32話〜いざ辺境の地へ

 ここは荷馬車の中。ハクリュウ達はあれから宿屋でグロウディスを待ち、その後街をあとにし辺境の地へとディアナが御者として操り荷馬車を走らせていた。


「……なるほどな。シエルがハクリュウを召喚したあと、扉を閉じなかったため、そこからハクリュウの妹のユリナが、ここに来てしまったというわけか。んー、そうなると、予想外の事が起こりそうな気がするんだが?」


「何が起こるって?これ以上、何も起こってほしくない。まさか、妹まで巻き込む事になるなんて。でも、この場合どうなるんだ?」


「何がだ?」


「いや、ユリナはイレギュラーになるわけだよな?本来の言い伝え通りなら、異世界の勇者はノエルとクロノアと俺で、異世界の魔王がユウさんだとして。もし、オルドパルスって大臣がその言い伝え通り動いているのであれば、ユリナの存在はイレギュラーになるよな。」


「確かに、そうなるわね。この場合どうなるんだろう?ユリナちゃんは……。」


 クロノアはユリナを心配そうに見ていた。


「確かに、ハクリュウが言うようにユリナがここにいる事自体イレギュラーなのだろう。ただ、前例がない以上なんとも言えん。このまま様子を見るしかないだろう。」


「うん、そうだね。私も様子みる事にする。」


 ユリナがそう言うとアキが眠そうに、


「ふぁ〜、僕は暇つぶしという事で、それに面白そうだしね!」


「そういえば、アキって何者なわけ?」


「クロノア。僕は、ただ旅をして歩いている幼気な、か弱い女です。」


「……か弱い幼気な女って、どこがだよ〜!!」


「え〜、ハクリュウ。どこがって、僕自身、全部に決まってるでしょう?」


「はぁ〜、まぁいいや。それで、目的も何も持たず旅をしているって……やっぱり、か弱くないよな!」


 ハクリュウは呆れた顔になった。


「そういえば、アキって、どこの国の人なの?」


 クロノアがそう聞くと、


「あっ、えっと……まぁ、いいじゃない。僕がどこの誰だろうと。」


 そう言い誤魔化した。


「まぁ言えない事は誰にでもある。それに、この状況だと、もしもの事を考えて人は多い方がいいのかもしれんな。」


「そうそう、そういう事。それじゃ、改めてよろしくね!」


 そして、皆もよろしくと言い、今から行く辺境の地の事を話し始め、荷馬車は辺境の地へと向かっていたのだった…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます