27話〜荷馬車の中でひと時の会話

 あれからハクリュウ達は二手に分かれて行動していた。


 クレイマルスとハウベルトとシャナとアリスティアは、ひとまずノエルを助けるためと今のグレイルーズがどんな状況になっているのかを確認するため、ラウズハープ城に向かった。


 そして、ハクリュウとクロノアとシエルとディアナとグロウディスは辺境の地へと向かっていた。


 グロウディスの話を元に、奴隷達を働かせ何らかの建物を造らせているという事が事実なのかを確認するためと、もしかしたらその建物を造らせていた人物がオルドパルスの可能もあるという事で、その事を調べるために向かっていた。


「グロウディス。今から向かう場所までは、結構距離はあるの?」


「ディアナ。そうだな、ここからだと少しばかり遠い。この荷馬車を急ぎ走らせても、結構時間はかかるとは思うが……。」


「そうなると、どこかで野宿か宿をとるか、皆で交代で夜通し走らせるかになるな。」


 クロノアはディアナを見てから、


「ん〜、宿屋に泊まるのもいいけど、できればカジノとかがない街や村がいいかな〜。また、お金がなくなっても困るしな……。」


「ク、クロノア様。あ、あれは……。」


 そう言うと慌てて取り繕おうとしたが、それを見てハクリュウが、


「何かあったのか?もしかして、カジノで大金全部つぎ込んで負けたとか?」


「まあ、そんなところね。でも、そのあと私が取り返したんだけどね。あのアリスティアが出てきて、お店は全壊してしまい。私達は、お金がなくなったうえに、街に戻れなくなり、仕方なく野宿しながら旅をしギルドに加入して仕事をし稼ぎ……って何で、私がこんな思いしなきゃならないのよ〜!思い出したら腹が立って来たんだけど。」


 すると、ディアナが申し訳なさそうな顔をしながら、


「全壊させたのは、確かにアリスティアですが、クロノア様があそこで身を引いていれば、あの様な事にはならなかったと思うのですが?」


「クロノア。まさかと思うけど、また深追いしたんじゃないだろうな!」


「あっ、えっと……あはははははは……。」


 クロノアは笑って誤魔化そうとしたが、


「あのなぁ。前から言ってるけど、お前はやりすぎなんだよなぁ。いい加減、状況を判断して行動しないと周りに迷惑かけるぞ!じゃなくても、俺もお前と組んで何度も死ぬ思いさせられたからな!!」


「そういうハクリュウこそ、慎重に行動し過ぎて何度もギリギリの戦い方をして、周りに心配かけ過ぎなのよ!もう少し持ってる物を、フル活用してもいいと思うんだけど。」


「なるほど、全く正反対の性格ってわけか。ハクリュウは慎重に行動するタイプ。クロノアは大胆に行動するタイプという事になるな。そして、ハクリュウ。お前は、俺から見ても確かに、慎重すぎる。付け加えるならお人好しってところか。だから、あんな所で騙されて……。」


「ちょっと待て!あれは、グロウディスが先に騙されたんじゃないのか?それも……。」


 そう言おうとしたのをグロウディスは遮り、


「あっ、ごほん!あ、あれは……まあ、お互いに騙されたという事で……。」


 と、グロウディスは誤魔化した。


 そして、ハクリュウ達は急ぎたいのを抑えて、ひとまず近くの街に立ち寄り宿をとり休む事にしたのだった…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます