柔らかな刻

作者 中澤京華

あなたもこの作品のどこかにいるかもしれません

  • ★★★ Excellent!!!

読み始めた印象は、淡々とした筆致でまさに題名のとおり柔らかいなと思いました。

作品の内容は、一人の女性が少女から大人、そして母へと移りゆく物語です。
その周りには、様々な人間たちがいて、彼女の人生に彩を添えます。

必ずしも幸せなことばかりではない、でも、不幸せなことばかりでもない。
そういう人生を、主人公は前を向いて歩いていきます。


この作品を読んで、僕もこうするかもしれないなと思ったり、そうだよなと頷くシーンがありました。
もしかしたら、誰でも、この中に自分を見つけるかもしれません。

だって、人生は苦しくて辛い、だけど優しく美しいものだと、みんな心のどこかで思っていると僕は信じるからです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

菊地徳三郎さんの他のおすすめレビュー 389