絆クエスト~勇者一族殺人事件

羽野ゆず

不愉快なゲームのはじまり

 幼馴染で腐れ縁。

 知り合いには、このワードだけで興奮できるという強者つわものもいるが、それは異性間の場合であって、同性間ではわずらわしいことが多い。……いや訂正する。男女関係なく面倒くさい。


 梅沢うめざわきずなが住む二階建てアパートは、薄汚れた外壁が海外のスラム街を連想させる。札幌なのに。


 築年数は知らないが、防音性の悪さからして、まず堅牢けんろうな造りじゃない。


 鉄階段を昇ってすぐ正面のドアを開けると、住人がトイレから出てきたところだった。便所の水を流す音をバッグに、絆が悲鳴を上げる。


「うおっ、チャイムくらい押せ!」

「鍵をかけてない方が悪い」

「えっ、かけてなかった……?」

「戸締りしっかりやれよ。おばさん心配してたぞ」


 お日さまが出ているうちは、戸締りしない家が大多数。そんな長閑のどかな田舎町の親に、防犯を諭されても説得力ないけどね。


「これ、母さんから」


 提げてきたコンビニ袋を絆に押しつける。

 今朝、実家から生活物質の仕送りが届いた。『絆くんに渡すように!』とマジック書きされた真空パック(佃煮入り)が紛れていたので、届けにきたまで。ミッション終了。


「じゃ」

「待て。オレも母ちゃんから祈いのりに、って預かってる」


 お返しに突きつけられたのは温泉饅頭で、『祈くんへ(ハート)』のメッセージが痛々しい。

 開きっ放しのダンボールが玄関にあるから、まさかとは思ったが、梅沢家からも仕送りがあったようだ。俺は心底うんざりした。


 なんだこの無駄なやり取りは……!


 母たち、送る前に調整しろや。でも、そんなクレームをつけたら『同じ大学に通っているんだからルームシェアしろ』と言われるに決まっている。幼馴染は親ぐるみで面倒くさい。


「もう用事はないな」

「待て。ちょっと上がっていけよ。兄ちゃんが面白いものを送ってくれたんだ」

「面白いもの? いや、いい。帰る」

「いいから上がれよ!」

「っ、おい」


 Uターンした俺を、キツネ顔の男が無理やり中に引きずり込んだ。乱暴すぎる。もし俺が女子なら、大声でわめいて防犯ブザーを鳴らしているところだ。


「なんだよ一体?」


 ワンルームのど真ん中を占拠するちゃぶ台に、ごついゲーム機が鎮座している。

 これは……リサイクルショップでしか見かけない古い機種だ。名前はたしか―― 


「スーファミだよ、スーファミ。昔のだけど、けっこう面白いソフトがあるんだぜ」


 ちょん、とカセットにささったソフトを絆が小突く。

『RPGツクローズ』。オリジナルのRPGを作れるゲームの先駆け的存在、というのは俺も知っている。


「さあ、プレイしたまえ!」

「やだよ」


 うっかりコントローラーを握らされているから油断ならない。


「頼むっ! ゲームクリアしたら――五千円やるから!」


 ホワッツ?

 意表を突かれたときの表現は日本語よりも英語の方がバリエーション豊か。というのは置いといて。


 後から思い出しても明らかに変だった。

 ゲームをやるだけで五千円って……そんな旨い話があるだろうか。


 先走った絆が、テレビの電源を点ける。

 画面には『ビデオ2』の表示があって、既にゲームがロードされている状況だった。すぐプレイできるようにスタンバイしてあったらしい。

 細い目を輝かせている絆の鼻息が荒い。

 ざわっと鳥肌が立った。

 俺が知っている梅沢絆は、こんな細やかな気配りができるヤツじゃないのに……


 それがどうしてここまで? 何がヤツをここまで駆り立てている?


「……やればいいんだな」

「そうとも!」


 いぶかりながらも、コントローラーのAボタンを押す。

 不可思議で不愉快なゲームの始まりはじまり――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます