キスして欲しいな。

作者 桃もちみいか

48

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今まで一度も彼氏がいた事が無く、キスだって未経験。だけど大事なのはいつ何回したかではなく、誰とどんな気持ちでしたかだと思います。遅咲きの恋だっていいんです。そこで、一生忘れられない幸せなキスを交わせるのなら。

キスについて思いを馳せる彼女の心境が初々しくて、とっても甘い気持ちになりました。

★★ Very Good!!

 作者は切ない話か甘ったるい話かどちらかを書くのだが、今回は後者だった。などと偉そうに述べたあとで、明確なるレビューを書くのは久しぶりだと気づく。そんな怠慢な読者である私を、自分達の世界を作った……卑俗な言い方なら『作っちゃった』……二人は暖かく迎えてくれた。といいたいのは山々だが無視してキスをした。つまり私はモブキャラのような気持ちを味わった。すなわち大変楽しい。黒子になって二人の頭上からザルいっぱいの花びらを風に流したりするとなお楽しい。手元が狂ってぶちまけるかもしれない。
 春先らしく初々しい恋愛で、ふだん裏切りだの毒殺だのばかり書いたり読んだりしている私にはまたとない回復になった。願わくば世界の果てまでいちゃいちゃして欲しい。

 ※基本的にとても気に入っている。念のため。