おっさんに歌うラブソングのようなもの、少女に贈る物語めいた小噺

作者 はな

107

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

年相応に、社会の荒波に揉まれたおっさんこと松下さんと
サトの会話を、読者が見守るお話。

二人は変な意味でなく行きずり同士の間柄なのだけれど、
それだけに取り繕うことなく
普段なら他人に話さないようなしょうもない愚痴や
ちょっぴりゲスい話も遠慮なく打ち明けていくので、終始ノリツッコミ
が絶えず笑いを誘います。

気取らないからこそ本音が感じられて、相手がどんな人か
わかってくるからある程度信頼できる。それもまた積み重ね。

少しずつおっさんに懐いていくサトが何だか可愛らしい。