81話〜何の為に

 その頃、カプリアとゲラン……いや、レオンは封印の水晶の前まで来ていた。


 ゲランが封印の水晶に手を掛けようとしたが、カプリアはそれを見て、


「ゲラン……いや、レオン王子。その封印の水晶をどうするおつもりですか?」


「カプリア。僕がレオン王子?何を言っているのか分からないのだが。」


 するとそこにラシェルが息を切らし駆け寄ってきて、ハウベルトはその後を追ってきた。


 そしてラシェルはレオンを見るなり、


「はぁはぁ。レ、レオン……。」


 レオンはラシェルを見ると驚き、


「な、何故?姉上がここに……まさか、姉上が勇者を召喚したのではないですよね?」


「レオン。私が勇者様を召喚しました。それよりも、貴方こそ何故ここにいるのですか?」


「姉上が何故、勇者を?確かに、ホワイトガーデンに召喚魔導師は少ない。だがしかし、それでも。」


「レオン。私が、勇者様を召喚してはいけないような言い方に聞こえますが。何故ですか?」


 ラシェルがそう言うとレオンは俯きながら、


「姉上。今からでも遅くありません。その勇者様を連れ、この場からお逃げ下さい!!」


「それは、どういう事なのですか?レオン。貴方はいったい、何をしようとしているのですか?」


 レオンは今何が起ころうとしているのかを話そうとした。


 だが、そこにオルドパルスが現れた。


「なるほど。そう言うことだったとはな。ゲラン殿がレオン王子とは、誰の差し金かは知りませんが。この儀式の邪魔をするつもりだったとは、危うく騙されるところでした。それに、カプリア嬢。貴方も勇者側についていたとは驚きました。」


「オルドパルス殿。今更弁解するつもりはないがのぉ。ただ、いつそれが分かった?」


 すると目の前にハクリュウに眠らされていた筈のライロスが現れ、


「フッ、それはこの俺が監視し、オルドパルス様に伝えていたからな。」


「ライロス。お前、ハクリュウ様に助けて貰っておいて、まだオルドパルスの為に尽くすつもりか!」


「確か、お前はあのハクリュウと一緒にいたダークエルフだったな。言っとくが、俺は……。」


 そう言おうとした瞬間、無数の炎の石飛礫がライロス目掛け降り注いだ。


 それを見たラシェルは、


 《大蔦の籠!!》


 召喚呪文を唱えるとライロスの真下に魔法陣が描かれた。その魔法陣から蔦が現れミルミル伸びていきライロスを覆うと、球体の籠の中に閉じ込めその攻撃を防いだ。


 それと同時にハウベルトは剣を真上に翳し、


 《魔剣奥義 覆水連斬撃!!》


 刃に水を纏わせると剣を握り直し、すかさず弾みをつけ飛び上がった。


 そして無数の炎の石飛礫目掛け剣を斜めに振り上げ交差すると、連続で斬りつけ破壊していった。


 同時にカプリアもスティックを一振りし、


 《ウォーター ストリーム!!》


 呪文を唱えると、ゴォーっと唸りながら水の渦が巻き上がり、無数の炎の石飛礫にあたり打ち消していった。


 そして、ラシェル達は攻撃を防ぎ空を見上げ、いったい今何が起きたのかと考えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます