なぞのれんさい

作者 柳なつき

小説の累計PV数

80,465 PV

エピソードごとの累計PV数

「私に言わせれば~」 122 1,731 PV
罪を被せようとしているひとが愛しさのふりをして言いがちかもしれないこと 93 1,323 PV
ほんとうのことは汚くなければならないと思い込んでいるひとへ一言 88 1,085 PV
魔物の子どものなかでの逸脱者はきっとこう言われてる 72 849 PV
それは常識に代わるにはまだ不充分かもしれないねって 72 681 PV
山登りといえば山登りなのだろう 62 631 PV
それが罪の果実だとかいうのなら 46 520 PV
幸福を求めるのならばその手段を彼または彼女に訊けばいい 46 468 PV
「死せよ、カエル。」 44 461 PV
とくに実話というわけではないかもしれないかもしれない 47 376 PV
それでは聴いてください。当たり前の唄。 48 363 PV
たぶんクリエイターあるある 52 410 PV
とある女の子は居酒屋でレモンサワーなんかぐいぐい飲みながら二杯目が終わるくらいで言いはじめる 35 344 PV
「それはわかってるんだけどね?」と言われがちなこと 34 324 PV
「時間がない」と言っているひとに一言 38 326 PV
当たり前のことを当たり前と言い切れるのは、 41 298 PV
自分もあなたたちもここに生きている以上は歴史の最先端。ゆえに、 30 265 PV
それはある意味、周囲の正しい理解なのでは? 33 246 PV
当たり前のことなんだけど、混同しがちだよねーって、 34 249 PV
やばいひと 33 267 PV
居酒屋とかでわりとよく見かける風景 34 238 PV
「恵まれない子どもたち」というのはたぶんもしかしたら日本ではこう言うと少しすっきりするかもしれない 30 257 PV
それはたぶんとても壮大でもしかしたら物語的な落とし物 27 207 PV
動物園があるのなら、それがあったっていいんじゃない? 24 208 PV
本日耳にしたたのしい言葉のひとつ 23 220 PV
別にそうでもないんだけど言ってみると単純に楽しい言葉 25 203 PV
愛されるだけではない 24 224 PV
ないよ 22 205 PV
ふとしたときにいつもかならず自分に問わねばいけないこと 23 206 PV
変な言いかたかもしれないけど、小説って 25 209 PV
ひとむかし前のギャグマンガじゃあるまいしって 21 174 PV
最新話じゃないよ、響きは似てるけどだいぶ違う 21 180 PV
社会生活における実感として 26 184 PV
そしてこれはまた、生活における個人に対するまったき実感で 24 191 PV
ふと目にとまった、ただのメモ 16 182 PV
いやわかんないけどね、そういうこともあるかもねって、 22 166 PV
いつでも自分を疑わねばならないよねその一環で、 17 155 PV
それは危険な考えでもあるけどね、っていう 21 168 PV
なにかをするってそういうことでしょうって 20 141 PV
世界がうつくしいことにもきたないことにも耐えられないひとがやりがちな 20 139 PV
けっきょくおんなじじゃんっていうね、でもちょこっと違うのかもね 18 137 PV
そういえば、あまりこういうふうに言わないよね 22 138 PV
こういうふうにも、 17 125 PV
極論、そういうふうに、言えないこともあるいはないかもしれないけどね? 17 136 PV
こんなこと言うのもアレですけどね、 17 134 PV
こういう意識をもってくださいとか言われちゃうわけ 18 130 PV
妙な表現だけどそれは素直な実感だった 12 118 PV
ゲーム、っていうのもいろいろあるから 15 135 PV
でもそれでいいのかって話はありますけど 17 115 PV
それが生きることともいえるのかもしれない 15 118 PV
明日になれば、 17 128 PV
黎明にも黄昏にも思うべきこと 16 124 PV
時間を置くことで、 21 124 PV
なんか最近ちょっと欠けてるものってそういうこと? 14 108 PV
アナログノートに増えていく「ト」 14 127 PV
それでも、世界を愛してる 15 103 PV
ひとはひとだとは思うけどね 16 104 PV
ありきたりな言葉だけども真実だとも思ってしまう、 18 109 PV
あるいはそんなこともないのかもしれないけれど 19 111 PV
そのように感じることが、ある。心底しみて。 18 110 PV
そんな実感をする夜もある 17 108 PV
そういうことじっさい起きてるけどってね 14 99 PV
実感 14 96 PV
当たり前っちゃ当たり前のことを 15 85 PV
いまさらかの哲学者の言葉をなぞるわけでもないけれど 16 89 PV
いや私けっして料理詳しくも上手でもないのですけど 13 86 PV
歌詞のようだけどほんとうのことなんだ 14 86 PV
わかることよりむしろわからないときのほうが才能のやばさきわだったり 18 90 PV
純粋に勉強したい、という気持ちもあるのかもしれない 15 92 PV
私たちはそれでもそこにつっかかっちゃうんだけれどもね 15 79 PV
それはあるいは正義のつもりで言っているのかもしれないけれど 21 105 PV
言葉にするものは言葉にできるうちに、 17 85 PV
ふるめかしいことを、いまさらのようにおもうこと 17 87 PV
勉強をしていくためにもね、 15 88 PV
キツいんだけどもそう願うこともまた一面の真実なのよね 12 98 PV
とても似ていてたぶん非なるもの 14 88 PV
狭き門にいわゆる創作活動を重ねまして 13 93 PV
それくらいの自信をもてればいいよねって 17 98 PV
だから目指す価値があるともいう 16 86 PV
暗記法 12 94 PV
生徒と学校とおとなと学校じゃないところの関係性についてのひとつの仮説 15 89 PV
週末とかそうやって生かして生きているひといるよね 14 77 PV
現代にはたぶんそういうのが必要 12 80 PV
言われたいけどそれではいけない気もするし、だから青春はきらめきと言われるんだろうけど 15 80 PV
そんなものが刑法で確立されちゃったりしたらどうなんだろう 18 92 PV
そうかどうかはわからない 14 76 PV
これほんと向き合わなきゃって思うよ 15 85 PV
いまのひとたちのメンタルってわりとこういうことだと思うんよね 18 96 PV
それでいいのかって話はできるし充分にする必要もある 14 67 PV
微妙な言いかたではありますけどね、じつに 16 72 PV
そういうカフェがあってももしかしたらいいんでないの? 12 80 PV
知識というのは 17 83 PV
それはきっと美しくて、間違っている 13 83 PV
そういうきれいなブロックがあったらいいのにねって、あってもいいのにねって 12 88 PV
それはなんというか究極のなにかが気がして 14 82 PV
そうは言ってもなかなか普段から信用するのも大変なんだよねっていうのもわかるのだけれども 14 80 PV
そういう想像力があるかないかってとこある 16 77 PV
桜田門とか通過すると思いません? 14 84 PV
あとエレベーターで五階に行っても思ったけどね 14 84 PV
そういう励ましの方法があるのかどうかは知らないけれど 12 84 PV
その実感がたぶん伸びるのに必要なのよだいじなのよ 14 75 PV
それこそがだいじなんだと気がついた 14 71 PV
みんなそうだよって言われちゃそれまでね 14 68 PV
こわい 17 82 PV
誤字からうまれたこと 16 85 PV
てきとーさえ適当にやるのが難しい 16 74 PV
新品書店でないとなかなか味わえないこと 14 68 PV
それは強い実感 11 66 PV
それは成長ともいえることかもしれないけれど 14 75 PV
効率と人生の時間と 14 62 PV
それはつらかったともいえる 15 73 PV
疲れたときには考えてはいけないたぐいのことっていうのがあるしね 15 64 PV
それはまるで書きかけの詩のような、中途半端な過程にある人生のような 13 57 PV
それでも、ってそのあとになにが続くかはわからないのだけれど、きっとたぶんまだ 13 60 PV
それはいずこの真理なのかね 15 88 PV
いつも日常的にしていることってもしかしたらそういうこと 13 67 PV
わりと率直にそういう欲求ありませんか私はありますねとかってやつ 16 80 PV
それはどうかはわからないけれど 15 75 PV
ほんとうにそうだよ 15 84 PV
そういうものをつくるのももつのもあるいは必要なのかもしれないね 14 66 PV
流れとおなじにすすんでいたってそう思う 16 60 PV
流れゆくものとはいえ 13 53 PV
それじゃあ、どうしようか 17 60 PV
これはありきたりだけどでも決定的な生きがいだよね 17 64 PV
それは不幸とまで言わなくてもせつないことではあるかもしれない 15 58 PV
かもしれない、若さ論 14 61 PV
コーヒーフレッシュを読み間違えたの、きっとそういう気分だったのねって 14 52 PV
それは自分も奏でているからだね 13 53 PV
経済的に考えてみたってそれはよくほんとのところはわからないけれど 14 62 PV
欲望のいきつくさき 15 56 PV
解釈、代替 12 62 PV
だから真実と呼ぶ 16 70 PV
そして! 12 62 PV
真理 12 59 PV
けっきょく最終的なところはそうやって決まってくるのかもしれない 14 51 PV
だったら、どうする 16 56 PV
ポップコーンとコカコーラみたいな、さながら 14 60 PV
とあるひとのつぶやきだよ私のじゃないよたぶん 17 66 PV
マックス・ヴェーバーなんてひとがいましたけれど 10 46 PV
「いろんな角度」 11 58 PV
外部経済、と言っているのはわかるのだけど! 11 53 PV
当たり前 15 54 PV
これが気になる 15 55 PV
評判 14 51 PV
生活、そして人生 15 55 PV
ただうごかせばいいってことじゃないのかもねってね、発見してね 14 54 PV
ウェブ小説とかね 15 59 PV
強度 14 61 PV
そんなこともあるかもしんないし、ないかもしんない 14 56 PV
勉強するのに 15 60 PV
効率と、俯瞰 12 59 PV
学問と、だれる 17 55 PV
でももっと得体が知れない 14 53 PV
わかんない、わかんないけどね 13 62 PV
創作者にたぶんほんとにマジで生命としてある意味必要なもの 14 60 PV
どれが看板かって話はある 12 53 PV
午後 13 49 PV
大学や、院生で降りたひと 11 57 PV
実感 15 50 PV
「なぞのれんさい」のある意味本質 15 69 PV
なんとなく大学でもありがちなこと 15 63 PV
どっちかだけって話じゃない、そんな極端な 14 62 PV
小説というのはそれもあるけどまったくそれだけではないのだと気づいたのはずいぶんあとの時代でして 14 53 PV
先人たちに対して 13 48 PV
夏休みだからね 12 55 PV
時間のなさっていろいろさまざまだよね 14 49 PV
それはなにより不平等で、不自由で、くやしくて、かなしくて、でもだからこそとってもつよいちから 15 61 PV
責任 13 52 PV
そんなことを学生時代のやわいころからずっとずっと言われてきたよ 13 52 PV
焦燥感とのそれなりにうまいつきあいかたかもしれないし、もしかしたらそうでもないのかもしれないし 13 48 PV
現状維持ってそういうことじゃん 15 48 PV
どこか、おとぎばなしのように 13 51 PV
むかしのひとってね、 14 48 PV
時代がね、変わっても 14 54 PV
それもまた一種のちから 16 67 PV
その簡潔さにあらわされているほんとうは深くて広くて無限にも近いこと 14 52 PV
たけのこみたいな 14 53 PV
そりゃそうだ 15 50 PV
まあ真理っていうより往々にしてそういうのあるよね俗にっていうかけっこう日常的にね 13 49 PV
こんなにも、うごく 14 49 PV
そしてそれはほんとうに正しいのか 15 47 PV
語る、語りかける 12 49 PV
けっきょくこれしかない、たぶん 13 47 PV
アンチテーゼがかわいく皮肉る! 13 65 PV
カクテル 12 50 PV
それは人探しにも似た永遠ともいえるかもしれない旅 11 47 PV
自由 14 45 PV
そう言い切れるようになったらねって 12 44 PV
言うのはけっこう簡単なのだけれどね 14 46 PV
ほんとはね 14 40 PV
なんだかけっきょくそんな気もするような、しないような、でもやっぱするような 12 45 PV
ほんとうにそうなのかしらとも思うけど 12 49 PV
そういうこともあるかもしれない 13 53 PV
そういうことって、ある? 12 44 PV
いやねえ、とも思うけどそれだけではなく 11 44 PV
あるあること 13 41 PV
むずかしい 12 38 PV
そうとは限らないけれど 13 39 PV
こういうふうに言えちゃうことがいまどきもはやふしぎだねって 10 49 PV
価値観の、戦争 12 47 PV
そういうこともあるよね 13 43 PV
うん、そういうこともある 15 48 PV
適度な距離感というのが 13 46 PV
いや、なんのことかな?? 12 43 PV
それがだいじ 14 39 PV
当たり前 14 46 PV
孤独、よしあしは置いておいても 14 51 PV
火のちから 13 49 PV
そりゃ、しょうがないよね 14 45 PV
そういうことをするしかないときもある 13 38 PV
それしか、ないよね 13 47 PV
倫理というのはときにはね、 14 44 PV
当たり前のことなんだけどね、当たり前のようでいて 13 42 PV
まあ当たり前のようでいてやっぱり難しく、でも当たり前でありたい 11 44 PV
冗談のようだけど、ほんとだよ 13 38 PV
みんなあるあるだと思いますよっ、 12 38 PV
それはとっても、しあわせなことだと 14 40 PV
基礎練習みたいに、基礎体力みたいに、 12 42 PV
それはもしかしたらとってもすごいことねえ 13 42 PV
いろいろある 14 45 PV
そしてそうとも限らなくなってきた 12 38 PV
うん、 13 43 PV
つまりはそういうことかもしれない 12 40 PV
本音というかなんというか 14 36 PV
真理、あるいはそうでなくてはいけない思い込み 14 42 PV
だけが、というわけではほんとはないけど! 12 48 PV
ほんとうによくある 13 35 PV
ある意味ね、ほんとうにある意味で 12 42 PV
ふとノートにメモしてあったこと 10 41 PV
そういうのを実感したこともある 12 43 PV
批判 13 49 PV
休日とかね、思いません? 15 38 PV
それをはたしてそのように呼んでよいのかどうか、 13 37 PV
お休みの意義ってね、 13 37 PV
それはどうかはわからない 14 49 PV
それでも、なんでも、だからこそ 12 48 PV
だれでもやっているようなことだけど、じつはすごいことだよ 13 46 PV
それは危ういけれどたぶん本音 11 46 PV
知りたくもない、ってひともいる 12 42 PV
それでいいのか 14 47 PV
そういう実感があるときもある 13 47 PV
作業というのはね、 11 38 PV
のみに生きるにあらず、とは言うけれど! 12 41 PV
ほんとに 12 39 PV
ほんとうにほんとうにそれでいいのかは、わからないけれども 14 42 PV
それって日本、 11 41 PV
なんとなくね 12 39 PV
それでも、だからこそ、うめ続ける 13 48 PV
地道さが、 13 44 PV
その場合はペースが必要となる 13 37 PV
十五分もあれば世界的な有名人になれるだなんてことを言ったアーティストもいたけれど 10 38 PV
じっさいそれでやってる連載、文章、いろいろある! 11 38 PV
それだといつまでもそのままだよって 12 37 PV
そういうひとってたまにいるのよ! 9 30 PV
そうやって生きてゆくのよ 12 46 PV
実感 12 36 PV
だいじなのは、 12 40 PV
たとえそこが純粋でなくなっても、 12 36 PV
見るときだけ、見るべきね、数字というのは 12 33 PV
そういうひとって、いるよね 12 47 PV
だってそれはちがうんだものね 13 32 PV
わかってはいるんだけどねー、ってやつ 13 36 PV
それが道理、とほんとは言いたい 13 31 PV
個人的に思う、タイピングのコツ 10 39 PV
たまには、けっこう、そういうのも必要ね 13 33 PV
そうやって邂逅している 11 29 PV
ほんとはね、 12 33 PV
そういうものをつくることにどれほどの意味も価値もあるのかわからないけれど 9 34 PV
そうだよね 10 35 PV
インプットをたくさんしていたらね、 10 32 PV
そんな表現って、ある? 10 40 PV
むかしはそれいいじゃんなんでもできるんじゃん、とわけがわからなかった 11 33 PV
ただ摂るだけでよいというなら、 9 31 PV
動画とか、ゲームとかもね、 11 43 PV
そういうもんだ 9 41 PV
そういうもん 9 34 PV
そういうこともある 8 34 PV
それしかない 11 31 PV
人類、 12 36 PV
それでも、やる 10 34 PV
そういうもんだよ 12 32 PV
そんなことはないよ! 錯覚だよ! 12 33 PV
それでじっさいにできちゃえばいいけどね? 10 30 PV
それって、ほんとう? 10 31 PV
それも、ほんとう? 10 32 PV
それが本質ではないんだけどねけっして 10 34 PV
ほんとうに、よいことかい? 11 36 PV
そのためには、うめなくてはならないのだけど 11 34 PV
よく、あること 12 36 PV
そういうこと 11 28 PV
そのために、活動する、活動し続ける 9 30 PV
わかっては、いるんだけどねみたいなこと! 10 31 PV
量と質と 10 28 PV
けっきょくのところ、それしかないとわかってはいるのだけれどね 9 40 PV
間があいてしまったときには必要 10 34 PV
わかっては、いるのだけどね 10 32 PV
そういう感覚 10 38 PV
混同しちゃ、いけないこと 12 36 PV
ほんとうに、それ、というかけっきょくのところそれだけ 10 32 PV
創作活動ってそういうことある 11 34 PV
没頭しすぎていてね、 10 31 PV
それで書くっていうのも、あるかもしれないよね 12 34 PV
みんな、だれだってね? 12 31 PV
そういう幸せも、あるのよね 10 31 PV
そういうときもあるってばね 11 28 PV
とある美しい悪役が言いそうじゃない? 13 42 PV
あるよねえ 11 42 PV
暑いからね 10 38 PV
駆けて、駆けて、駆けていたら、 12 39 PV
いつも言うこと! 10 38 PV
そうだよ、そうなんだけどね 8 31 PV
割り切ったようでいて、 10 34 PV
きっとね、ありきたりだけど、 9 33 PV
重たく感じちゃうひとって、いるよね 11 35 PV
でも、それを自分自身で判断して的確にやるのは、なかなか難しい 11 29 PV
なにごともね、 9 27 PV
まれに、そういうことってありません? 9 25 PV
そういうふうにやってると、日々の価値というのがだんだん見えてくるものだ 9 24 PV
福音は、 8 32 PV
そのためには、行動すること 8 23 PV
死にたいことも、なくなってきた 10 26 PV
スーパーお昼って、なーに? 9 30 PV
それは、そうだ 10 25 PV
だすのもいいけど、 9 25 PV
そういうもんかもしんないね 10 29 PV
なれてくと、 11 26 PV
やっぱり、最後まで書いてみないとわからないことってある 9 28 PV
そういうときって嬉しいですよね! 11 33 PV
試行錯誤 10 30 PV
ほんとうに、たまに強く衝動的なほどに実感するよ、ネット小説って 10 33 PV
感、というものには注意だよ 9 30 PV
苦手 10 36 PV
「たくさん、たくさん、埋めておいた!」 9 28 PV
傲慢 11 37 PV
発見、 10 35 PV
そうやって言えることが希望 12 40 PV
気づき、発見 9 42 PV
そういう実感をもつひとも、いるよ 11 34 PV
数、って危険だよねえ、 9 36 PV
朝に、嬉しいこと 9 33 PV
謙虚というのは、 9 31 PV
なんかふしぎとそういうひとほど目立つのよなあ 9 31 PV
でも当たり前のことを当たり前と言い切るのは、 10 30 PV
弱さも知って、 9 32 PV
だってそうしないと気づいてもらえないもんねえ 8 36 PV
そんな実感 9 25 PV
そんなことも、あるかもしれないね 9 25 PV
そうして最後は、 9 27 PV
共感、あるいは物語へと 7 31 PV
そういうのが予想の範疇だったりする 8 28 PV
そんな焼きたてのパンみたいなね 8 22 PV
どんどん、やってくよ! 9 26 PV
そうかもしんないね! 8 33 PV
ためておいて、 7 25 PV
投稿サイトとか、タイミングもね、 7 25 PV
当時の記録としてね、 9 28 PV
つくって、つくってつくってつくって、 7 27 PV
そうね、 7 27 PV
どうなんでしょう? 7 30 PV
ときにはそういうこともだいじね 7 31 PV
要注意だね、 8 25 PV
うん、 8 28 PV
疲れたときにはね、 8 25 PV
小説執筆のコツのひとつってね、 7 30 PV
ある種の、実感 6 25 PV
ほんとうか? 8 22 PV
ふつうはね、ふつうのひとはね、 8 28 PV
おもしろい! おもしろい! 7 27 PV
そういうことね、 6 27 PV
そういう本音も、あるよねえ 8 30 PV
生きていると、感じるよねえ。世のなかとか、 9 23 PV
ほんとだよ 8 29 PV
認めたくないけれど、いつもどこかでは意識しておかねばならないこと 10 26 PV
文学って、懐が深いのよ 9 30 PV
その通り、 7 27 PV
そりゃ、そうだ。そうなんだけど! 9 31 PV
そりゃそうだ、そりゃそうだよ 8 29 PV
あるある! 10 29 PV
ほんとうにね、 8 29 PV
たとえ夏休みじゃなくっても、 8 30 PV
理想と現実はかなり食い違うもんだ、 10 23 PV
早起きできたときとか、調子のいい日には、 7 22 PV
ある程度やっちゃえばね、あとはおのずからね、 8 22 PV
ほんとにね、 10 21 PV
いつもそうだよ、 9 24 PV
じっさいにどうかはおいといても、そういう気持ち 8 28 PV
「天使作家」と名乗りたいのであればそれは、そのくらいのことは、 8 26 PV
ついつい具体性に欠けちゃうね、どんどんどんどん抽象的になってしまう、 7 28 PV
成果というのは、 7 28 PV
それはそう、だから地道にやるんだから 9 26 PV
だから、 8 23 PV
たくさん、たくさん、 7 26 PV
こういう試みが、 7 32 PV
もっと気楽に書ければいいのにね、 9 23 PV
未来のことを向いてくよりね、 8 22 PV
そうやって自分を励まさねばいけないときも、ときにあるよね、人生 8 31 PV
どんどんどんどん、どんどんどんどんね、 8 34 PV
嬉しいことでは、あるかもしれないけど! 8 26 PV
文体はね、文体だけのことならば、 10 32 PV
ほんとうにね、 7 26 PV
だから、気をつけなくてはならない 8 30 PV
価値観が合わなくても、 8 34 PV
それってだいじ 8 25 PV
ほんとうだよ、 7 27 PV
掲載していく、載せてゆく、読んでもらいたいもの、こと、 8 32 PV
そういう意味では、そういう意味でも、 8 41 PV
そういうことも、あるかもしれない 8 38 PV
とあるありうるプロポーズの言葉、 10 43 PV
日常、 8 34 PV
たまにはそういうときもある、 8 30 PV
ふふ、っと、そこに自分らしさがあるだなんて、 9 26 PV
文章だけで表現するとは、 8 24 PV
そのハングリー精神を、 9 25 PV
言われなくとも! 7 23 PV
ほんとにね、 8 26 PV
泥を、掻き分けるかのように、 7 27 PV
ほんとうは、それが理想なのよね 9 31 PV
それが、ある意味書くことともいう 7 26 PV
口いっぱいに詰め込むように、 8 30 PV
時間とのつきあいかたね、 8 32 PV
やっとね、 6 26 PV
ちょっとずつ、ひとつずつ、 7 21 PV
「ひとは、適切なひとたちのところにいないと、」 8 29 PV
そういうひとってね、いるよね 6 29 PV
下書きが、 6 24 PV
「それは貯金と考えればいいんだろうけど、」 7 26 PV
「そうやって自分で作戦を立てられることが、嬉しいのよ、」 6 27 PV
むかしのえすえふ、いまのえすえふ 7 26 PV
もういいや、 7 25 PV
往々にして、ね 6 23 PV
自分の文章ばかり読んでいると、 6 25 PV
待つ、ということを、覚えなくっちゃいけないよ、 5 24 PV
みんな、すごいのよねえ、 7 22 PV
才能人間は、 8 29 PV
美学なんていうのは、 9 39 PV
しみじみと感じる、ひとというのは、 7 27 PV
相互によい影響を、 7 28 PV
それでもね、 7 29 PV
作品を書くときにだけはせめて、 8 33 PV
自分を規定しないで、 7 29 PV
それはそれでいいのかい、 6 30 PV
嵐のように過ぎ去る日々のなかで、 7 34 PV
そりゃそうなんだけども! 8 37 PV
あるひとの、ある言葉 8 22 PV
私にある確信は、 6 23 PV
きょうは、きっと、 8 23 PV
読みたいものは、読みたいものなら、 9 26 PV
実感、 6 19 PV
こういう文章なら、人生の実感ならね、 6 19 PV
そういうのが、直結すると、 6 24 PV
そういうもんか? 6 19 PV
古典化していってしまう、 7 24 PV
そうでなければ、 6 25 PV
いろんなことが起きていて、 6 20 PV
最適なタイミングで最適な作業というのが、 6 18 PV
客寄せパンダになるからね、 6 20 PV
そういう時代 7 27 PV
だからそうしろってわけじゃないんだけども、 6 19 PV
学びにまみれて、 6 18 PV
ひとには違う価値観があるというのに、 7 22 PV
心もとないグライダーでも、 7 21 PV
そういうのは自分で集めるしかない、 9 24 PV
歴史ってべつにむかしだけのことじゃなくてね 7 29 PV
やらなきゃいけないことは、 8 21 PV
カクテルのように、 6 20 PV
貯金で、どうにかやっていってる 7 24 PV
ちからになる、ちからになる、 7 20 PV
これからなにかが始まる予感って、 6 21 PV
そうやって連鎖反応が起きるのが、 5 23 PV
「ヘシオドス」を変換しようとしたら、ふっと 5 36 PV
自分が書けば最先端とか、 6 25 PV
忙しいというのは、 7 19 PV
そんなことはね、そんな選ばれしひとしかできないなんてわけはないよ、 7 25 PV
「カクヨム」って打とうとしたんだよ! 8 24 PV
疑問 8 26 PV
感想ももらえて、成果も残せる、 7 25 PV
数日遅れの思考をね、 6 22 PV
それを、貫け! 8 26 PV
ここまでやったら、 7 24 PV
書きたいことがいっぱいたくさんあってね、せめて忘れないように、 6 27 PV
ゆっくりでもいいじゃない、進んでるのならば、 8 22 PV
そういう生きかただって、あるはずだよね 8 18 PV
その言葉が、すでに抽象的! 7 17 PV
アリストテレスについてみんな言うよね 8 21 PV
「意見がもらえないって、かわいそう」 6 23 PV
そういう実感のある時間は嬉しい 7 18 PV
歴史はほんとうはつねにそうなのだけども 7 23 PV
なにもかもを、 7 21 PV
書きたい、 7 17 PV
ストックづくり、 6 17 PV
物語を書くことは楽しいかい? 7 19 PV
たぶんAIとかシンギュラリティだし、 7 22 PV
バレないためには、 7 22 PV
ながれだした 6 18 PV
社会のこと、 6 22 PV
読みたいならばね、 8 20 PV
学校は、やっぱりなー、 7 21 PV
もう! 6 25 PV
下書き機能を覚えてから、 6 59 PV
長い長い、青年時代のたとえ 6 26 PV
焼け石に水でも、 7 21 PV
なんでも、メモ帳 7 28 PV
やっぱり、って、教育って社会の最先端の感覚なんだなって、 6 20 PV
そういうのがやっぱりじっさい年配のひとの感覚なんじゃないの? 7 21 PV
たぶん教育って変わっていくけどたぶんねある一定のところではねって 7 23 PV
そんな教育が実現するかどうかはまだわからないけれど 6 21 PV
冷笑的ではない政治とかは、 7 24 PV
ウェブ小説だけではなくしてね、 6 24 PV
自由であることを実感するには、 6 27 PV
アクティブであってもね、それと同時に、 6 27 PV
もちろんそれがあることはある種の作家としての前提というか宿命というか祝福ではあるのだけど 7 26 PV
人間として生きている、人間を育てていく、人間どうしとして生きている 7 25 PV
「そういうところがあるひと、だよね」 6 29 PV
「きょーしゅく、きょーしゅく!」 6 28 PV
悪意をもって、 7 28 PV
感じる 7 18 PV
カフェは、しゃべるところでもあり、 7 26 PV
「報道関係のひとは、」 7 20 PV
やることいっぱいありすぎて、 5 19 PV
「楽しかったりする」のなかには、 6 24 PV
たとえあなたが物語に巻き込まれていても、 6 26 PV
となりのひとだって、 7 23 PV
そのひと自身という、 5 19 PV
ぴゅっ、と思いついたものは、 7 27 PV
学ぶ者としての、 6 23 PV
成長していくことに必要なもの、 5 17 PV
読む、書く、学ぶの、 5 17 PV
なんか急に頭に浮かんだ 7 22 PV
そうしてでも前に進まねばならないときある、重たいものをかきわけて 6 19 PV
人に見られたいという欲望だった 5 21 PV
ぱーふぇくとひゅーまん 6 21 PV
むかしのことに、 6 20 PV
時間がね、 6 20 PV
それで熟させるのが勝負 6 21 PV
やべーやつ 7 22 PV
「達者でな、それでいいよ」 6 23 PV
往々にして、ね 6 22 PV
書き続けるのは、 5 28 PV
いまさらながら、こうスマホやタブレットにあるじゃないですか、二台持ちとかもっと持ちも当たり前な世の中だけど、 5 28 PV
それは一見いいことでしかないんだけど、ときには阻むものともなる 5 20 PV
たしかに、電車のなかにねえ、 6 21 PV
あるときにひとを救ったことは、 7 25 PV
そこまでいくと極論だとは思うけどもねえ 6 21 PV
「私が、こうありたい、ありたいとかなんて書いたものは、」 7 21 PV
叫んでいれば、 6 28 PV
あのさあ、 5 23 PV
いっぱいあることは、 5 24 PV
やはりいまの世の中がどういうものかわかっていなければ、 5 24 PV
反応をたくさんもらって、 5 21 PV
そうやってひとに言っちゃうことがすでにそういうことなのかもしれない 6 26 PV
いま、なにを書いてるかがわからなくとも、 5 20 PV
気にするなよ、 6 21 PV
さらなる経験値だまりをめざして、 5 24 PV
あんまり、ひとの意見を聞いていてもなんだけど、 6 21 PV
その理論は突き詰めると、 7 30 PV
現代では、 6 23 PV
絞られる感じは、 6 27 PV
そういう熱が、 5 21 PV
やっぱりさ、学校っていうのは、 6 36 PV
そのいち動作で、 6 26 PV
あるなあ、 6 29 PV
そんな覚悟は、しなくてよくない? それとも、ほんとうにそういうことなの? 5 25 PV
スマホに慣れるとね、 7 21 PV
それが「かわいそう」だと、思うひとと、思わないひとと、もしかしたら、なんだかどちらでもないひとと、 5 25 PV
そういうふうに感じてしまうとき、あるんだよねえじっさい 7 24 PV
それをすぐにマウントとか捉えちゃうから、 5 28 PV
ちょっとつつくと、「あーら、こわれちゃう」とか、 6 31 PV
こう、 6 25 PV
そうやって語り継がれるひとにだけ語り継がれればよいとも思うが、 6 19 PV
その視線が、 6 27 PV
過ぎる一瞬一瞬が価値あるように過ごさねばならない、 6 42 PV
「そもそも」って、 5 24 PV
そういや「ゲシュタルト崩壊」って、 6 31 PV
連載をつづけていると、そういうことになる場合もある! 6 30 PV
あとでね? 6 22 PV
ひとの意見を聞かないことで、 5 26 PV
コミュニケーションのためのコミュニケーションなら、いらない 5 21 PV
「私みたいに、」 7 23 PV
ああ、きょうも空が、 7 24 PV
ほんらいは他人だったものが、 6 24 PV
ひさびさに、言ったよ! 7 27 PV
当たり前のことを、あらためて自分で確認してみる 7 32 PV
どんな戦略をとるのも、ウェブ小説では、 6 23 PV
でも、ほんとうはその自由さは、 6 20 PV
帰り道に、愛しいひとと待ち合わせするときの、 6 26 PV
かたくてぶち破れそうもない壁でも、 7 31 PV
自分が特別だとしか思えないところが、 6 27 PV
民主主義だと、 6 28 PV
お願いだよ、 5 25 PV
それはね、やってる気にすごくなってるだけで、 5 28 PV
PVがリアルタイムに増えてって、 7 25 PV
覚えてないのもあったりする、 5 28 PV
無駄なもの、こと、なんてない、というのは、たぶん、一種ほんとうだけど、 6 26 PV
やっぱりなにを成し遂げるにも、 7 27 PV
途中からはじめて、そんでそこからだって、 6 32 PV
「みんな」に愛されたことだなんて、 6 33 PV
この世の大半の物語ってさ、 6 27 PV
ありきたりなことなんだけどね、破れること、 5 28 PV
ふしぎな実感、 6 30 PV
そういう告白の、仕方もあるかもしれない 6 29 PV
なんならね、 6 35 PV
深い話ができるっていうかね、 5 31 PV
莫大で膨大ともいえる時間を使いつつ、 5 23 PV
粘りづよく、根気づよく、 6 27 PV
やっといたほうがいいよ、 6 21 PV
一見単調作業に見えても、 5 28 PV
存分に作業をしたときの続きの時間は、 6 23 PV
文章は、世界は未来はいつでも、いまでも、 5 25 PV
自分自身って、 6 21 PV
おおむね、私は、私の道に、戻ってきたなと思うけど、 6 23 PV
ぱろでぃ。「同情するなら、」 7 22 PV
女子高生から女子大生への変化って、 6 29 PV
文しかない、と言われるのが、 5 22 PV
それってたぶん怖いんだよねえ、 7 21 PV
時間の価値が、 6 21 PV
だから、若いうちにはじめとけというのは 6 21 PV
金曜の夜は、 6 22 PV
いろんなところに遍在するのが喜びでもあるのだから、 5 21 PV
べつに、 5 24 PV
文章には、そのひとも、なにもかも、 7 24 PV
正直なところ、そういう外野が、 5 23 PV
メール文化があったから、 6 23 PV
たぶん、拾えるものは、 5 25 PV
ときには必要とされるのは、 5 20 PV
現実感を、 5 21 PV
いまの感覚、なのかな 6 29 PV
高校時代は、 6 24 PV
私には感受性があるんだという、 5 22 PV
歳をとると、 7 28 PV
好きにできないと感じてるからこそ、そう言うのよね 6 27 PV
内面がきれいだから、外面はどうでもいいじゃんというのは、 6 31 PV
やることがたくさんあって、 5 22 PV
でも、時間のメリハリができることは、 5 26 PV
言葉が、こういう言葉なら、 5 20 PV
半年ぶんくらいなら、 5 24 PV
若いころは、 5 28 PV
うーん!! 5 26 PV
いとおしい、って私のスマホそのように打たんと出てこんのよ 5 22 PV
そこにあるだけで、 4 21 PV
けっきょくのところ、 5 25 PV
アイデアというのは、 6 34 PV
私にとって東京は、 5 27 PV
自分の思考にね、 6 29 PV
空には、 4 29 PV
問われるよ 6 30 PV
見出だされるのを、 6 28 PV
連鎖反応が、 5 27 PV
祈りのようにしか、 5 29 PV
コーヒーを、お茶と間違えてごくんといっちゃうと、 5 24 PV
なんで 5 30 PV
日常になっちゃえばね、 5 26 PV
変人には、 5 22 PV
「悪いけど、正直そんなひとを、」 5 24 PV
音が汚くなるときというのは、 5 23 PV
そういうのが、こわいときある 5 26 PV
ひまな時間なんて、 3 26 PV
ゆっくり、ゆっくり、たがやす、 4 20 PV
まあ、 5 24 PV
あー! どくしょ、 5 24 PV
先にやってくことで、 4 19 PV
ほんとうのかなしみは、 5 23 PV
なんかけっきょくそういうふうに思っちゃう場合 6 19 PV
小説を書く人生を選んでいると、 4 16 PV
もっと自分の声の心の叫びを、 5 20 PV
なんども、おなじようなこと言ってるけれど、努力は、 5 18 PV
ネット小説は、 5 16 PV
書くことをほんとうに生きがいにしていて私は、 4 20 PV
にじゅうななとかになっても、 5 20 PV
ひたすら、待ちの姿勢は、 5 23 PV
好きで書くもののほうが、 6 31 PV
いろいろ、いろいろ、いろいろいろいろあるなあと感じるけれどウェブ小説も、 4 23 PV
人間の闇というのはね、 6 28 PV
どうやって成長したのかわからないと言われることが、 5 21 PV
いつでも福音がきてもいいように、 5 23 PV
頭のなかにあるもの、 5 20 PV
そうやってウェブ小説とかでつくりあげたものや、ためこんだものは、 5 20 PV
もっと、 6 17 PV
下地づくりだとは、 5 18 PV
だから、だからこそ、 5 17 PV
お金をかけなくても、 5 17 PV
自分の感性を信じきっているようなひとは、 4 19 PV
毎回毎回、いつの時代も、 5 20 PV
自分の天才性に溺れてしまったひとは、 5 24 PV
だからこそ、尊い。教育っていうのは、 5 20 PV
自分でやるべきことやってんなら、 5 23 PV
きっと、 4 20 PV
それは、弱さ 6 18 PV
いまは、ウェブ小説のある時代でもあるから、 4 18 PV
若さというのはとんでもない武器でもメリットでもあるけどね、 5 18 PV
十分な疲労には、 6 18 PV
家事とお風呂は、 4 21 PV
作家になるのは、作品がなければ、 4 19 PV
異性の恋って、正直ね、 5 21 PV
そういうのをね、まず、 4 22 PV
健康のためなら、 5 19 PV
本を買って、 6 18 PV
早く本番をやろうよ、 4 15 PV
「マウントとられがちなひとは、」 4 18 PV
説教なんか求めてないのに、 4 21 PV
なんだかなんだかたとえその中身は忘れてしまったって、 6 17 PV
なんか、高校生って、 4 18 PV
ゴダール、トリュフォー、ラリック、コクトー。 5 20 PV
ぜいたく!! 6 15 PV
ウェブ小説の強みってーのは、 7 25 PV
「みんなの期待のためにも、」 7 16 PV
なれているものしかかみくだけなくなったら、 7 15 PV
「傾倒」と、検索すると、 6 20 PV
なんだかすっかり、 7 17 PV
いろんなプロがいろいろいて、 7 24 PV
そう感じるときだって、あるよね 7 21 PV
時が経つのが、 6 20 PV
誇りをもとうと思えば、 7 25 PV
時が止まるのが承知で、 6 25 PV
そういう生ぬるい欲求が、 5 23 PV
チャンスは、 6 24 PV
求めてもないアドバイスを、 6 21 PV
小説が求められるのは、 6 21 PV
ただ、 6 24 PV
それで作業した気になってるのはいいけれど、 5 28 PV
自分のストックは、 6 32 PV
これがわかんないひとは、 7 21 PV
時代が、めぐりがいいときは 7 22 PV
新しいことを、したいの? 7 22 PV
そのために、 7 20 PV
そうやって、 7 20 PV
読み返すのも、 8 19 PV
だって、 6 21 PV
アンテナを、 7 23 PV
いろんなことを知って、もがいて、達成した気がして、 6 25 PV
興味があることをするのが、 8 22 PV
あくまでも、 8 27 PV
栄養を、 7 25 PV
おそれ多いものを 7 23 PV
状態 7 22 PV
いるよねそういうオタクのひとも 7 24 PV
言われると、うるせえ!! ってなる、でもたまにはひとには言いたくなったりしないこともない、 5 25 PV
一生というものの、ある意味言い換え 7 19 PV
栄養が、 7 19 PV
よくあるよね作家についてのそういう誤解! 7 22 PV
私に、 6 26 PV
完成原稿をつくるのは、 7 19 PV
がんばってる気になってるのは、 5 15 PV
自分自身の文章だけが、 6 21 PV
頭がふにふに、くたくたになるまで、 5 17 PV
他人、というものが、 7 17 PV
孤独かもしれないけれど、 7 18 PV
そもそもが、 7 17 PV
出会いは、 6 18 PV
そういうときも、ある 6 16 PV
自分のご機嫌くらい、 6 18 PV
言葉で捉えきれないものを、 6 21 PV
自分より若いのに、自分よりつらいみたいなひとが、 6 19 PV
自分というものが、 7 19 PV
頭が、錆びついている、錆びついた頭を、 7 21 PV
それが、そういうことのみが、 7 15 PV
怠慢は、 6 15 PV
やはり、インプットをすると、 5 18 PV
そして、アウトプットすると、 5 16 PV
インプット、アウトプット。要は、 6 19 PV
ウェブ小説って、とくにカクヨムって、 6 28 PV
なにごとも、ちからになるんだなって、 6 18 PV
そこで、 7 23 PV
ごりごりと、 7 23 PV
書いてゆくなかで、 6 19 PV
いったんなにかが離れても、 7 19 PV
文字が、 5 25 PV
ひとつひとつ、 5 21 PV
学習というのはいつでも不完全で、 5 24 PV
けっきょくのところ、 7 19 PV
だまし、だまし、 7 23 PV
自分のなかでは、 4 17 PV
けっきょく人間は最後の最後の最終的なところでは、 5 20 PV
やっぱり、 6 20 PV
やっぱり、原体験がないと、 4 20 PV
「ひとつひとつ、片づけてゆくしかないのだ」 5 20 PV
展覧会とか、ありすぎて! 6 17 PV
こそっと、 6 13 PV
いっとき、そういう言いかた流行らなかった? 5 14 PV
やりたいことを、ほんとうにやるためには、 6 12 PV
いつでも受け身ができることが、 6 14 PV
続けて書き続けているときにのみ、 4 18 PV
新しいものを書かなければ、 4 15 PV
とりあえず連載の雛形さえつくっておけば、 4 16 PV
たぶんね、っていうと、いつもあるキャラクター思い出すの、 4 28 PV
自分自身を、そうやって、 5 22 PV
文章の息抜きに、 5 20 PV
勉強ったって、 6 20 PV
哲学専攻らしく、 5 18 PV
バランスのよい生活を、 6 18 PV
読みたいのならば、 5 15 PV
たとえばいちにち三十分程度哲学の勉強をするだけでも、 6 20 PV
仕事で救われるひとだって、 5 23 PV
渇くように、 5 18 PV
そしてまた渇くように、 5 17 PV
その渇きはまた、 5 25 PV
なんでも 5 20 PV
魂を削るためには、 5 15 PV
手癖、口癖、 4 15 PV
「自分が主人公になれた気がして、」 4 13 PV
小説を書く時間がね、たっぷり、たっぷりあるならばね、 4 13 PV
自分を知ってゆけるのは、 5 17 PV
こじらせちゃうと、 5 16 PV
ひとつひとつ、 5 18 PV
そういう言いわけも、あるかもしれない 5 22 PV
石にも岩にも思えるものを、うがつには、 4 17 PV
コーヒーは、 6 13 PV
チャンスというのは溢れすぎてて、 4 23 PV
だんだんと、 5 22 PV
歳をとって、残るものと、 5 16 PV
文章を、小説を書いているときが、 5 15 PV
どんな記憶も、振り返れば、 5 17 PV
最近、思うんよね。課題も、 5 17 PV
創造というのは、たぶんほんらいは、 6 21 PV
「やってる気になってるようなだけのことでも、」 6 19 PV
膨大な時間、 6 18 PV
じりじり、 5 20 PV
いつもお世話になっております! 6 16 PV
「完全に私の義務教育が敗北しているわ……」というメモとともに添えられていた、 6 38 PV
ずっと、そんな気持ちで焦がれている。人間を、 6 17 PV
書いてますねディストピアを日々 7 25 PV
知識がね、 6 20 PV
五分で、十分で、 7 17 PV
日々を一生懸命過ごしているのなら、 6 18 PV
いつのまにか、蝉の合唱にかわって、 6 30 PV
いくらでも、 6 22 PV
もう、こうなれば、 7 23 PV
「ある意味では、書くことだけが、」 7 31 PV
「だから、」 7 18 PV
そういうのが、効いてくる 7 22 PV
いろんなものごとに、顔を突っ込んでいるから、 6 25 PV
いまやることを、 6 22 PV
取り巻いている環境を、 6 17 PV
バックアップも、 6 16 PV
感性が、 5 17 PV
そのステップを、 6 17 PV
どんどんどんどん、 5 14 PV
まっすぐ進んでいくのと、うねうね進んでいくのとは、 7 13 PV
どんなに巨大で頑丈な壁に思えても、 7 22 PV
相互作用 6 19 PV
価値観に意見されるのが、 5 15 PV
なんだかんだで、 5 16 PV
「さあそして、たくさんのことを狙いに行くよ、」 5 15 PV
いのちを 5 18 PV
なんでも、かんでも、 5 15 PV
ここでなら、 4 17 PV
なんと、いうことなのだろう。表現したいことが、 4 18 PV
精神的に多動なので、 6 14 PV
「ひろがる、ひろがる、」 5 14 PV
いつのまにか、 5 16 PV
自分がぜんぜん救われない言葉で、 6 14 PV
自分をたいせつにしてる感があると、 5 18 PV
単純に、量と結果が、 5 17 PV
ウェブ小説をやってるというよりは、 5 24 PV
みんなよく言ってるけれど、ほんとその通りで完結させるっていうのは、 5 22 PV
カクヨム利用者の百パーセントはぜったいに例外なく、 5 23 PV
代表作が、 5 15 PV
すこしはね、締め切りにね、 4 23 PV
締め切りとかに、余裕もってやるのだいじよ。だって、 4 18 PV
小説を書くのは、ときに苦しく 4 21 PV
それでも、 4 13 PV
そんな健康法、ある? 5 15 PV
あるよねえ 5 16 PV
時は、 6 17 PV
満たされないひとは、 5 16 PV
はー! 一日じゅう、勉強がしたいー! 4 16 PV
やっていれば、 4 15 PV
いまにして思えば、とてもしみること 5 12 PV
「時間が、足りない!」 4 17 PV
自由にね、ある程度、自由に、 6 18 PV
そんな時代は、もう過ぎた 4 20 PV
どうして、人それぞれであることを、 5 25 PV
落語を英語で読んでいた、 5 24 PV
とりあえず、ワークスペースに、 4 18 PV
やっぱり、休憩とか休みってだいじだ 5 21 PV
ある種のプロフェッショナルたちが、 6 22 PV
ウェブ小説は、どうしても、 4 19 PV
長い長い、迷路や、暗い道のはてには、 5 18 PV
ひとつひとつを終わらせていくことは、完遂していくことは、 5 25 PV
なにごとも、健康と思えば、 6 20 PV
小説は、そのときはいったんはとても苦労して、 5 24 PV
「どう書くか、もだいじだけれど、」 6 22 PV
割りきっては、 5 22 PV
たくさんやるのはもちろんだいじだし前提だけれど、 5 17 PV
ちゃんと、内容の、 4 18 PV
「成果は、これから」 5 16 PV
だいたい、一日にできることなんて、 5 21 PV
いっこ、いっこ、まくまくと、 5 18 PV
時間が、ふえれば、ふえるほど、 4 20 PV
最近、あまり緊張することなしに、 4 16 PV
止まっている時間が、時計が、 4 17 PV
そのテーマに対して、 4 18 PV
つんどく。読むものがたまっているという状態が、 5 18 PV
まさに、そう呼ぶのがふさわしい、かもしれない 4 22 PV
いろいろと片づけていくことで、 4 16 PV
やっぱ、キャパがうまっていると、 4 17 PV
さあ、準備、準備準備準備準備、 4 20 PV
チャンスを、 4 16 PV
ルーズリーフに残されていたメモ 6 19 PV
そりゃ、そうだ 5 17 PV
じっさいに戻ることはないしじっさいにそうするってわけではなくしてね。学校、 5 20 PV
反応がないからって、 5 19 PV
ただの作業みたいなことを、それでも、必要なときには、 5 19 PV
下書きを、 4 18 PV
それが、いずれ、 4 18 PV
ひとつ、ひとつ、片づけていくと、 6 15 PV
あんがい、つめつめじゃなくて、ある程度余裕もってゆーったりやったときのほうが、 5 16 PV
さあ、いまは、 5 16 PV
題材なら、 4 17 PV
やること、やらねばいけないこと、学べることは、たくさんあるのに、 4 18 PV
音も、 5 18 PV
なにをするにも、 4 18 PV
やりたいことがあるのならば、 6 14 PV
けっきょく、そのへんの塩梅は、 4 19 PV
「健康に、なりたい!」 6 17 PV
「歯を食いしばって、」 6 18 PV
表現が、 4 15 PV
強く、 5 18 PV
見つけるひとはね、 5 15 PV
作家でもあり、 4 16 PV
中身を、 5 13 PV
ゆめおいびと 5 19 PV
新作も、古典も名作も、読みたいし、 5 14 PV
とにかく、ほんとうは、 4 16 PV
最初は中身が伴わなくってもだいじょうぶだよ、 4 18 PV
わーい、わーい!! 6 19 PV
いっぱいの、たくさんの本を、 6 14 PV
ひさかたぶりに料理なぞしてみた 6 17 PV
作家についての暴論 4 17 PV
時間を無駄にしようと決めたときにどんだけほんとほんとうに時間を無駄にできるかでいろいろ決まる 4 15 PV
「作家だからわかってなんて、」 4 20 PV
眠くなるまでゲームしようとか思える嬉しさ 5 23 PV
なんとなく、更新タイミング、 5 15 PV
日々やっていくことを、 6 19 PV
カクヨムは、 5 18 PV
いろいろなものに見て、ふれ、 6 17 PV
ゆっくり、まったり、 6 21 PV
もうこれ以上ないってくらい、 5 22 PV
「群れるのは嫌いでも、」 6 20 PV
ひとつの成功体験が、 4 20 PV
それは失敗体験も、 5 20 PV
痛さを、 6 20 PV
書いて、書いて書いて書いて書いて書いて書きに書きに書いて、 4 20 PV
つよいやつと、だいたいともだち 5 22 PV
やみくもにやったって、 6 22 PV
そしてやみくもにやらなければ、 6 20 PV
「運命なんて、」 5 19 PV
どんどん公開していかないと、 5 25 PV
やるべきことをやっている、という、 4 19 PV
するりっておつまみつまむみたいに、 4 21 PV
待つのもいいし忍耐も必要だけれど、 5 21 PV
チャンスは、そうしたら、 4 22 PV
未来になれば、 5 25 PV
あー、やっぱりね、勉強、 5 20 PV
そうだよ、そうだよそうだよ今年の私の目標は、 5 14 PV
更新方針を、 6 14 PV
いつでも他人から重要人物として丁重に扱われたいと、 5 17 PV
そういうときもあります 7 21 PV
放置していれば育たないものもあるけれど、 6 23 PV
着実に、でも、すこしずつ、確実に 5 21 PV
短いなかでも、少ないなかでも、 5 15 PV
世代的に、世代別に、 6 18 PV
「やる気に左右されるのではない」 7 22 PV
べつに、そこに置いておいて、 7 19 PV
性癖に気づいてしまった瞬間、 8 23 PV
やるべきことを着実にやって、 7 20 PV
なにごとにも、準備は、 7 21 PV
一進、一退しながら、 7 16 PV
ゆっくりするのもときにはだいじで、必要だけれど、 8 19 PV
まだ発展途上であるにしても、 6 17 PV
「ソクラテスは、」 5 15 PV
フランスのアートでは、 5 16 PV
ところで諏訪湖のほとりの美術館たちは、 6 16 PV
今年のテーマは、 6 13 PV
やることを、やれるところまで、 7 20 PV
ソクラテスって未来人みたいだ 6 18 PV
才能があれば、才能さえあれば、 5 22 PV
だんだん、未完になることも、 5 18 PV
そういうひとって、いるよね、たまに 5 17 PV
なんでも、肥やしになる 6 33 PV
頭くたくたになるまで勉強することは、 6 16 PV
がりがりがりがりがりがり、 7 21 PV
ところでガリ勉って、 7 20 PV
うるせえよって、 7 23 PV
「今日ちょっとだめだったとかそんな日があっても、」 8 22 PV
「人間なんだからさあ、」 8 16 PV
思考の、思考の、 6 20 PV
「時間、時間、時間がほしいよ、」 6 16 PV
「あんがい、つめつめのときのほうが、」 7 17 PV
タイムラグがね、 7 13 PV
例外者の、つらいところ 6 20 PV
もしかして、自分は、 5 15 PV
はー、勉強が、 7 14 PV
下書きで書いてゆくぶんには、 7 18 PV
「だれも、起きてるだなんて、思ってないでしょお、」 7 16 PV
歴史って、そういうもんだよ。めぐるよ、 7 19 PV
「インプットが、多くって、」 7 17 PV
ほかのやるべきことを犠牲にしてやることなんて、 7 18 PV
かうんとだうん! 7 16 PV
いち、 6 22 PV
せん!!! 8 16 PV
そして、せんいちわも? 7 21 PV
そういえば、アラビアンナイト、 6 18 PV
青い鳥文庫、 6 16 PV
衝動的にやりすぎたって、 6 20 PV
そんなことより、 5 15 PV
もりもり、もりもりもりもり、勉強する、 5 16 PV
ひとつひとつを、課題的に乗り越えていくことによって、 6 19 PV
ただ楽しくて、楽しくて、 6 17 PV
世のなかのなかに自分の意見をのびのび言えるところをひとつでもつくること、 6 20 PV
アルバムを、何周、何周、あるいは何十周もして、 5 18 PV
体系的に、まとめていくこと、 5 16 PV
それはたしかに、 5 18 PV
しがみついて、 6 15 PV
勉強していると、くたくたになって、くたくたになるまで勉強していると、 6 26 PV
ひとつのことに集中するほうが、 6 15 PV
たとえ、その間、ほかのことができなくっても、 7 15 PV
そうやって、無限生産、 6 20 PV
衝動で、衝動でだけやっても、 6 21 PV
数学も、ずっとやってると、 6 18 PV
小説は、いつか、書くとか、ないんだよ、 7 14 PV
しかも、しっかり、 6 21 PV
さあて、あしたも、 7 17 PV
自分自身を軽蔑する気持ちは、 6 20 PV
だれしも、 7 18 PV
ストイックさも、 7 15 PV
あふれる気持ちが、 7 23 PV
相対的評価から逃れて、 6 17 PV
この世に、語りたいことが、 7 18 PV
いつでも、 7 17 PV
自分の書いたものを、 7 19 PV
文章は、あればあるほど、 6 22 PV
ちょっと、やりかたを、 7 19 PV
疲れるときなんて、だれだって、あるさ、 7 18 PV
身を、身を、 7 19 PV
安心するためだけなら、 7 19 PV
そんなに、 6 21 PV
心のおもむくままに、 8 20 PV
ただどうしようもなさがあるだけだし、 7 20 PV
「ばかみたいだ、ほんとうに」 6 16 PV
自分の表現 7 19 PV
仕方ないだろ、書いたものが、 5 27 PV
カクヨムが、好きねえ 7 23 PV
つねに、試行錯誤と修正は、 5 16 PV
「お金があったら、」 5 18 PV
インプットとアウトプットのバランスが、崩れると、 5 19 PV
生きれば生きるほどよくなるというのは、ほんとうは、幻想でしかないのだけれど、 6 16 PV
地道にね、 6 16 PV
でもよくばりすぎるのは、 6 17 PV
いつのまにか、 6 19 PV
頭のなかからいろいろ追い出すと、 5 17 PV
そう、今年の目標、ってか今後ずっと意識しなくちゃいけないこと、 6 18 PV
既存のことをうまいこと終わらせないと、 6 19 PV
休憩というのは、 7 18 PV
休憩というのはね、 6 18 PV
やる気に支配されるのは、だめだけど、 6 21 PV
やりたいことを、やっている 5 17 PV
上限なんて、 6 14 PV
衝動性が抑えられてしまえば、 6 17 PV
山菜とかが、 6 15 PV
無理をしないのはだいじだけれど、でも同時に 6 21 PV
それがどうかはわからないけれど 6 16 PV
「コーヒーを飲みながら、受ける授業が、」 7 17 PV
「やっぱり、授業を受けることによって、」 7 19 PV
「肩の力を抜いて、」 6 19 PV
「ああ、」 5 16 PV
「生きてるだけで、生きてくだけで、」 7 15 PV
「もっと、もっと、もっともっともっともーっと、」 6 15 PV
「だらだらと、」 5 14 PV
べつに、勝手に置いておいて、 6 15 PV
「ホームグラウンド」 5 13 PV
勉強を、けっして、 6 15 PV
「ほんと、このホームグラウンドに戻ってきた感、」 5 14 PV
生活を、隅々まで食らいつくす勢いで、 5 20 PV
知らないということを、知るということについては、 6 18 PV
本を読んで、 6 17 PV
いろんな世界を、 7 17 PV
あるいは、 6 15 PV
そういえばだれかに惚れ込んで憧れて入れ込んでおんなじ学校に通ってみるとか、 6 21 PV
いろいろな世界にいる証拠を、 6 18 PV
読めないほどの、 5 16 PV
あんなに見たかった映像媒体も、 6 13 PV
ここは、思考の、 6 17 PV
思考を、 5 19 PV
言ったことを、 6 17 PV
更新すれば、 6 16 PV
「未熟は、」 6 20 PV
のんびりと、 5 21 PV
ラジオを、 5 15 PV
漫画を文化活動として、 5 18 PV
運命が変えられてしまう、 6 20 PV
自分を、どこまでも、シビアに、徹底的に、 6 15 PV
徹底的な、自己嫌悪を、 6 19 PV
言葉を吐き出すことだって、 7 16 PV
「こんなことして遊んでいられるのも、いまのうちなんだからね、」 5 12 PV
ナッツは、とりわけアーモンドとかは、どうして甘いんだろう、 6 17 PV
むかしの自分の感性をも、 5 18 PV
そこから、 5 17 PV
「かといって目立つのは嫌いだって、」 5 18 PV
やってきたことだけが、 6 19 PV
見えるところで焦るくらいなら、 6 20 PV
おとなになると、 6 17 PV
漫画を一気読みしたりするのも、 6 15 PV
スマホでも、スマホからでも、 6 22 PV
同質であることに、 5 20 PV
そういうこともあるよね 6 19 PV
娯楽をやるのもねえ 7 16 PV
「あったまってきて、エンジンかかるまでに、」 7 17 PV
「あったまってきて、って、」 7 17 PV
この世の、 6 18 PV
けっきょくのところ、 6 21 PV
現実は、切りとることで、 6 17 PV
才能なんてな、 6 16 PV
自分を限界づけているところは、 5 16 PV
疲れるのにたいして理由なぞつけなくてよい、 7 18 PV
人間、 7 19 PV
そういうとき 5 16 PV
やれることを、 6 19 PV
「べつにね、」 5 25 PV
そういうこともある 5 20 PV
うん? 6 20 PV
「馬鹿なんじゃないのって」 5 18 PV
「やりたいときに、やりたいことを、」 7 18 PV
そういうときってはっとぞくっとする 5 16 PV
「いつからだろう、」 6 26 PV
それはかならずしもいいことばかりではないけれどね 6 22 PV
自分自身をいちばんゆるせていないのは、 6 31 PV
禁断の組み合わせ、かもしれない! 7 25 PV
どうしようもなさだけがえんえんとめぐる 5 15 PV
「自由気ままに、」 7 17 PV
エッセイを書くと、 8 21 PV
「なにもしない、ということをすることの」 7 15 PV
そういうやりとり 6 22 PV
「評価というものをかりに気にしなくするんならね、」 5 15 PV
その逆かもしれない 6 16 PV
「もともとが駄目人間なのに」 6 25 PV
「感動が怖いのならば」 6 19 PV
「そこから、」 5 20 PV
「いつまでも、」 6 20 PV
「しっかしほかのいろんなことと比べてねえ、」 6 17 PV
「いま、書けるものは、」 6 17 PV
いろいろやりたく、手を出したくはなるんだけど、 6 15 PV
いろいろなひとがいると知れたから、 6 25 PV
とあるひとはそう言うかもしれない 6 20 PV
「二、三日キーボードにふれていなかっただけで、」 5 17 PV
そういう視点 6 19 PV
自己開示を 5 15 PV
駄目人間であることを、 5 16 PV
自分にも、 6 15 PV
どういうこと? 5 18 PV
けっきょくのところ、小説を書いていれば、 5 20 PV
自分を特別視するのに 5 24 PV
図書館とかカフェとかに、 6 23 PV
「なにも焦ることはない、」 6 24 PV
ただ着実に、 6 20 PV
もっともっと、もっともっともっともーっと、 6 18 PV
まっさらな気持ちのままでいたいのに、 6 20 PV
優先順位をつけながら、 6 18 PV
自然なスタイルで、 5 20 PV
インプットを、するぞ! 5 14 PV
心に浮かんだことをしるせば、 6 13 PV
すてき、という言葉への 5 16 PV
そうだよ 6 23 PV
知りたい、って欲求に、 6 23 PV
「捕まえられるチャンスは、」 6 21 PV
感動する余裕が出てきたのならば、 7 20 PV
「漫画を読みたいときには漫画を読み、」 7 19 PV
この世にとにかく知らないことが、 5 24 PV
ゆるしている、すくなくともそのつもりのひとは、 6 24 PV
語れる物語について増えるのが、 6 18 PV
いくらでも、 6 21 PV
でもね、 7 25 PV
「とにかく書けばおもしろい、みたいな時代は」 4 21 PV
解釈力のない人間を、 5 22 PV
壊れるのは、 6 20 PV
なにごとも、 7 15 PV
ひとが憎く思えるときは、 7 20 PV
この感情がガソリンとなって、 5 15 PV
物語というのは、 7 22 PV
「しゃべっているだけでおもしろがられるの、いいよねえ、いいよねえ、いいよねえいいよねえいいよねえ、」 6 23 PV
はじめたことは、 7 23 PV
「青春を尊くみているひとの視点は視線は、」 5 18 PV
「物語にすることで、」 7 19 PV
私が、 6 18 PV
図書館に、 7 14 PV
けっきょくのところいまの自分に納得できれば、 7 17 PV
なんぞか、 6 20 PV
憧れになることは、 6 13 PV
「普通だ、と言ってくれる環境が」 6 19 PV
やってみてはじめて、 7 21 PV
ひとなんてみんな自分勝手なんだから、 7 29 PV
どうかしちゃってるっていうのと、 7 20 PV
自分のできることを、自分のもてる力を、 6 15 PV
たまに、知りたい、って気持ちがぐわーーーって溢れ出して、 5 15 PV
でも、やっぱりバランスもね、 5 19 PV
自分をよく見せようとする心理は、 6 19 PV
やっぱり、知的に動いてみると、 7 19 PV
ほんらいバランスがうまくとれていれば、 5 14 PV
なにがささるかなんて、 7 14 PV
「言葉遊びの、」 7 13 PV
それは、 6 19 PV
スムーズに、 5 13 PV
高校生のときはほんとうに、 7 14 PV
ところでこれはほんとうに「なぞのれんさい」だねえ、 7 19 PV
「いつのまにか、」 7 14 PV
ほんらいは、小説を書くのが、 6 15 PV
あんまり、表舞台に、 6 18 PV
登場人物って、 5 18 PV
とってもよいね! 6 16 PV
ああ、私は、 5 18 PV
「もうなんで終わったみたいな顔をしていたんだ、」 5 18 PV
極論 5 18 PV
書きたくない、とか思っちゃったってさ、 6 17 PV
そういうひと、いるよね 6 19 PV
スマホで撮る写真ひとつにも、 5 15 PV
そんな小説 5 22 PV
気分っていうかね 4 18 PV
信じられないことに 5 19 PV
「これを表現したいから、」 5 16 PV
こう感じたことを、感性を、 6 20 PV
最初から 5 17 PV
学校の教材で、 5 17 PV
そんなあなたの生活感なんて、 5 15 PV
小説を書くことを想うと、 5 20 PV
ならば、 5 19 PV
なにごとも、まずは楽しんでやるのが、 5 17 PV
「さあ、作業が終わるまで、」 6 18 PV
怠けているのではない、 6 13 PV
ぼやぼやしていると、 6 13 PV
「読者」の存在を、 6 14 PV
私が失望しているときはまた、 5 15 PV
そんな時代もあったよね 4 14 PV
「やりきることでのみ、」 6 14 PV
「書きたいことなら、」 6 14 PV
私たちは、お金という、 5 18 PV
「銀行には、たくさん実物の金があるぞみたいな話は、」 5 16 PV
知らないことを知るのは、 5 20 PV
優秀なひとはよくっても、たとえばそうでもないひとには教えるひとやタイミングや相性っていうのが愕然とするくらい大きな決め手の要素となってきて、 6 15 PV
「想像をえがくことに、」 4 18 PV
友情についてそう問いたくなるときってたぶんだれにでもあるよねたぶん 5 14 PV
やってくなかに、 6 17 PV
状況によっていろんな立場もペルソナも表現も変わるけれど、 5 18 PV
アイデアしだいで、 5 18 PV
そうやって、 4 11 PV
成し遂げるものには、 6 15 PV
自分の軌跡を、 4 14 PV
そこにすべての、 5 16 PV
苦しんでも、楽しんでも、 5 12 PV
ハマってるものは、 7 17 PV
小説を書いているときがいちばん、 5 14 PV
地道にまじめにこつこつやるということを、 6 18 PV
文章は、感覚は、そして感性は、 5 14 PV
なんか感性がだだもれていることは、 4 16 PV
それでもあんがい、 4 16 PV
「なにかが欠けているように、」 5 14 PV
とにもかくにも、 5 12 PV
想像力のないひとを、 6 17 PV
ものごとなんて 5 15 PV
とりあえず、 4 18 PV
秋葉原って、 4 11 PV
ひとを冷笑してるひまがあったら、 4 17 PV
自分のことは、 4 17 PV
時間がありあまっているように見えても、 4 13 PV
こもる準備は、 6 13 PV
重たい作業を、 3 11 PV
好き嫌いが、 4 13 PV
ひとの気持ちが、ひとの気持ちは、 3 15 PV
カクヨムは、 5 14 PV
そうそう地名とかはねえ、 4 12 PV
えんえんと、だらだらと、 3 12 PV
ちょっと怒ったらアウトになるとか、 6 14 PV
私はそれによって、 5 15 PV
いまをかたちづくっているから、 5 17 PV
気分を、 4 15 PV
何かにハマれるものがあるというのは、 5 14 PV
もはや、 3 15 PV
やっぱり、休憩時間は、 5 11 PV
本を読んでいるか、いないかで、 7 21 PV
それは、 5 17 PV
焦らずに、 4 19 PV
「歴史をつくっているひとたちは、」 4 24 PV
ほんとうに、転がるように、 4 17 PV
ストックを、 3 14 PV
アナログと、デジタルを、 3 17 PV
倫理や道徳は、 4 18 PV
すぐにちらちらと、 5 18 PV
馬鹿はかわいそうって、 4 17 PV
自分の自分勝手はゆるしてほしくてもひとの自分勝手はゆるせないだなんて、 4 24 PV
ちょっとしたことが、 5 21 PV
そうやっていつも、 5 15 PV
だれかを救った言葉は、 4 18 PV
いつまで、 4 17 PV
どうして自分がヤバいやつだとわかっていても、 4 14 PV
書きたいものが、 3 14 PV
洋服のようにフィットしなくなったら、 4 20 PV
ひとを見下す気持ちは蜜となって、 3 17 PV
健康な感じのすることは、 3 14 PV
「らくにすごす、」 4 13 PV
SFはもはや、 4 12 PV
「そう思ってることって、」 4 17 PV
けっきょくのところね、 4 17 PV
なにかについて空想するのは、 5 17 PV
ノートをどれだけつぶせるかってことで、 4 12 PV
人生がそんなには長すぎやしないことを、 5 14 PV
ランキングとか適切に気にしていくとね、 4 13 PV
「気が散りやすいぶん、」 3 11 PV
とにかくだいじなこと、ずっとだけど 4 13 PV
ひとのしあわせを疑いたくなるひとって、 4 20 PV
いつからだろう、 5 12 PV
嵐のような文字数を、 3 15 PV
学問の秘訣とは、 5 13 PV
いろんなことに、 3 15 PV
締め切りは、 3 13 PV
じつは、そんななかでこそ、 4 13 PV
私は、よいものが、わかる、 3 8 PV
じりじりとだけれど、 4 11 PV
とは? 3 11 PV
せっせ、せっせと、 4 10 PV
ひとによって、 5 12 PV
どこまでもつづく、 5 12 PV
重厚な、 4 11 PV
時間が、 4 16 PV
一日にやること、やれることの価値が、 4 11 PV
鈍っていた頭が、 3 11 PV
そんな、刻んで、 3 11 PV
頭がくらくらになるくらいまで、 4 13 PV
楽しいんだろうなあ 4 19 PV
てのうちをさらす、 5 33 PV
効率だけじゃなくって、 5 19 PV
ところで、重視という言葉、 3 17 PV
急にこころに浮かんだオリーブオイル 5 19 PV
でもなぞこそが、 4 21 PV
日付が変わる瞬間って、 5 18 PV
ドライヤーで髪乾かしたあとって、 4 15 PV
それが障害だというのならば、 5 12 PV
できることを、 4 14 PV
「まあ、ここに置いとくからね勝手に、だから、」 5 14 PV
そのエネルギーをためておけるように、 4 15 PV
すすめば、すすむほど、 5 15 PV
もくもくと、 4 18 PV
転んでも、ただでは起きないやつ! 6 17 PV
キーボードがいっことモニターいっこ、あるいは紙とペンさえあれば、 4 15 PV
短い時間でも、 4 11 PV
読んでくれるひとがいるから、 4 15 PV
ちゅういけっかんてきなとくせいもとくせいさえも、 5 11 PV
システム的にね! 3 15 PV
そんな言い方! 5 14 PV
優等生に、 4 16 PV
努力は、 4 17 PV
書きたいことを、書きたいものものを、 3 14 PV
哲学は息の長い学問だから 3 16 PV
「書いていればどうにかなるという気持ちが、」 5 11 PV
そんなしょうもないことをくっちゃべってるくらいなら、 3 12 PV
外的な変化ももちろん必然として結果的に付随しなければいけないのだけど、 5 14 PV
そして、 6 18 PV
「綺麗」という字は、 5 12 PV
頭がへろへろになるまで、手がくたくたになるまで、 4 15 PV
信じられないかもしれないがいまどき、 3 12 PV
いまどきコンビニエンスなところだとかえって原稿用紙とかって売ってなくって不便だったりして 5 10 PV
数百文字、 4 10 PV
ひとと違うことが、 4 10 PV
エネルギーのいきばとしてね、 3 9 PV
更新することを、 5 13 PV
あなたの言葉を、文章を、 5 10 PV
すくなくとも私はね、 3 11 PV
そんな見ないほうがいいところ、 5 16 PV
ああ、エネルギーが、エネルギーが、 3 14 PV
書くことの発散で、 3 9 PV
そして、今日も、 3 10 PV
日によっては、 3 11 PV
タイムリミット直前がやっぱりね、 4 11 PV
ウォームアップ、 4 10 PV
だいじにされてる実感が、 4 18 PV
「その十分間を、」 4 14 PV
「さあ、あとは、」 4 14 PV
一杯のコーヒーで、 5 11 PV
ろんりねすとがーるをきいて、 3 10 PV
星は、 4 11 PV
スマホ、スマホっていうけれど、 3 11 PV
けっきょくこの世は、 5 12 PV
眠たいと、 3 10 PV
人間のからだは、 3 12 PV
いつでも言葉が、 4 8 PV
日々が穏やかに、 5 9 PV
穏やかでないことを、 4 13 PV
「性癖」 4 10 PV
しゃーないよね、 5 10 PV
おおきくないと、 3 9 PV
「にぶった頭が、」 5 11 PV
「不景気が、」 4 14 PV
がつがつがつと、 5 12 PV
「経済という、」 3 11 PV
「経済というのは、」 4 10 PV
学問をしていると、 5 12 PV
「耐える、耐える、耐える、」 5 10 PV
かならずしも、 3 10 PV
気づいている? 3 13 PV
こころも、見透かされんだろなあと思うと、 4 12 PV
やっぱり、よく寝ると、 5 10 PV
だんだんだんだん 5 9 PV
書く練習だよ、 3 12 PV
「文字数、というものを、」 4 12 PV
ためこむように、 3 11 PV
まさにストックをつくるというわけだよね! 3 14 PV
じりじり、じりじりじりと、 4 11 PV
「やりたいことを、」 4 10 PV
「やりきろうよ、」 5 9 PV
ぐらぐら、でも、ふらふら、でも、 5 13 PV
ときに自分の小説は、 4 8 PV
「いいかどうかはわからない、」 4 12 PV
ペンと紙とは、 4 11 PV
「わたしがここにいるよ、」とか叫んでも、 3 10 PV
目の前にあるものごとを、 4 9 PV
「ひと」、というのは、 4 12 PV
手段としては、 3 12 PV
やりたいことが、 4 9 PV
自分のむかしの日記読んでると、 5 9 PV
膨張したものを、 4 9 PV
「おっ、まじかー、」 3 11 PV
「まあいいや、」ってはじまるセリフ、 4 12 PV
よいものと出会うのに、 5 12 PV
やることをやったなら、 4 12 PV
どうかゆっくりあるいはすばやくってもマイペースで読んでよね、 5 14 PV
だから落ち込む 4 15 PV
言葉遊びってわけじゃないよ 4 13 PV
けっきょくのところ、成功するためには、 4 11 PV
推敲のコツとかは、 3 9 PV
ひとのこと言えないけれど 4 11 PV
人間には自然治癒能力があるので、 4 9 PV
そりゃどこだって、 5 10 PV
保留にしなきゃいけないのが、 4 11 PV
浮いたり、沈んだり、ちょっと浮遊してみたり嬉しかったりを繰り返して、 4 10 PV
もどかしいことは、 3 8 PV
なんだか、出かけると、 4 10 PV
ひー、 5 11 PV
やらねばならないことを、 5 11 PV
なにせ、なぞのれんさい、だからね! 3 10 PV
すすんでる、すすんでる、 5 10 PV
頭のわきわきを、 5 12 PV
あるいはざれごと 5 10 PV
短時間でできることを、 5 12 PV
なにか、だいじなことを 4 8 PV
つねに、 3 8 PV
なにかしない、ことが、 3 13 PV
頭をめいっぱい使って、 3 11 PV
じりじりと、 4 13 PV
数学に、 3 10 PV
抽象概念を、 3 8 PV
ひとつのものごとだけをやってると、 5 9 PV
統合能力を、 5 10 PV
言葉というのはね、 4 11 PV
拡張していたものを、 3 9 PV
なにかを成し遂げるには、 5 10 PV
それは性格が悪いっていうんだよ 4 16 PV
ゆっくりと、 4 13 PV
そんなんでいいんか? 4 14 PV
五分でできることは、 5 15 PV
すこしずつ、すこしずつ、 5 13 PV
地道にこつこつやっていけば、 4 12 PV
それは、あるいは、 5 11 PV
膨張したくなるときには、 3 12 PV
季節を、 4 14 PV
夢のような文章は、 6 14 PV
ふつう、そんなところまで、 5 15 PV
自分を、自分の、 3 15 PV
やることやってると、毎日、生きるのが、 4 13 PV
いろんなことが、 4 10 PV
なにかに夢中になっていれば、 5 13 PV
すべてが、 4 12 PV
私はぜんぜん強くもないし、 5 10 PV
息がね、 4 11 PV
冷静になるとね、 5 10 PV
ある意味では、 4 12 PV
それでも、 4 11 PV
なにがチャンスになるか、 4 14 PV
やれば、やるほど、 3 11 PV
言葉の表面上だけ撫でられてしまってもねえ、 5 10 PV
かならずしもそうなのかな? 4 9 PV
とにかく、がむしゃらに、 4 8 PV
そもそも、もともとは、 3 11 PV
それだけのことが、 5 16 PV
「字を書かないと、」 5 16 PV
すこしずつ、すこしずつね、 5 15 PV
もっと、広い視野でね? 4 12 PV
ああ、だいじょうぶだという、 4 12 PV
今年の目標は具体性のほかにはね、ほかに、 3 10 PV
なんども言うようだけど。なにかを成し遂げるためにはやっぱり、 5 17 PV
やっぱり、勉強してるとね。鈍った頭が、 4 12 PV
学んだことを、わかったことを、 4 10 PV
そんなこともあるかもしれない 3 13 PV
紙のなかに、自分の世界を、 5 12 PV
あるいはその世界は、 4 10 PV
それらの話はあくまでもね、 4 10 PV
そんなんじゃ、 5 11 PV
時間が、あればあるほど、 5 14 PV
でも、 3 14 PV
そのときの、そのときどきのひとびとのあたまを、 4 12 PV
きょうも、 4 9 PV
それは完全に、 4 13 PV
ひとつひとつ、片づいていっている、 5 11 PV
そしてこのなぞのれんさいねえ、 6 16 PV
やっぱりなぞのれんさいは、 4 10 PV
もうちょっと、 4 10 PV
あっ、足元がぐらつくと、 5 12 PV
一分一分が、 5 10 PV
私ときたら、 4 9 PV
どうして初心や原動力というのはいつも、 4 14 PV
書きたいことが、いつも言うけど、 3 10 PV
それで自信がもてたら、 5 11 PV
傑作は、 3 10 PV
駆け抜けるように 4 10 PV
自分を、統一する、 4 12 PV
そう思えば、食らいついてでも、 4 9 PV
量が、 3 9 PV
正直、ほんとに時間を無駄にできるのは、 3 8 PV
自分で、自分を、 4 8 PV
だから、一枚岩で、 3 10 PV
なにかを成し遂げるにはやっぱり、 5 9 PV
膨張するのを必死で抑えて、 4 9 PV
そんなに、一気に、いきつめて、 4 9 PV
頭が疲れると、 5 11 PV
エスプレッソとか、 4 12 PV
それってちゃんと、 3 10 PV
時間がない、時間がないって言っているうちに、 4 10 PV
体調は、まっすぐよくなっていくんじゃなくて、 3 13 PV
インプットと、アウトプットと、 3 8 PV
自分のどこが、 4 9 PV
目の前のものに、 4 8 PV
丁寧に、 4 9 PV
助かるのよね、 4 12 PV
気分を、利用するのはいいけれど、 5 8 PV
とにかく、 4 8 PV
社会のなかで生きてきてはじめて、 3 11 PV
それを、する必要がある 3 11 PV
あのな、 4 8 PV
必死で、 3 9 PV
それはすべてある意味では、 3 8 PV
言葉に対して、 4 10 PV
自分が、やりたい、と思ったことなんだろう? だったら、 5 8 PV
やることを、やれるところまで、 5 8 PV
ソクラテスって未来人みたいだ 4 12 PV
時よ待って、と言いたくなるときもあるけれど、 4 13 PV
そろそろ、タイムリミットを、 4 11 PV
目の前のことに、ひとつひとつ、 4 13 PV
いけない! 4 11 PV
小説執筆しかり、創造するときって、 4 13 PV
もうちょっと頭使って、 4 8 PV
文化に、 4 8 PV
膨大にやるなかで、 4 12 PV
私も、私で、 4 11 PV
書いているときがいちばん自由で、 3 12 PV
逆に言えば、 3 12 PV
チャンスは、いつでもどこでも、いろんなとこにね、 3 12 PV
けっきょくのところ、 4 22 PV
今日からはまたあらためてね、 4 16 PV
はてしないことに思えても、 4 18 PV
山のような作業を、 3 13 PV
そうなると人生のよろこびって、 4 20 PV
やっぱりね、 3 18 PV
ここらへんの、 4 21 PV
っていうかほんとうに、 5 21 PV
地道な作業を、 5 19 PV