い黒髪と赤い目をしている。

 口調が安定せず、急に男性的な物言いになる。

 一切が不明。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます