72話〜その男ヘンデル・ラヌス=イワノフ・シアロ

 ヘンデルは不敵な笑みを浮かべた後、いきなりシャナに襲い掛かろうとしていた。


 シャナはそれを見て慌てて魔獣を召喚しようとしたが、魔獣ではなく可愛い金髪の女の子の天使を召喚してしまい、急いでその天使を元に戻した。


 それを見たヘンデルは、シャナに攻撃をしようと思っていたがその光景が余りにも面白かった為、思わず笑い出してしまった。


「ぐ、わはははは……。こ、これは、本当に変わらないですな。シャナ嬢は……。」


「こ、これは……。しかし、先程から私の事をそのように呼んでいましたが。やはり貴方は昔、父の屋敷にいた者ですよね?」


「さあな、そうだとしても言うつもりはない。それにシャナ嬢。本当なら、貴方にはこの件には関わって欲しくなかった。」


「シャナ。いったいこいつは誰なんだ?訳が分からない。」


「私も余りにも小さな時でしたので、よくは覚えていないのですが。、あのように呼んでいた者は2人いました。私の記憶が正しければ、貴方は父の護衛をしていた、イワノフ・シアロでは?」


「流石はシャナ嬢。だが、俺は……いや、これ以上シャナ嬢。そして、お前達はこの件には関わるな!!」


「それはどういう事だ?お前はいったい何をしようとしている。」


「ですが、関わるなと言われても、ノエル様を召喚したのは私ですしね。」


「まさか、シャナ嬢が異世界から勇者を召喚したと言うのか。奥様はその事を知っているのか?」


「それは、言ってはいませんので、知らない筈です。それに、何故お母様にその事を伝えなければならないのですか?」


「そうか。ふぅ、さて、どうしたものか。」


「まさかとは思うが、この件にシャナの母親のユリーナ様が関わっているんじゃないだろうな?」


 アリスティアがそう言うと、


「それはどういう事?」


「ユリーナ様はこの件に直接関わっていない。俺もユリーナ様も別件で動いていた。そして、お前達とは出来れば戦いたくはないのだが。」


「別件で動いていた?それはどういう事だ!それに、そう言われて、はいそうですかって、私が手を引くとでも思っているのか!」


「そうだろうな。そうなると、ここは俺が引くのが手っ取り早いかもな。そういう事で、このまま中庭に向かうが、追って来たければ勝手にすればいい。まぁ、その頃にはどうなっているかわからんがな。」


 そう言うとイワノフは鞄の中から煙幕の筒を3本、取り出し投げつけその場から消え去った。


 アリスティアとシャナは追おうとするが、前が見えずしばらく動けなかった。


 アリスティアは急いで煙を魔法で消し、


「シャナ。お前はここに残って、ユリナ様の回復を頼む。私はあの男を追い中庭に向かう。」


「アリスティア。私はどうしたらいいのでしょうか。」


「お前の気持ちはわかるが。今は、ユリーナ様の事よりも、こっちが優先だ。いいな。」


 そう言うとアリスティアは急いでイワノフを追った。


 そして、シャナは色々と考えていたが、今はそれを考えている場合ではないと自分に言い聞かせ、急ぎユリナの回復をする事にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます