第29話 Party(1)

 不思議なものだ。


 妹には『楽しそう』と言われ、藤堂には『楽しくなさそう』と言われる。

 

 すると、俺は藤堂に会っていないときに、楽しそうで。

 藤堂に会っているときに、楽しくなさそうというわけだ。


 矛盾か?

 いや、矛盾ではない。


 俺はおそらく、幻想に溺れている。

 藤堂を前にしなければ、問題は棚上げできる。俺は楽しかった思い出に浸り、ありえない未来にまで手を伸ばす。


 だが、藤堂を前にしてみればなんてことはない。そんな薄紙に引いた線のようなものは、すぐに見えなくなる。

 太い線で引かれた藤堂との問題が、とたんに俺の思考をぐちゃぐちゃに塗りつぶしてくる。


 そういうことなのだろう。


   ◇


「そうか? 藤堂にはそう見えるのかもな」


 俺は自分が思ったよりも、冷静に、言葉を返すことができていた。

 なんだか楽しくみえない――普段そんなことを言われたら、必死に取り繕っていたに違いない。嘘が嫌いと口では言って、実際は、相手に心配をかけないように、ひきつった笑みを浮かべていたに違いない。


「……うん。藤堂には、ってどういうこと?」

「妹には、『毎日たのしそう』って言われたばかりだ」


 五日前に。


「あ、そうなんだ……?」

「おう。まあ、だから、そういうことだ。加えて言うと、俺は普段から悪人ずらだから、楽しそうだと、より目立つらしい。だから、藤堂の言葉もそこの落差だろ」


 五日もあれば人は変わる。

 五日もあれば、口も回る。


「あ、そか……ごめん、なんか、ちょっと心配だったから」

「心配?」

「……うん」


 藤堂は視線を下げたまま続けた。

 俺は願う。

 藤堂、視線をあげろ。

 それは俺だけに用意された感情エモーションだ。

 お前のためのものじゃない。


「ほら、わたし、ゲーム下手じゃん? だから、最初は気にならなかったけど、すこしわかってきたら、弱い人とやるのって、ストレスなんだろうなって……思って」

「ああ……」


 その疑問ならわかる。

 誰だって上級者とやれば、次第に気まずくなってくる。

 理由は簡単だ。

 最初は、上級者と自分との力差がわからない。

 だが、慣れてくると気が付くのだ。


『ああ、こんなにも俺とこの人は、技術に差があるのか。近づける気がしないぞ』


 だから気まずくなる。やりづらくなる。途中までうまくいっていたはずの意思疎通が、とたんに間違ったように思えてくる。


 なんだかそれは、俺と藤堂の関係のようだった。


「俺はさ、藤堂――」


 存外に力強く出てくる言葉。

 俺は心の中で、自分に訴えかける。


 さあ、黒木陽――選択の時間だ。

 お前の気持ちをぶつける時だ。その時なのだ。


「――初心者とやるのは、得意なんだ。妹も育てあげたしな」

「え、そうなんだ? ていうか、妹さんもこのゲームやるの?」


 意図せずあがった別の話題が、荒れ果てた大地に花を咲かせてしまった。

 ……また訂正だ。

 咲かせてしまった、ではない。俺が咲かせたのだ。


 今日も俺は選択をしなかった――いや、した。

 俺は、逃げるというコマンドを連打していた。


『黒木陽は逃げた――だが、失敗した』


 いつそのメッセージがでることか、びくびくしながらも、俺は土曜日の約束を撤回しなかった。


   ◇


 池に石をなげれば、波紋が起こる。

 魔法を使えば、マジックポイントが減る。

 物理を上げれば、攻撃力は高くなる。


 すべて、当たり前のことだ。

 原因と結果。

 それは等しく、万物に宿る世の中の大原則だ。


「え? にいに、まじでカンベンしてよ」


 だから、自室のベッドに寝転がり、天上を見ていた時。

茜が俺の部屋にデバイスを借りにきたときの、その言葉も、何かしらの原因によって引き起こされた結果なのだろう。


 俺は、起きるそぶりさえ見せずに会話を続けた。


「なんの話だよ」

「なんの、じゃないよ。それはこっちのセリフだってば」

「はあ? どういうことだよ、ほんとに」

「はぁ……わが兄ながら、なんてことでしょう」


 茜は、やれやれと大きく首を振る。


「あのさ、にいに。なんでそんなに、つまらなそうな顔に戻ってるの? まるで当たった宝くじが、なにかの間違いだったみたいだよ」

「なんだよ、それ……」


 自慢じゃないが、クジなんて当たったことがない。


「だから、それもあたしのセリフ。『いったい、なに、それ。最近、ずっと楽しそうだったのに』って」


 俺は、これまでの葛藤を思い浮かべる。

 どうやら、俺の幻想は崩れかかっているようだ。

 藤堂と会っていないときも――現実的な悩みが俺を襲う。


「……必要なもんんとったら、はやく出ていくように」

「うわー、逃げたー。にいに、さっすが、貧弱精神だ」

「うるせえ、しっし」

「はーい、はい。さすが年季のいった、しかめ面は、迫力がありますなあ」

「いってろ」

「おー、こわこわ」


 茜は目当てのものを見つけると小脇にかかえて、出入口のドアに向かう。

 振り返ることなく、ドアノブをつかんで――そのまま言った。


「ま、でも茜ちゃんが思うに――楽しそうな顔も、なかなかにいにらしくて、良かったんだけどね」

「……は?」

「これ以上は、課金が必要です」

「しません」

「しけたヤローだぜ――んじゃ、これ借りてくね。ばあい」


 最後まで振り返ることなく、茜は退室していった。

 我が妹ながら、よく分からないやつだ。あいつは俺よりも相当頭が良いので、たまにこういった何段階も上にステージがあるような、達観した会話をすることがある。兄としては非常に困る。何が困るって、いろいろと言葉が突き刺さってくることが多いからだ。


「……そもそも、楽しそうにしてた自覚もねえよ」

「あ、そうだ、にいに」


 ドアがいきなり開いた。

 内心びくりとしていたが、冷静を装う。


「……なんだよ」

「なんだよ、じゃないよ。明日、パーティだからね、どんなにつまらない顔してても、ぜったいに忘れないでね」


 多分な、と返そうとして、茜の思ったよりも真剣な表情に言葉を呑み込んだ。


「わすれねーよ」

「絶対?」

「……絶対」

「よろしい」


 ドアの閉まる音。

 遠ざかる足音――一人の時間。


「寝よ」


 ぶれぶれの思考は、ゆるい土台しか作れない。

 俺に許されたことは、もはや目をつむり、夢の世界に旅立つことだけのように思えた。


 だが。

 どうやら俺は、俺が考えるよりもずっと末期の状態であるようだった。

 

 俺は――夢の中でまで、藤堂とゲームをしていたのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る