第47話 パンケーキ

 約束を交わした夜。


 藤堂からの連絡によると、俺が生き恥をさらす可能性のある食事会というのは、週末の日曜日の昼に決まったらしい。

 親父の誕生日パーティーが夜だったせいか、無意識のうちに、夕食に招待されるとばかり思っていたので、意味もなく動揺してしまった。


 藤堂の家は間違いなく豪邸というやつだろう。

 金持ちの昼食……意味もなくハリウッドスターが、プールのある家でピザを食べているシーンが頭に浮かんだ。


 さて、突然だが、俺はどうなっても、どうなろうとも、黒木陽である。

 よって、動揺ついでに、茜に助けを求めることを忘れなかった。習性といってもいいし、日課といってもいい。

『普通の兄』像というものを俺は知らないが、すくなくとも妹にこんなに相談をする兄を、俺は俺以外に知らない。


 俺達はゲームをするときを含めて、普通の話も、チャットアプリで行うことが多い。お互い作業をしていることが多いので、配慮の上の行動だ。それは同じ階に居ようとも同様である。


 俺は長々とこれまでの経緯を打ち込んだあと、茜に一つの質問を重ねていた。


『ヨウ:――というわけで、週末に藤堂の家に飯を食いにいくんだが……手土産っているよな? なにがいいかな』


 茜の反応は早かった。

 

『アカネ:え? ちょっとまって? いきなりの長文チャットに面食らってるし、そもそも状況がわかんない』

『ヨウ:説明文は書いたから、読んでくれ』


 既読。

 しばらく、沈黙。

 そしてリプライ。


『アカネ:は? マシロちゃんちで、ゴハン? しかもご両親も同席? え? にいにが? それ我々の実の父様と、母様はしってらっしゃるの?』


 驚きすぎてキャラ変わってねーだろうか。

 いや、その気持ちも分からないでもないんだが。


『ヨウ:父さんと母さんには言ったけど』

『アカネ:なんて言っていた?』

『ヨウ:母さんはまた電話するって言ってた。父さんは小説持って行ってくれっていってたな』


 藤堂にデビュー作を渡すっていってたんだよな。たしか藤堂もそんなこと言っていたから問題はないだろう。

 ただ、サイン書くとかいってたんだけど、それはやめてくれないだろうか……、大分はずかしいんだよな……。


『アカネ:それだけ?』

『ヨウ:そうだけど』

『アカネ:にいに……恥ずかしい思いをするよ?』

『ヨウ:だよな……。サインは止めるか』

『アカネ:は?』

『ヨウ:ん?』


 互いにチャットの手が止まったかのような空白時間。

 先に復帰したのは茜だった。


『アカネ:にいには、まさか、悩んでいないの?』

『ヨウ:悩む? 手土産のことか?』

『アカネ:あかん。ちょっと待って』

『ヨウ:なにが?』


 なんで関西弁なんだろうか。

 あと、何を待てばいいのだろうか――なんて考えている最中も、開きっぱなしのチャットアプリに既読がつかない。

 その代わり、ドタドタと廊下を茜が駆ける音が聞こえたかと思うと、ノックもなくドアがいきなり開かれた。


「にいに!」

「うお!?」

「本当に、窮地におちいってないわけ?」

「はあ? だから、手土産を……」

「手土産なんて、どうでもいいーっ!……あ、いや、よくはないんだけど、もっと大事なことあるでしょ!」

「お、落ち着けよ、茜……」

「にいには、落ち着き過ぎなの! わかってる? 相手はあの超絶美少女だよ? しかも、マシロちゃん家、トイレ三つあるらしいんだよ! 豪邸だよ!」


 トイレも三つあるのかよ……。

 どんな環境なんだ……。


「とにかく、にいには、もっと焦りなさい!」


 ベッドに寝転んでいた俺の元に立った茜は、クローゼットのほうへ足を向けた。 まったく意味がわからない。


「いったい、なんなんだよ……」


 スマホ片手に半身を持ち上げた俺に、茜はびしっと指を突き刺した。


「それはこっちのセリフ! にいには、なにもわかってない! まるでラスボス前のくせに、まだエンディングはさきだろうなあ、とか鼻ほじってる小学生並み!」

「は、はあ?」

 

 たとえが独特すぎて、わからないんだが。

 小学生ディスってんだろうか。


「にいに。服」

 

 ふっと、茜の顔から全ての表情が消えた。

 まるで無の境地に至った哲学者みたいな顔をしていた。


「服?」

「ええ、服です。兄様、服って知ってますか」

「バカにするんじゃない」

「現実を見なさい」

 

 開け放たれたクローゼットを茜は顎で示した。

 そこには俺がいままで着古してきた、歴代の服がハンガーに掛かっていた。ちなみにまだ殿堂入りはしておらず、その全てが現役である。


「にいにの服! 全部、古くて、汚くて、ばっちいでしょ!」

「ば、ばっち……?」

「こんなので、マシロちゃんのおうち行ってごらん? 黒木家が疑われるよ! 黒木家が恥さらしものになっちゃうよ!」

「は、はじ……?」

「マシロちゃんだって、とっても悲しむよ!」

「え? それはわからん。なんでだ」

「マシロちゃん、かわいそうに……。兄が鈍感ゆえに、美少女が味わう必要のない苦痛を感じている……」

「おい、まて、なぜ泣く真似をする必要があるんだ。まじでわからねえ」


 本当になんなんだ。

 まさか、これはあれか? 反抗期ってやつなのか? 茜にとうとう、反抗期がきたのか?


 茜は「はぁ……」と大きな大きなため息をついた。


「いいよ。理由はもういいから、とにかく服は重要なんだよ」

「服、ねえ?」

「『ああ、あの新作ゲームねえ?』みたいな言い方しないで」

「す、すみません」

「ずばり言うけど、着ていく服、ないでしょ? それともまさか、こんなテロテロの服を着て、藤堂家に乗り込むつもり? そんなことしたら、にいに、爆発しちゃうよ?」

「そんな、大げさな」


 呆れてみせた俺ではあるが……、だが、たしかに、俺だって、なんとなく、茜の言わんとしていることは分かってしまっていた。


 なにせ俺の持っている服は、金持ちの昼食なんていうパワーワードに耐えきれる耐久地など持っていないからだ。

 俺の服が耐えられる攻撃なんてのは、『近くのコンビニ』だとか『近くのゴミ捨て場』だとか『近くの電柱』ぐらいなものだ。


 だが、落ち着いて欲しい。

 俺だって気が付かなかった訳じゃない。脳内で何度シミュレーションを繰り返したと思っているのだ。だから俺ごときが、手土産なんて高度な技に気が付くことだってできたのだ。

 そのうえで言う。服装の問題はクリアしているのだ。


 驚くなかれ、学生には〈学生服〉というスペシャル装備が存在する。これは冠婚葬祭、どこでも万能に着用できるすばらしい装備である。いわゆるゲーム初心者救済アイテムのようなものだ。

 だから俺は大丈夫なのだ。服装に気をつかう必要はないのである。


 そんな簡単な事実に気が付かないのか、茜は依然として厳しい顔をしたままである。まだまだ茜もお子様というところだろう。反抗期も甘んじて受け入れてやろうと思う。


「にいに。週末に、マシロちゃんち行くってチャットしてたけど、それ、いつ? まさか、土曜じゃないよね」

「日曜だけど……」

「さすがマシロちゃん……、慈悲が透けてみえるよ……、土曜に準備しろということなのね……」


 茜は、目をつむったまま両手を組むと、天を仰いだ。

 意味がわからん。


「あたしは、駅前にあたらしくできたパンケーキ屋さんでいいよ」

「は?」


 茜は、腕を組んで、眉をひそめた。あきらかに『は? なにいってんの?』みたいな顔だった。RPGでいうところの、絶対に今の段階では通してくれない門の番人みたいな、威厳にみちた顔をしていた。


 威厳――そうだ。俺は今、妹からいいしれない威圧感を感じていた。学生服という解決策があるにもかかわらず。


「だから、さ。茜ちゃんが土曜日、服を選んであげるから。その代わりに駅前のパンケーキを食べさせなさい。それで手をうちます」

「いや、俺は、手土産があればいいんだが……」

「じゃあ、服は、どれを着ていくつもりなの?」

「そんなもの――」


 MMORPGにおいて、初心者が上級狩場に行くのをたしなめるように、茜は言った。装備持ってるの? レベル足りてるの?――だが、先ほどの通り、俺には特別な救済装備があるのだ。問題など何もないだろう。


 制服――俺が口を開く前に、茜は言った。


「まさか『制服』とか、ふざけたこと言わないよね? 絶交だよ、そんなの」

「……、……」


 な、なんだと……?


 俺の口は『せ』のまま、固まっていた。

 茜の鋭い視線が痛い。絶交だよ、とか言っているが、兄妹は絶交などできないことを知っているのだろうか。まさか、知っていてなお絶交したくなるぐらい、最悪な選択肢だったというのだろうか。


 俺の無言を、どう捉えたのか。

 茜は、「まさか、制服なんて、いわないですよね? おにいさま?」と繰り返して、にっこりと笑った。

 なんだか、藤堂を思い出す凄みのある笑みだった。


 俺の予定は全て狂っていた。

 立っていた土台が崩れていくのを感じる。

『せ』のまま、氷漬けのように固まっていた俺の口は、茜の威圧感に耐え切れず、熱を持ち、氷解した。


 つまるところ――白旗を上げるしかなかったのだ。


「せ……せっかくだから、選んでもらおうかな……? 服」

「パンケーキ」

「はい」

「よろしい」

「あの……手土産も……」

「パンケーキ、トッピング追加」

「ありがとうございます……」

「まかせなさい」


 俺はなぜか、ベッドの上でいつのまにか、正座をしていたが、それを疑問に思う余裕など消え失せていた。


 ――というわけで、俺の土曜日の予定は埋まってしまったようだ。

 それもかなりの散財が予想される形で。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る