なぞのれんさい

作者 柳なつき

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全93話

更新

  1. 「私に言わせれば~」
  2. 罪を被せようとしているひとが愛しさのふりをして言いがちかもしれないこと
  3. ほんとうのことは汚くなければならないと思い込んでいるひとへ一言
  4. 魔物の子どものなかでの逸脱者はきっとこう言われてる
  5. それは常識に代わるにはまだ不充分かもしれないねって
  6. 山登りといえば山登りなのだろう
  7. それが罪の果実だとかいうのなら
  8. 幸福を求めるのならばその手段を彼または彼女に訊けばいい
  9. 「死せよ、カエル。」
  10. とくに実話というわけではないかもしれないかもしれない
  11. それでは聴いてください。当たり前の唄。
  12. たぶんクリエイターあるある
  13. とある女の子は居酒屋でレモンサワーなんかぐいぐい飲みながら二杯目が終わるくらいで言いはじめる
  14. 「それはわかってるんだけどね?」と言われがちなこと
  15. 「時間がない」と言っているひとに一言
  16. 当たり前のことを当たり前と言い切れるのは、
  17. 自分もあなたたちもここに生きている以上は歴史の最先端。ゆえに、
  18. それはある意味、周囲の正しい理解なのでは?
  19. 当たり前のことなんだけど、混同しがちだよねーって、
  20. やばいひと
  21. 居酒屋とかでわりとよく見かける風景
  22. 「恵まれない子どもたち」というのはたぶんもしかしたら日本ではこう言うと少しすっきりするかもしれない
  23. それはたぶんとても壮大でもしかしたら物語的な落とし物
  24. 動物園があるのなら、それがあったっていいんじゃない?
  25. 本日耳にしたたのしい言葉のひとつ
  26. 別にそうでもないんだけど言ってみると単純に楽しい言葉
  27. 愛されるだけではない
  28. ないよ
  29. ふとしたときにいつもかならず自分に問わねばいけないこと
  30. 変な言いかたかもしれないけど、小説って
  31. ひとむかし前のギャグマンガじゃあるまいしって
  32. 最新話じゃないよ、響きは似てるけどだいぶ違う
  33. 社会生活における実感として
  34. そしてこれはまた、生活における個人に対するまったき実感で
  35. ふと目にとまった、ただのメモ
  36. いやわかんないけどね、そういうこともあるかもねって、
  37. いつでも自分を疑わねばならないよねその一環で、
  38. それは危険な考えでもあるけどね、っていう
  39. なにかをするってそういうことでしょうって
  40. 世界がうつくしいことにもきたないことにも耐えられないひとがやりがちな
  41. けっきょくおんなじじゃんっていうね、でもちょこっと違うのかもね
  42. そういえば、あまりこういうふうに言わないよね
  43. こういうふうにも、
  44. 極論、そういうふうに、言えないこともあるいはないかもしれないけどね?
  45. こんなこと言うのもアレですけどね、
  46. こういう意識をもってくださいとか言われちゃうわけ
  47. 妙な表現だけどそれは素直な実感だった
  48. ゲーム、っていうのもいろいろあるから
  49. でもそれでいいのかって話はありますけど
  50. それが生きることともいえるのかもしれない
  51. 明日になれば、
  52. 黎明にも黄昏にも思うべきこと
  53. 時間を置くことで、
  54. なんか最近ちょっと欠けてるものってそういうこと?
  55. アナログノートに増えていく「ト」
  56. それでも、世界を愛してる
  57. ひとはひとだとは思うけどね
  58. ありきたりな言葉だけども真実だとも思ってしまう、
  59. あるいはそんなこともないのかもしれないけれど
  60. そのように感じることが、ある。心底しみて。
  61. そんな実感をする夜もある
  62. そういうことじっさい起きてるけどってね
  63. 実感
  64. 当たり前っちゃ当たり前のことを
  65. いまさらかの哲学者の言葉をなぞるわけでもないけれど
  66. いや私けっして料理詳しくも上手でもないのですけど
  67. 歌詞のようだけどほんとうのことなんだ
  68. わかることよりむしろわからないときのほうが才能のやばさきわだったり
  69. 純粋に勉強したい、という気持ちもあるのかもしれない
  70. 私たちはそれでもそこにつっかかっちゃうんだけれどもね
  71. それはあるいは正義のつもりで言っているのかもしれないけれど
  72. 言葉にするものは言葉にできるうちに、
  73. ふるめかしいことを、いまさらのようにおもうこと
  74. 勉強をしていくためにもね、
  75. キツいんだけどもそう願うこともまた一面の真実なのよね
  76. とても似ていてたぶん非なるもの
  77. 狭き門にいわゆる創作活動を重ねまして
  78. それくらいの自信をもてればいいよねって
  79. だから目指す価値があるともいう
  80. 暗記法
  81. 生徒と学校とおとなと学校じゃないところの関係性についてのひとつの仮説
  82. 週末とかそうやって生かして生きているひといるよね
  83. 現代にはたぶんそういうのが必要
  84. 言われたいけどそれではいけない気もするし、だから青春はきらめきと言われるんだろうけど
  85. そんなものが刑法で確立されちゃったりしたらどうなんだろう
  86. そうかどうかはわからない
  87. これほんと向き合わなきゃって思うよ
  88. いまのひとたちのメンタルってわりとこういうことだと思うんよね
  89. それでいいのかって話はできるし充分にする必要もある
  90. 微妙な言いかたではありますけどね、じつに
  91. そういうカフェがあってももしかしたらいいんでないの?
  92. 知識というのは
  93. それはきっと美しくて、間違っている