第74話 あと少しで終わる。

 俺は探偵ではない。

 俺はただの一般人である。

 だからこそ言えることがある。


 俺に分かることには限度がある。

 俺に調べられることには限界がある。


 だからもしも、知りたいことがあり、調べたことがあり、その上でそれ以上がわからないのであれば――あとは想像するしかないのだ。


 これが黒木陽の限界。

 そしてこれが、黒木陽の立場なのだ。


 俺はそんな簡単なことに気がつけなかった。

 少なくとも中学時代には、絶対に。


 だが、今の俺は気がつくことができた。


 藤堂は俺を「ゲームをしているときのように――」と表現したが、それは半分合っている。

 なにせ俺は、中学自体、漆原との関係をたしかにある種のゲームのように捉えていたのだと思う。

 一人の人間を助けるということに、馬鹿みたいに酔っていたのだろう。


 だがもう半分は間違っている。

 人生はゲームではない。

 それは絶対だ。


 中学時代の俺は気がついていなかったのだ。

 気がつこうとする思いもなかったのだ。

 

 ――なぜ漆原が中途半端な時期に転校をしてきたのか。

 引っ越してくる理由とはなんなのか。

 ――なぜ漆原がうまく周囲に溶け込めなかったのか。

 うまくいかない理由とはなんなのか。

 ――なぜ漆原が今更、俺の中学時代の行動に言及するのか。

 なぜそれは卒業式の日ではなかったのか。


 俺は探偵ではない。

 ただの一般人だ。

 だから答えを知ることはできず、不足のピースは想像するしかない。


 それでもピースが揃ってくれば、そこに描かれている絵を想像することは容易だ。

 それが人として生きている限り、いつかは対峙しなければならないものだとすれば、尚更なのだ。


   ◇


 藤堂と校門前で別れた後、俺は全てを終わらせるため、漆原に連絡を入れることにした。

 メッセージアプリには、慎重に言葉を入れた。

 そうしなければきっと、また既読スルーもしくは通知画面で確認されて、既読すらつかない状態になるのだろう。


 だから俺は書いた。


 答えかどうかなんてことは知らないし。

 想像するだけが俺の限界だし。

 藤堂との勉強をおろそかにする理由になるのかもわからないが。


 俺は、こんな俺にしか頼ることのできなかったのだろう漆原を――そんな漆原にしてしまった俺の責任を果たすために、俺は文字を打ち込んだ。


『三つ目の質問の答えを、俺はまだ知らないんだ。すまない――でも話したいことがある』


 まるで三つ目の質問を知っているかのようなメッセージ。

 それはただの想像だ。合っているとは限らない。


 だが。

 返事は直に返ってきた。


『今日の夜、公園でどうかな』


 数日ぶりの漆原。

 もはやオドオドとしているようなイメージは、文面からでもう読み取ることができない


 そう。

 漆原はもう、俺の知っている漆原ではない。

 深夜のコンビニで出会った彼女は、まるで30分ごとに数ヶ月の成長を見せている舞台女優のようだった。

 

 藤堂が天性の才能を持つ女優であるならば。

 漆原は自然な演技を武器とする女優である。


『わかった。じゃあ、また後で』

『うん。黒木くん、ありがとう』


 礼なんて言われる立場じゃないことが、今ではよくわかる。

 俺がしてきたことの成否はわからないが、同時に、善悪もわからなくなってきた。


 まあいい。

 今はそれを考える時ではない。


 そうして中学時代から始まった話は――卒業式で終わったものと錯覚していた話は、ようやく本当の意味と意義を携えて、前進を始めた。


 俺たちの話は、まだ始まっていなかったが、それも、あと少しで終わる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る