第78話 また会えるかな(Chapter Ⅳエンド?)

 朝。漆原との話し合いの翌日。

 少しばかり重い頭にひきずられないようにして、なんとか顔を洗い、口を動かし栄養を取り、日常に戻れるように努力をする。


『わたし……、黒木くんのストーカーしてるんだ』


 漆原はそれがまるで、誇りある仕事であるかのように、言い方を悪くすれば、完全に自己陶酔しているような表情で言った。言い切った。


 ホラーを見ていたらコメディになったかのような。

 ラブストーリーを見ていたら、ガンアクションになったかのような。

 そんな違和感を覚えつつも、しかし、けれど、確実に――そんなセリフが出てくるようなストーリーでもあったと俺の頭は、理解しようとしていた。


 たしかに流れ的にはおかしくない。

 途中、シリアスっぽくなってはいたが、俺だってそういった危機感は感じていた。


 ……いや、何も流れだけがおかしいといっているわけではないのだ。


 他にもおかしいところはたくさんあるだろ?

 俺にストーカー?

 なんども考えるが、おかしい。

 俺ごとき存在にストーカーができるわけがない。

 リタルタイムアタックをしているギャルゲーではないのだ。いきなりショートカットしてエンディングをみるような、そんなおかしさを俺は俺自身の人生に感じている。


 漆原、お前は、……なんていうか、すこし、見る目がないぞ……。


 最後にそう伝えると、漆原は恥ずかしそうに――まるで褒めちぎられたように、嬉しそうにこう言ったのだ。


『……そう言われると、嬉しいな。特別、みたいで。それにライバルいないってことだから……ううん、でも居たけど、ラスボスみたいな人が……でもいいの、わたしは』


 ぶつぶつと陶酔しながら何かを言い始めた。ふっかつの呪文でないことは確かだ。


 ――刺激してはならない。

 ――俺は何か、壮大なフラグを立ててしまったようだ。

 ――いや、それは今さらの話。フラグなんて、中学時代にすでに立てていた。これは完全に不可避な強制イベントだ。

 それが死に確定の戦闘イベントでないことを祈るばかりである。


『それでね、黒木くん、土曜日に学校にいくときに、おかしを大量に買い込むのはだめだよ?』


 なんか言っているが、俺には何もわからない。あーあーあー。心の耳をふさぐ。


 さて。

 予定通りにはいかなかったが、予定通りに話は終わりそうだった。

 同時に、さまざまなゲームイベントが蓄積された俺の脳が、『このキャラのイベントを今起こしてはならない』と警鐘をならしている。

 まだ早い。今起こすとバッドエンド直行だ――俺は曖昧に頷いて、退散することにした。

 これ以上は、今は、ダメだ。


 でも。

 どうしてか。

 俺が漆原の気持ちを理解できないのは確実でも。

 別れのときに漆原が、ふっと寂しそうな顔を見せて、こんなことを言うものだから。


『……黒木くん、お礼が言えてよかった。じゃあ、ね』


 俺の心が少しざわついてしまったのも事実なのだった。

 だから。


『また、会えるかな』


 なんて聞かれたときも、俺は何かを期待しいるわけでもなく、むしろ恐怖を感じてさえもいたはずなのに、俺は迷うことなく『ああ』と言い切った。してしまった。


 漆原の話はまだ救われていない。

 まだまだ先がある。

 だから、俺が逃げるのはまだ先の話なのだ。

 ストーカーなんていうめちゃくちゃ怖い話から物理的には逃げるにしても、だ。


 それに、俺という人間は安心して良い状況になんて居なかった。

 漆原がどうとか、ストーカーがどうとか、俺の境遇がどうとか――そんなこととは全く別の道で、全く関係ないとはいえないようなイベントが発生していたのだ。


 あとはそれを受注するだけ。

 そうすれば勝手に話は進み――いや、違う。

 受注しなくても、もう受注しているようなものだった。


 なにせそのクエストの主人公は、金髪で、碧眼で、美少女で、13歳から芸能界入りしながらも、まるで仕事にやる気を出さなかったヒエラルキートップの陽キャギャル。


 藤堂真白、その人だったからだ。


   ◇


 勉強だけをしていれば、ストーリーは進む?

 俺と藤堂のゲームライフは、自由度の高い牧歌系MMORPGのように、大したアップデートもなく、のんべんだらりと進んでいく?


 そんなことはなかった。


 当たり前だ。

 俺がパーティを組んでいるのは、牧歌系シミュレーションのヒロインではない。

 

 超難易度設定のRPGの勇者である。

 俺は今さらながら、そんなことを再確認することになった。







 ●

 ChapterⅣ


 end……?

 ●




――――――――――――


というわけで、ChapterⅣおわりです。

……と言いたいところなんですが、ChapterⅣはⅤとセットとも言えるので、クエスチョンマークをつけておきました。


次は真白の話です。

勉強するばかりのシーンになると思っていた読者様がいましたら申し訳ありません。

相手は藤堂です。

勉強とゲームだけで陽キャは構成されておりません……。


黒木には勉強の他にも、やってもらわないといけないことがたくさんあります。


無事にストーカーというファンもできましたし、ハーレム系主人公ぽくなりましたね!(声震)





●お願い

よろしければ一区切りになりましたので、あらためて❤️(いいね)や⭐️(評価)をよろしくお願いできないでしょうか……。


さらにいえば、レビューで文章をいただけるとなお嬉しいですし、


読み返していただいて「誤字脱字」をご指摘いただけましたら、なおなお嬉しく思います。


なぜかというと……「カクヨムコン」というものに応募しているからなのです!

評価されるといいらしいのです!(あいまい)

そして評価されたら次の選考にいけるらしい?のです!(あからさま)


藤堂と黒木のイラストがみたいー!というかたは、とくによろしくお願いしますね。

なんなら最初から読み返してもいいんですよ!


では、あからさますぎるとアレなので、この辺で。


これは、カクヨムコンとは別のお話なのですが――


毎回、本当に、読んでいただいてありがとうございます!

(別のサイト含めますと、250万PVに到達する段階です)


これからも(もしかしたらあと少し?)、よろしくお願いいたしますー!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る