29話〜サブ⇔妹

 あれからハクリュウ達は少し身体を休めるため、アクアの街にいた。


 ハクリュウ達は必要なものを揃えるため、各自で行動することにした。そしてハクリュウは、シエルと共に街を歩いていた。


「なぁ、シエル。まだいまいち、納得出来ないんだけど。俺たちが召喚された理由について夢や異変で召喚された……確かに必要な事だったのかもしれないけど。俺たちじゃなくても、この世界にも強い奴はいるんじゃないのか?」


「確かに、そうかもしれませんが。私は王の命じられた通りに行動したまでなので、何故、王が異世界から勇者をと言われたのかは分からないのです。」


 シエルは少し困った顔になっていた。


「あっ、ごめん。まぁ俺達が召喚された真意は、そのうち分かるかもしれないし、今は必要な物を揃えないとな。」


 そう言いながら歩いていると、ハクリュウは誰かに勢いよくぶつかった。


「イッタァ〜ィ!もう誰よ!?」


 ハクリュウはぶつかった女性に慌てて手を差し伸べると、


「あっ!ごめん。大丈夫か?」


 そして、ハクリュウはその女性を見るなり、


「あー、お前はあの時の女!?グロウディスの全財産を盗んだ女じゃないか!」


「あっ!確かあの時の、いかにも間抜けそうな男。っていうか、何でこんな所にいるのかな?」


「それは、こっちのセリフだ。お前こそ何でここに……。」


「えっとね。何でって言われてもね。あっ、僕は連れ探してんるんだった。ねぇ、人探し手伝ってもらえないかな?」


「ハクリュウ様。どうしますか?あまり時間はありませんが?」


「そうだな。今度は本当なんだよな?」


「うん、流石に2度も同じ奴を騙すつもりはないし。それに、一緒にいた連れが、この土地に慣れていないのか記憶が曖昧みたいで、それで、心配で探してたんだ。」


「その子が迷子になってるってわけか。仕方ない、特徴を教えてくれないか。」


「ありがとう。えっと、その子の特徴は……肩まで長い黄色い髪とその両脇に赤いリボン。そして赤いリボンのカチューシャをつけてる可愛いヒューマンの女の子で、確か名前はユリナって言ってた。」


「えっ?い、今なんて言った!?そ、そんな……まさかありえない。ちょっと待て!本当にその子はユリナって言ったんだな?」


「うん、確か神殿の近くで倒れてた所を助けたんだけど……知り合いなの?」


「神殿の近くでって……どういう事なんだ?俺の知り合いなのかは分からないけど。知り合いなら、ここに来てる事自体ありえないって事なんだけどな。」


「そうなんだね。あっ、そうそう自己紹介しないとね。僕はアキ。よろしくね!」


「俺はハクリュウ。よろしくな!じゃ、探さないとな。」


「私はシエルです。よろしくお願いします。」


 そして、3人は手分けして探し始めた。



 一方クロノアは、ディアナと共に街を歩いていた。そして、しばらく歩いていると1人の女の子が泣いているのに気づきクロノアは近づいて声をかけた。


「どうしたの、迷子なのかな?」


 そう聞くとその女の子は頷き顔をあげた。クロノアはその子の顔をみて、


「なっ!?ちょっと待って!まさか……それはいくらなんでもあり得ない!ねぇ、名前なんだけどユリナって言わないよね?」


「えっと、私の名前知ってるの?それなら、教えて欲しい事あるんだけど?私のお兄ちゃん。どこにいるか知らないかな?」


「お兄ちゃんって……1つ聞いていいかな?ユリナは、ハクリュウって名前に聞き覚えはあるかな?」


 ユリナは首を横に振り、


「ハクリュウって誰?私のお兄ちゃんは、光って名前だし。私の本当の名前もユリナじゃなく乃亜だよ。」


「ん〜、ユリナ。多分、ハクリュウはユリナがいう光だと思うんだよね。そいつなら、ここの宿屋に泊まっているよ。」


「光兄が?ハクリュウって!?あっ、そうか兄は、こっちの世界にいたんだね。」


 クロノアはディアナをみて、


「ディアナ。1つ聞いていいかなぁ。同じ神殿で2人も召喚って出来るの?」


「んー、それは普通なら、あり得ない事だと思う。だけど、1つ例外があるとすれば、召喚した際に召喚した者が異世界の扉を閉め忘れたとしか思えないけど。」


「そうなると、シエルが異世界の扉を閉め忘れたって事になるよね。」


 クロノアは頭を抱えた。


(この事態をハクリュウが知ったら、どう反応するのかな?まぁ面白そうだけどね。まさかハクリュウの妹が、自分が作ったサブキャラで現れたら、かなり動揺するだろうなぁ。想像しただけで、なんかウケるんだけど。)


 そう思いながらクロノア達は宿屋に向かった。



 あれからハクリュウ達は、ユリナを探していたが手がかりが見つからず、アキを連れて一旦宿屋に戻ってきていた。


 そして、宿屋の外で話しているとクロノア達が戻ってきた。


 そしてハクリュウはクロノア達の方をみて、


「えっと、クロノア。後ろにいるのは、ユリナだよな?」


「そうみたいだね。迷子だったみたいだけどね。それとハクリュウ、こっち来て3人でちょっと話したいんだけど。」


 そして、ハクリュウとクロノアとユリナの3人だけで話し始めた。


「ユリナちゃん。こいつがハクリュウだよ。」


「んー……。」


「クロノア?これってどういうことだ!確か、ユリナは、俺のゲームのサブキャラのはずなのに、何でここにいるんだ?」


「ハクリュウ。何か気づかないかな?ユリナちゃん見て……。」


「ねぇ、クロノアさん。このイケメンが兄?いまいち納得いかないんだけど?だってね。兄はいつも眠そうで、こんなイケメンじゃないし。」


「おい!まさか……乃亜なのか?」


 ユリナはハクリュウの顔をじーっと見てから、


「私の名前が分かるって事は、本当に異世界での光兄なの?」


 ハクリュウは頭を抱えて溜息をついた。


「でも、何でこんな事に?」


「えっとね。兄と一度も連絡取れなくなって、心配で合鍵使って、アパートに行ったら兄はいないし。パソコンがつけっぱなしで、ゲーム画面を見たらログイン画面になってて、面白そうだから覗いてみようとログインしてみたら、急に光り出して、何だか分からないけどこの世界に来てた。それとなんだけど、私ねこのキャラ嫌いなんだけど。」


「まぁ、キャラはおいといて。でも乃亜が、俺のサブキャラのユリナとしてこの世界に来た。これって、どういう事なんだ?」


「ディアナに聞いてみたんだけど。本来なら同じ祭壇では1人しか召喚できないらしいのよね。でもね、例外はあり得るらしいのよ。」


「その例外って?」


「それはね、ディアナの話しだと扉が開いたままの状態なら、あり得るかもって言ってた。」


「ちょっと待て!そうなるとシエルが、扉を閉め忘れたって事なのか?」


「そういう事になるね。」


 そう言うとハクリュウは真意を知るためシエルに話かけた。


「シエル。聞きたいんだけど。俺を召喚した後って異世界との扉は閉めたのか?」


 シエルは不思議そうに、


「異世界の扉?何の事ですか?」


 そう言うとディアナはシエルに詰め寄り、


「シエル!お前……一応召喚魔導師なんだよな?まさかとは思うけど、召喚の際に異世界とのゲートをつなぐ扉の事を知らないなんて事はないよな?」


「異世界の扉って……申し訳ありません。勉強不足でした。私は、魔力そのものはあるのですが、召喚魔導師としてはまだ半人前で、扉の事は知りませんでした。ただ、この召喚に関してはホワイトガーデンでは私以外に出来る者もいませんので。」


「なるほどな。ホワイトガーデンでは、召喚魔導師が貴重な存在という事か……。」


 シエル頷き申し訳なさそうに、


「そうなると、まだ扉は開かれたままなのでは?」


「まぁ、長い時間が経っているから、もう召喚の魔法陣は消えているとは思うけど。」


「それならばいいのですが。本当に申し訳ありません。」


「まぁ仕方ない。そうだユリナ。お前は大丈夫そうか?それと確認するけど、お前の職業分かってるよな?」


 ユリナは自分のプロフをみた。


「うん。何とか大丈夫だと思う。えっと職業はビショップって……ちょっと兄!私は回復系苦手なんだけど?」


「多分。俺が作ったのだから、大丈夫だとは思うんだけどな。」


「じゃぁ兄。ちゃんと教えてよね!」


 ハクリュウはしぶしぶ頷いた。そこにアキが宿屋から出てきてユリナをみるなり、


「ユリナ、どこにいたんだ?でも、まぁ見つかって良かったよ。」


 ユリナは頷いた。


「それで、アキとユリナはこれからどうするんだ?まぁユリナは心配だから一緒に連れて行くつもりだけど。」


「僕は暇だし。一緒について行っても構わないけど。ただ、訳は話してくれないかな?」


 そして、ハクリュウ達はアキとユリナに今起きている事を話し、一緒に行動を共にする事になったのだった…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます