9話〜洞窟にて

 場所は移りここはブラックレギオン国。クロノア達は目的地の城まで後少しの所にあるクロック村まで来ていた。


 このブラックレギオン国は岩が多くどちらかと言えば草原や森などは少ない。



 あれからクロノア達はあの一件でお金が無くなったので、仕方なくお金を稼ぐ為に冒険者ギルドに登録していた。


 クロノア以外は、身分と名前を隠しディアナはデアでハウベルトはハルと名のることにした。


 3人の冒険者等級は、ノーマルの1等級だ。そしてこの世界には冒険者ギルドがあり、ギルド等級などがある。そして等級とは、


 ノーマル3→2→1等級

 ⬇︎

 ブロンズ3→2→1等級

 ⬇︎

 シルバー3→2→1等級

 ⬇︎

 ゴールド3→2→1等級

 ⬇︎

 プラチナ3→2→1等級


 に分かれている。



 そしてクロノア達は、ギルドの依頼で盗賊討伐の為、クロック村から北西に位置する、アジトがあるという洞窟の中にいた。


 洞窟の中にはコウモリ等が生息しており、所々に明かりが灯っているが薄暗かった。


 ディアナは溜息をつき、ハウベルトと何か話をしていた。


「ハウベルト!ここって……。」


 ハウベルトは何も言わず頷いた。


 クロノアは2人の遣り取りを見ていて気になりディアナとハウベルトに、


「ねぇ、この場所って2人とも知ってるの?」


 そう言われ2人は慌てた。


「あっ、えっと……ん〜、どうするディアナ?」


「ハウベルト。何で、こんな依頼を受けてくる。」


 ディアナは眉をピクピクさせイライラしていた。


 ハウベルトは目を細めて左手で頭をかきながら、


「まさかな〜、あーーどうしたらー。流石に不味いよなぁ。まさか、俺だってこんな依頼だと思わなかった。ただ盗賊の討伐依頼だったし。それに金も結構良かったしな……。」


 それを聞いて、言っている事がクロノアはあまりにも分からないので首を傾げながら、


「えっと、いったいこの依頼の何が不味いのかな?」


 ディアナの顔が少しピクっと引きつり気味で、


「あっ!んーそうだな〜、この依頼は、とりあえず放棄しようか。」


「そうだな。他にも依頼はあった様だしな。そっちのやろかなぁ。」


 明らかに2人は何かをひたすら隠そうとしていた。


 そのやりとりを見てクロノアは、不快になり2人をムッ!と睨んだ。


(いったい、2人とも何かを隠してるのは、間違いないんだけど……それに、もう少しで城に着くと言うのに、何か様子もおかしい感じだし。)


 ディアナは何かを思い出した様に、というかワザとらしく、


「あっ、そうだ!この仕事ではなく、もっといい仕事でも探してこよーかな〜。うんうん、そうしよう、そうしよう!」


 ハウベルトも同じくワザとらしく、


「俺もこの仕事。何か……。」


 ハウベルトが全てを言う前にクロノアは、


「あのさ〜!さっきから2人とも、何をそんなにあからさまに、動揺してるわけ?それに、この洞窟に来てからおかしいよ?ねっ!!ここって何なわけ!?」


 少し大きめの声を出して言った。


 それをみてディアナとハウベルトは、慌てて口に人差し指をあてて小声でシー!!っと言ったが、時すでに遅し。


 その声に気がつき奥の方から数人の男や女の声が。


 男「誰だー!そこにいるのは?」


 女「不味いわ。ここが、誰かに知られるのは?どうする?」


 そう聞こえてきたので、慌ててディアナとハウベルトは、とりあえず逃げようとクロノアを無理やり2人でつかんで、その場から一目散に猛スピードで逃げた。


「いったい何なのよ〜!!!!!」


 クロノアは叫びながら、何がなんだか分からないままに2人に引きずられ、洞窟を抜けて森の外に出た。


 そのおかげで顔や身体中にすり傷や汚れ、髪はバサバサで怒りたいような泣きたい気持ちになりクロノアは、


「何なのよーーーふざけるな〜!!!」


 と怒鳴った。


 改めて今の状況に不満のクロノアは、


(2人とも何をこんなにひたすらに隠す必要があるんだろう?ん〜、とりあえずは、あまり考えてても頭が痛くなるだけだし。てか、あの2人のおかげで服は泥だらけだし髪の毛はボサボサだし、どうすんのよこれ?)


 そう考えていると、ディアナは溜息をつきハウベルトを見てすかさず耳をつかみ、


「ハウベルト!あっちで話したいことがある。それとクロノア様、先ほどは申し訳ない。この事は後でゆっくりと話したいと思います。それでクロノア様には先に宿に戻っていて欲しいのですが?」


 ディアナはハウベルトの耳を掴んだまま、


「イタタタタタいってー!!!!そんなに引っ張らなくても〜!?」


「元はと言えば、お前が悪い!とりあえず来い!!」


 クロノアはムッとした顔で


「ん〜、納得いかないけど。後で本当にちゃんと話してよね!!」


 クロノアはそのまま宿屋に向かった。


 ディアナとハウベルトはそれを確認すると、少し先の人気のない場所で話し始めた。


「ん〜、ハウベルト。どうする、このままではあの事がばれてしまうが?」


 ディアナは口の辺りに人差し指をあてながら考えていた。


 ハウベルトはディアナに引っ張られた耳をさすりながら、


「うっ痛い!すまん確かに俺の確認ミスだ。あそこがバレるとこの先色々と不都合なのは確かだが。とりあえず一旦宿に戻り俺が夜にでも。」


 ディアナは頷き、この場で少し色々と話しあった後2人は宿屋に向かった。



 一方先ほど3人がいた洞窟内の盗賊のアジトらしい?所の中では。


 男「さっきの3人組の内の2人の後ろ姿なんだがなぁ。」


 女「そうね。確かに、あの後ろ姿ディアナとハウベルトに似てたけど。あの2人確か今大事な任務中なのでは?」


 男2「そういえば、ハウベルトがそんな事言っていたな。でもまさかこんな所に来ないだろう。覇王様連れてまで。」


 男「確かにそうだな。ん〜、でもあの2人、意外とドジなところがあるからな〜。だが、まだ覇王様が味方かどうかも分からない。今は、まだここには。」


 と、更に会話を続けていた。



 そして夜になりハウベルトは、みんなが寝静まった後誰にも気づかれないように、クロック村をでて昼間の洞窟へと向かった。


 その時クロノアは、寝たふりをしていたが何か訳ありなのだろうと、面倒なのも嫌なのでこのまま寝る事にした…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます