第30話 Party(2)

 嵐の前の静けさ、という言葉がある。

 嵐が来る前というのはむしろ不穏になりそうなくらい、ぞっとするような低音が響いている気がするのだが、太古より伝わる言葉に間違いがあってはならないだろうから、解釈が違うのは俺のほうなのだろう。


 土曜日の待ち合わせは、三度目だった。

 よくよく考えてみれば、五月の連休に連なる土曜日であり、ここでもし約束をしなければ、俺が藤堂と学校であうのは、大分先のことになっていたかもしれない。

 恐ろしいことに、俺は藤堂と毎日パーティを組みすぎて、連絡を取り合うことが当たり前になっていたらしい。


 土曜日の学校も、三度目ともなれば、さすがに慣れてきた。

 慣れてきたというのは、当たり前のように待ち合わせ場所にたどり着くという話ではない。手際よく私服から制服に着替え、手際よく適量の菓子をコンビニで買って、手際よくバックとビニール袋の中身を入れ替えて、短時間のうちに校門をくぐることができるという意味である。

 我ながら、方向性を間違えた絶滅危惧種みたいな進化をしていると思うが、やはりこれが俺なのだから、仕方がない。


 だが、伝えなければならないこと、きっとある。

 それは仕方がないことではないのだと思う。


   ◇


 どちらにせよ、伝えようと思う――俺はそう決めていた。

 それが左か右かは別として、なにか行動を起こすべきだと、ようやく決心がついた。多分。


 きっかけは、昨日の茜の言葉だろう。

 家族というのは偉大だ。

 無条件で、さまざまなものを与えてくれる。ゲーム内にこんな仲間がいたら最強のチームが組めるだろう。残念なことに、それぞれのゲームの趣味が違うため、いまだ実現はしていないが。


 伝えるべき言葉が、どちらの気持ちに由来しているのかは分からない。

 分からないが、それはゲームだって同じだ。


 やるべきタイトルが決まっていて、使うべきキャラクターと武器も想定していて、当初の作戦も定めている――それでも実際にプレイしてみれば、現在進行形で変化していく状況に合わせて、行動を変えるしかない。

 よって、求める結果を定めることだけが、ゆるがぬ目標となるのだろう。


 ゲームをプレイすればわかる。

 むしろ、しなければいくら頭でころがしていても、机上の空論でしかない。

 中身のいないCPU戦ではないのだから。


 問題はそれが、勝つための行動なのか。それとも楽しむための行動なのか。

 その違いなのだろう。


   ◇


「あ、今日はわたしのほうが、遅かったか」


 藤堂が階段をあがってきたとき、俺はすでに準備を済ませて着席していた。


「別に、気にしなくていい」

「うん。気にしてないよ」


 まるで息をするかのように、藤堂は嘘をついた気がする。

 こいつは、俺が考えていたほど、傲慢ではない。

 一か月前には知らなかった事実が、ヒエラルキートップに君臨する女王の実像をゆがめている。


「じゃ、はじめよっか」

「……おう」


 こうして始まった二人の協力プレイは、今日終わるのか、それとも明日も続くのか。

 分からないまま、俺は流れるようにゲームをプレイする。


「あ、ミスった」

「いいよ」


 藤堂の過ちをサポートし。


「やられたー」

「助けに行く」


 藤堂の危機に駆けつけて。


「弾、ない!」

「落とすから」


 藤堂の不足を補い。


「わ、まさか、勝てるとは」

「今のは悪くなかった」


 藤堂が勝つための道を共に歩く。


 現実世界では何一つなし得ないことが、ゲームの世界では当たり前のように実現できる。判断することができる。

 だから、俺はこの調子で、最後の課題に挑まねばならなかった。

 

 出撃ボタンを押下するたびに、時間は過ぎていった。

 時計を見れば、藤堂のタイムリミットである16時は目前に控えていた。

 

 俺の悩みに答えはない。

 だが、このゲームを終えたら、自分に問いかけよう。

 出撃ボタンを押下するように、端的に、己の気持ちに従おう。


 右か、左か。それとも真ん中なんてものがあり得るのか。

 答えは今は分からないが、俺は自分を変える行動をとらねばならない。そうしなければ前に進めないからだ。


 ――もう、話しかけないでくれ。


 用意していたはずの弾丸。

 打ち込むはずだったそれを、捨てるか打ち込むかは、トリガーひとつ、引くか否かの差なのだ。


 だが、経験はないだろうか?

 そういった課題がある時にかぎって、別の物事はうまくいく。

 普段であれば早々に終わるような激戦区に向かっても、普段であれば簡単に全滅するようなパターンに陥っても、そういった時は、するすると困難を超えていく。


 まるで今から己を襲うだろう不幸の代わりに、ゲームぐらいは幸運をさずけようと、神様が配慮してくれているみたいに、俺と藤堂のパーティは1位を勝ち取った。 先ほどの勝利を足すと、二連続の優勝である。


「おー、連続って初めてだね」

「運が良かった」

「相方が良いからでしょ?」


 藤堂のくったくない笑顔に、俺は曖昧に頷くだけだった。


 アラーム音が鳴ったのは、その時である。

 ああ、と気が付く。

 藤堂も気が付いた。


 16時。

 タイムリミットが訪れたのだ。


 ああ、今日も答えは出せなかったらしい。

 俺は途端に、情けなくなる。自分の決意なんて、運しだいで、変わってしまうレベルのものなのかと心が重くなる。

 銃弾をこめた銃を構えていた俺の心は、指をかけていたトリガーから、そっと離れていった。


 まさか俺の悩みに藤堂を付き合わせて、帰宅を遅くさせるのか?――バカをいえ。さすがにそれは許されない。俺は、そこまでのバカになりたくない。

 だがその物陰に、ほっとしている自分が隠れているようで、嫌な気持ちにもなりそうだ。ほら、これだ。また揺れ始めた。


 まあいい。

 藤堂を見送ったら、少しだけここで休んでいこう。

 でなければ――家族とのパーティで、茜にまた言われてしまうだろうから。

 


 しかし、だ。

 嵐の前の静けさ――どうやら、運命のダイスというのは、振られたところで、音など鳴らないらしい。

 来ると思われていた未来は、俺の選択したルートには現れず、まるで予想だにしない展開が、ワンクリック後に提示された。


「えい」


 藤堂は、コミカルな言葉を口にすると、アラームを消した。

 それから何事もなかったかのように、言った。


「さ、三連勝目指して、もう少しだけ、やろ?」

「は?」


 なんで?

 どうしてだ?

 タイムリミットが訪れたのではないのだろうか。


「あ、ごめん。時間、なかった?」

「あ、いや」


 パーティはあるが、それはおそらく20時頃からである。

 まだ16時。帰宅時間を差し引いても、十分に時間は用意されている。


 だが、藤堂はどうなのだろうか。

 16時というタイムリミットは、あらかじめ余裕のある時間設定だったのだろうか。もう一戦程度であれば、問題なく次の予定を履行できる程度の、遊びのあるアラームだったのだろうか。


 本当に?――藤堂の、金色の髪がさらさらと揺れるのは、彼女が視線を下げたから。髪の毛同様にキラキラと光る長いまつげは、不安そうに揺れ動いた。


 何かが胸の中で動いた。

 シンプルな答え。


 ――俺は、そんな藤堂は見たくなかった。


 だから言った。


「問題ないぞ。まだまだできる」

「あ、ほんと?」


 藤堂は、面を上げた。

 にっこり――とは程遠い、控えめな笑みが何を伝えたいのか。

 

 自分が今、どこに立っているのかということすら分からない俺に、分かるわけもなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る