なぞのれんさい

作者 柳なつき

124

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 一話一話のタイトルより本文が短いこともある。

 まさに、『なぞのれんさい』
 読んで考えるより、読んで感じて下さい。

 あなたの理解力が試される?
 
 いや、それじゃ、『感じて』下さいにならないか……。

 とにかく、読んで下さい‼️ 感じて下さい‼️ 

 あなたの感覚が試される‼️

 あ、『理解力』じゃなくて、『感覚』。
 
 こっちですね。

 さくさく読める‼️ 面白い‼️
 あなたの『感覚』を試してみて下さい‼️
 

 

★★★ Excellent!!!

時間さえあれば、いくらでも読みたい。
そのくらい読むのに没頭してしまいます。

こういった考えを、文字に著せること、
そしてそれをこれほどにまで長い期間”れんさい”できるのは、
もはや やる気の問題ではないですよね。
ではなにか?文中から時折覗く、柳さんの”美学”なのでは。

こんな僕からの言葉で申し訳ないのですが、
本当にすごい方だなと思っております。
この先も、執筆頑張ってください!

★★★ Excellent!!!

久しぶりにきれいにまとまったアフォリズムを拝読しました。
短い言葉をうまく紡いで、世界の一部を切り取って見せる腕前がお見事です。
はっとする言葉は人によって異なると思いますが、それもまたそれぞれの人生を反映していておもしろい。
めったにみられないアフォリズム集をありがとうございます。

★★★ Excellent!!!


「理解されない」というかたちで理解されるいうことを欲するーー

 この作品は様々な状況における、人の微妙な心の動きを一文の内に描いたものである。
 タイトルと本文がワンセットとなっている為、毎回軽く予想を立ててみるのだが、斜め上の方向に裏切られることになるのだ……納得がいく形で。
 一個一個は考えるまでもなく、日頃感じていること。しかし、その機微が重なって今日の自分がいるのだと嘆息する。

 と、堅苦しいレビューになってしまいましたが、実際は非常にとっつきやすいのです。
 各話のタイトルを見れば分かります。一つでもグッと来るものがあれば覗いてみてください。
 それが大いなる深みへの一歩となることでしょう。